hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
純〜粋な水?
            

先月末の30日、こちらのブログで報告した通り、青いのを求めて海岸へ出かけた。そこで…予想、期待と違う青いの見つけた!! これには自分でもびっくり。最近は、既存ポイントの資源枯渇、開発、護岸改修によるポイント消滅、ライバル増加など諸々の理由から、硝子壜を拾うこと…と言うよりも硝子壜に出会うことがすっかり減ってしまった。これまでは春から夏にかけての大潮周りは、潮位をチェックし、どこのポイントへ行くか狙いを定めて行動していた。でも、ここ2〜3年はそんなこともほとんどしなくなっていたのだ。それが、思いもしない時、場所で巡り会おうとは。しかもコバルトブルーだぞ?


         
         

しかし本当にさり気なく、潮が満ち始めた波打ち際近くにポツンと落ちていた。拾い上げて見てみると、しっかりとエンボスがある。「外用ピューア水」…昔、割れて首のないのを拾ったことがあった、あのピューア水だ。その欠片を拾ったのが2007年だから、実になんと10年ぶりに完品に出会うことができた訳だ。コバルトブルーの硝子壜を拾えることだけでも嬉しいのに、これにはちょっと感動したよ。きっと何十年もの長い間、砂の中に眠っていたのだろう。表面には細かい擦れ傷があるものの、割れ欠けなく状態はとても良い。大きさは高さ8センチ、壜底の長径3センチだ。


          

「ピューア水」については、ディギングをしている人がいろいろなタイプの壜を掘り出していて、このコバルトブルーのサイズ違いや、違うガラスのタイプがあることがわかっている。またnanairoー9さんが箱付き壜を購入されてブログに公開されている。製造元の「棚橋薬行」は東京市中野区にあったらしく、元々の製造者は岐阜市の棚橋恒哉という人物らしい。ピューア水については、戦前には非常に多かった、いわゆる皮膚病薬だ。それにしても名前「ピューア」の由来って何なんだろう?



所変われば海胆変わる
        

先月の半ば前に銚子を訪れた。馴染みの少ない海岸を歩くのは新鮮な気持ちになれて、とても楽しいものだ。しかも、これまでは南方系の種子狙いで秋に訪れていたので、潮の引く初夏に訪れるのは今回が初めてだった。ただ、前夜に車中に侵入したヤブ蚊のせいであまり眠れなかったため、かなりボーッとした感じでの浜歩きになった(苦笑)


              

海岸を歩いてみると、多めの海藻と一緒にけっこうな量のウニが打ち上がっている。しかも、その多くがキタムラサキウニだ。ところ変われば品変わるというけれど、これほどとは。打ち上がってから時間が経過していて、カラスに突かれて破損したものがほとんどだったが、大小取りまとめて拾ってみた。意外と脆くて、漂白中に割れてしまったものあったが、これくらい残ったよ。元の状態が状態なので、生殖板まで残した標本は無理だったけど、なんかけっこう満足した(笑)


           

キタムラサキウニは北方系のウニで、太平洋側ではだいたい相模湾が南限。とは言え、地元では過去に2度くらいしか出会っていない、レアものだ。その内の1個が左側、漁労屑由来のもの。右側は北海道の知人に送ってもらった「生」ものを標本にした。キタムラサキウニは裸殻になると大抵オリーブ色になるのだけど、こういう青紫色になるのもあるんだね。それでも、こちらで普通に見るムラサキウニよりも明るく、灰色みのない青紫色だ。


              
         

キタムラサキウニ以外では、バフンウニも拾ってきた。実はこのサイズの裸殻って、こちらの打ち上げではなかなかお目にかかれないのだ。生体なら、磯の観察で見かけるんだけど……それでも少ないけどね。それに、左側のような少し黄色みというか、淡い桃色みの出た裸殻はけっこう珍しい。こういうのの色の差というのは、何が原因なんだろうね。



過去のキタムラサキウニの記事はこちら。
過去のバフンウニの記事はこちら。ついでにエゾバフンウニの記事はこちら。


貝は貝でも…沖縄のおまけ
       

小ネタです。4月の沖縄旅行で拾った貝殻。貝は貝でもカタツムリ(笑) 地元でもあまりカタツムリは拾うことはないんですけどね(過去に割りと大きなヒダリマキマイマイを拾ったことはあり。未公開)。でも何となく拾っちゃった。右側の3つは、オキナワヤマタニシ。けっこうしっかりした殻を持っている。左上は、いわゆる一般的なカタツムリ型の種類で、これはシュリマイマイ。左下の小さいのはオキナワウスカワマイマイだろう。ブログ海山日和の沖縄旅行レポでも紹介したアフリカマイマイの貝殻も、本当中部の東海岸では至る所で見かけた。でも、さすがにあれは拾わなかった。サンプルに1個くらいあっても良かったんだけど、なんか品がないんだよね〜。と言う訳で、引っ張ってきた4月の沖縄ネタはこれでお終い。


ちびになり、ちびで終わる
    

4月の沖縄での拾いもの。マメウニ拾い、シラタマ拾いをしていれば、当然その他の小さな貝殻も目に付く。とは言え、こちらもボロボロのものが多かったので、拾った数はそれほどでもなかった。それらの中でも、特に良かったものをいくつか紹介しておこう。ちなみに、一般的な図鑑には載ってなさそうなものもあるし、名前はほとんど調べていないので悪しからず。むしろ、ご存知の方はどうかご教授お願いします!(笑)ちなみに、貝の大きさは1枚目上にあるハナゴウナ類がちょうど15ミリなので、その他はほぼ殻長、殻輻とも10ミリ未満だとおわかりいただけるだろう。以下、気になるものをいくつかピックアップ。拡大比率はバラバラなので念のため。


         

            1枚目写真にも載っているこれ。たぶんソメワケカタベの幼貝でしょう。


         

         こちらは、リュウキュウヒメカタベ、ハグルマヒメカタベ、スキヒメカタベガイかな?


         

         これは名前わからず。でも今回拾った微小貝で、一番格好いい!と思っているもの。


         

         こちらも名前がわからず。でも、貝殻全体のトゲトゲ具合が何とも言えず、いい感じ!


         

こちらはハナゴウナ類。大きいのは1枚目の写真に載っているのと同じもの。大小が同種かも含め、同定できないけれど、なんとなくオオクリムシとかかな〜。しかし、この仲間はツルツル感がいいね。


         

最後はツノガイ類。名前はもちろんわからないけれど、右端の2つは先端が割れているので、フタマタツノガイかサケツノガイか…。中央の1個は、先端の突起が残っているのが嬉しいね。これは奇跡的。

以上、沖縄の微小貝をゆる〜い感じでお送りしました(笑)



結局、貝もちびになる
    

4月の沖縄旅行、ビーチコーミングの第一目的はウニ。でも、貝殻だってやっぱり少しは期待しちゃうよね。とは言え、リーフに囲まれた沖縄の海岸では、海が荒れない春では厳しいかな…とも思っていた。案の定というか、限られた時間で拾えたのは、こんな程度。久しぶりにチリメンダカラを拾えたのは嬉しかったけれど、状態の良いのはハナビラダカラくらい。そのハナビラダカラが、キイロダカラのように扁平になった個体が含まれていたのは、ラッキーだったけどね。


     

でも本当は、貝殻の期待メインはこちらだったのだ。マメウニ類を拾うついでに拾える、微小貝類。その中でも特にシラタマの仲間は、沖縄の貝マニアさんのブログなどを見て、羨ましく思っていた。やっぱり自分はちっちゃいもの好きなんだよね。今回、シラタマ類はたぶん300個近くは拾ってきたけれど、半分はもうガスガスの状態で、綺麗なものはわずかだった。その中から適当にセレクトしたのが上の写真。種のシラタマは右下端、上段中央2個がコシラタマ、あときっとどれかがワスレシラタマかも。なんか、どれも微妙に形が違うし、種の差なのか、個体差なのか、もうさっぱりわからない…。でも、こんなのをルーペ片手にチマチマ見ているのが好きなのだ(笑)


         

そして、これ。もうガスガスの非常に状態の悪いシラタマガイの仲間。でも、大きさは普通のシラタマの3倍くらいある。そして肋が粗く、全体に少し色がついているように見える。もしかしたら、これが“オレンジシラタマ”などと呼ばれているヤツなのかな。う〜ん…またぜひ再訪して、シラタマ拾いまくりたいよ〜。


沖縄の拾いもの…ちびっこウニ
    

4月の沖縄旅行でのビーチコーミングで、一番の目的と言えば、とあるウニ類を拾うことだった。そう、それがこの南方系のマメウニ類! 沖縄本島のとあるビーチで、いくつかの種類が拾えるという情報は、8〜9年前には掴んでいた。それを実際に拾う機会が、ついに訪れたという訳だ。1人、ビーチの波打ち際にしゃがみ込み、じっくりがっつり探した結果、今回は5種類のマメウニ類を拾うことができた。ただし、日本産のマメウニ類については資料も少なく、また分類も再編中のようで、拾ったものの同定はできていないのが残念で、それは今後の課題だ。上の写真には、今回拾ったマメウニ類と、同じビーチで拾った正形ウニ類の極小個体と、タマゴウニの極小個体(右端)も写っている。タマゴウニは前回記事で紹介しているので、それ以外のものを個々に見ていこう。


     

まず情報を掴んでいたものの1つで、数もそこそこ拾えたもの。裸殻はやや平たい卵形かまんじゅう形で、長径は最大12〜13ミリある大型種。花紋は明瞭、殻を構成する板の質感がわかりやすいことや、周口部が深く凹むのが特徴だ。以前はこれがボタンウニかと思っていたのだけど、ボタンウニの特徴である殻内部の隔壁は見当たらないし、サイズも大きくて、『相模湾産海胆類』にも載っている特徴と異なる部分も多い。この写真のウニは地元では見たことがなく、南房総で小さなものを数個拾っているだけ。ちなみに、地元や南房総では、後述するコメツブウニとその近似種以外の、小型のまんじゅう形マメウニ類を多数拾っているのだけど、これも種類がよくわからない。ではそれがボタンウニなのかというと、その殻内部にも隔壁のようなものはないようだし、そもそもボタンウニってどれなのか、本当にわからないことだらけだね。


         

情報を掴んでいたものの、もう1つ。こちらも数はそこそこ拾えた。小さいので拾うのは大変だったけどね(笑) サイズは最大でも長径5ミリ程度で、何より花紋が不明瞭で、その穴の数も少ないのが特徴のマメウニだ。従来、ニホンマメウニ(Fibularia japonica)とされるものよりも、さらに花紋が大雑把なのだ。裸殻の形は卵形で、膨らみも強い。


         

これは3個だけしか拾えなかったもの。大きさは5ミリほどで、裸殻の膨らみが強くて、形が丸いのが最大の特徴だ。花紋はやや不明瞭だけど、花紋の形そのものは整っている。これが、従来マルマメウニ(Fibularia ovulum)とされるものではないかと思う。コロコロしていて可愛らしいし、もっと拾いたかった。


         

これはお馴染み、コメツブウニ(Fibulariella acuta)と思われるもの。ただし、サイズは長径7〜8ミリで、南房総で拾えるような1センチ近い大型のものは見つからなかった。とは言え、その大型タイプが本当にコメツブウニなのかもわからないのだけどね。資料がなくてマメウニ類の記事をまとめられず、ブログにも載せられずにいるうちに、今回の記事をアップすることになってしまったので、何とも中途半端な内容なのはご容赦を…。


         

マメウニ類最後は、コメツブウニに似ているけれど、それより幅の広いだ円形になるもの。これも今回拾えたのは5ミリ程度だが、南房総ではそれより大きいサイズを拾っていて、また小さいものは地元でも拾っている。外見的にはコメツブウニと中間的な形のものもあるので区別しにくいのだけど、分類的にはコメツブウニと分けられて新種?になるらしい。


         

最後の最後はおまけ。正形ウニの極小個体。極小といっても、右のは径8ミリある。おそらく、これはラッパウニではないかと思う。左のは状態があまりよくないので、種類ははっきりしない。ただ、右のと似た部分もあるので同じ種類なのかも。
今回は初めて拾う種類もあって、嬉し楽しのマメウニ拾いになった。でも、波立って打ち上げが増えるであろう台風時期や冬場は、もっと数が拾えるだろうし、あるいはまだ見ぬ種類が見つかるかもしれない。南方系のウニ類については、拾っていない種類もまだまだ多いので、また何とかやりくりして(主に資金 泣)沖縄に行きたいな〜。あ、奄美でもいいけどね(笑)



沖縄の拾いもの…ウニウニ
       
           

沖縄でのビーチコーミングで、漂着種子と同じくらいに拾いたい目標がウニ殻だ。沖縄では、当然のことながら地元・神奈川周辺には生息していない種類や、今までに拾ったことがない種類がいる。今回はどうだったかというと、まずはこれ、クロウニ。このウニは、以前、徳島を訪れたときに、渚の探偵:助手さんにいただいたことはあるものの、自分でまともなものを拾ったことがなかった種類だ(ごく小さな個体を1個だけ拾っている)。複数の海岸で合計4個、しかもそのうち2個はまだトゲが残った状態で、周肛部を残した標本にすることができた。1個はサイズもまあまあで、これはなかなかに嬉しかった。


     
         

お次はナガウニ類。沖縄ではごく浅いタイドプールにも生息する種類だけに、大小合わせてそこそこの数を拾うことができた。今回はほぼ裸殻になった状態のものだけで、周肛部の残ったものがないので、詳細な種類は不明だ。ナガウニ類は千葉でも拾っているし、以前、徳島に行った時に大量に拾っている。しかし、沖縄はさすがに本場で、サイズが大きいものが拾えるんだね。今回一番大きいもの(写真下)は長径が59ミリもあった。これは色もピンクが入って綺麗なのだ。


              
         

3種類目はタマゴウニ。こちらは以前、沖縄に行ったときに拾っているものの、数が少ないので、またぜひ拾いたかったものだ。今回は合計12個。上の写真のは長径で1.5センチを超えるもので、一番大きなものが長径26ミリ。隆起サンゴ礁海岸での打ち上げやタイドプールの中から拾ったものだ。下の写真は砂浜海岸でマメウニ類を拾った中に混ざっていたもので、一番大きなもので12ミリ、一番小さなもので5ミリだ。タマゴウニは通常、潰れた俵型をしているのが多いけれど、けっこう形の個体差があるのが楽しいね。さて、次の記事ではマメウニ類を取り上げるよ。


沖縄の拾いもの…唯一の種子
       
       

帰ってきてからずいぶん経ってしまったけれど、沖縄での拾いもの第一段は漂着種子。とは言え、4月の沖縄は北からの季節風も落ち着いて、正直なところ漂着物シーズンとは言えない。なので、ほとんど期待はしていなかった。実際、海岸に行っても見かけるのは自生していたり、街路樹などに使われたりしているミフクラギやモモタマナ、アダンなどばかり。たまにサキシマスオウノキやゴバンノアシ、ココヤシなどが見られる程度だった。それでも、何かしら冬の残り物がないか、海岸の奥の草付きあたりをじっくり徘徊。そして唯一見つけたのが、ムクナのハンバーガー(マルミワニグチモダマ)だった。うん、今回はこれで十分。まあ、何も拾えなかったら、ちょっと悲しかったけどね(笑) この海豆は、昨年3月に西表島に行ったときにも拾っている(下写真の左)。漂着数が増えているのかはわからないけど、2年続けて拾えるのはやっぱり幸運だね☆



カニ化石はいずこ?
           

海山日和で公開している通り、少し前に沖縄に行って来た。でも、その拾いものをアップする準備ができていないので、とりあえず繋ぎで別ネタを(苦笑) 先月末、2月にウニ化石を拾った海岸を再訪した。その海岸はカニ化石が出ることが有名な場所で、カニよりウニが好きなのだけど、やはり名物は拾っておきたいと思ったわけだ。ところが…


         
         

見つかったのは、またもウニ化石(笑) カニ化石なんてどこにもない。う〜ん、やっぱり探している場所が微妙に違うのかな。カニ化石のイメージは、しっかり頭に入れてきたつもりだったんだけど…。というわけで、ウニ化石。今回も正形ウニで、1つは完全体、もう1つは破損個体だ。種類的には、前回拾ったもののうちの、ホンウニっぽい方に似ている。大きさはずっと小さくて、前回のが直径35ミリに対して、今回の完品は24ミリ。表面も摩耗が進んでいて、裸殻の模様が消えている部分もある。それでも、やっぱり嬉しいね。


         

さあ、次こそはカニ化石! でも、ブンブクとかカシパンの化石でもいいな〜(笑)



いまさら鎌倉青磁(17/2〜3月)
       
        

早春から春の恒例、鎌倉の青磁片拾い。1月はまあまあだったのだけど、2月は低調で、これだけ。現地写真と集合写真右のものは良い感じで篦文様も残っていて、わかりやすい。集合写真中央のも同じ系統の陶片だ。集合写真左のものは、断面を見ると中国青磁でほぼ間違いない感じなのだけど、表面の青磁釉はあまり典型的、つまり龍泉窯や同安窯的なものではないな〜と思う。陶片表面の摩耗具合は海中での埋蔵状態によって違うし、時代や焼かれた窯が違うと正直なところ区別はできない。しかし龍泉窯の青磁は本当に質の良いものが出るので、左側のものはそれよりは劣る印象があるね。


              

3月は前半まったく海に行けないような状態で、当然、青磁もなし。でも、月半ば過ぎと月末に出かけた2日で、まとまった数が拾えた。もっとも、大きさは長辺2〜3センチのものばかりだけどね。まずは月半ばの成果。この日はけっこう良質のものが拾えた。上の写真は篦文様が残ったもの。断面の気泡もよくわかるね。


         
         
         

この日、拾えたのは8個。特に良かったのは、個別に撮っている2つ。小さいながら蓮弁の様子がよくわかる。色合いも繊細で、質感も良い。これらの元は、龍泉窯系のけっこうな高級品だったと思う。完品だったら文化財クラスだろう。その雰囲気が、小さな陶片からも醸し出されているんだよね。特に上の方はけっこうお気に入りだ。この2つ以外では、集合写真の右上、オリーブ系の青磁で数本の篦文様が残るものも気になる。こちらは同安窯系かな。


              

さて、こちらが月末の成果。この日は9個。ただし、奥から2番目左、青灰色の小片は、もしかしたら江戸青磁かも。この日は他にも2つ江戸生時が落ちていて、一瞬騙されそうになった。江戸青磁の特徴は、断面が細かく粉っぽい感じで、気泡も少ないこと。それに、青磁釉を施しているのが器の外側だけで、内側は白磁に藍色の染付文様がある場合がほとんどだ。


         
         
         
         

この日の良かったもの4つ。一番上は、茶碗の下部、蓮弁の付け根あたりかな。2番目のはオリーブ系で、この手は青磁ではないと勘違いしやすいもの。篦文様は左に行くほど太く、そして下側に曲がっている。これが江戸陶片とかだと、きちんと同心円で縁にそった線になっていることが多い気がする。3番目は2月にも拾った篦文様タイプで、青磁というか青白磁なのかも。4番目は、これもけっこう高級品ぽい、質感のとても良い青磁。蓮弁とはまた少し違う、少し立体感のある造形だ。元はどんな容器だったのだろう。小さな陶片からは、なかなか元の姿を知ることができないけれど、資料写真などを見ながら、いろいろ想像してみるのも楽しいんだよね。


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.