hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
白玉小豆
    

沖縄に行って微小貝を拾ってくれば、当然のことながらこれ、シラタマ類をとにかく拾ってくる。今回は全般に少なめだったけれど、それでも軽く100個は超えているはず。とは言え、その半数以上はガスガスのボロなんだけど。時間があって、気分が乗った時にでも、ゆっくりと種類を見分けたいのだけど、正直、自分には見分けが難しくてなかなかやる気になれない。とりあえず今回は4月より適当に集合写真のみ(笑) 一番手前の美品はワスレシラタマ…かな?


         

今回シラタマ類も少なかったのだけど、その中で目を引いたのがこれ。ピンク色というか薄〜くした小豆色のようなシラタマ類が、なんと7個も出た。これ、他のシラタマ類の白さに慣れていると、海岸でもかなり目につく。もちろん状態は非常に悪くて、一番手前のがまあまあ中の下くらいなんだけど、ちょっと嬉しかった。次はもっと状態の良いものに巡り会いたいな。


         

そして1個だけ、色も薄いものだけど、バラフシラタマも見つけた。この貝は昔、慶良間諸島に行った時に何個かまとめて拾ったことがあった。今回はたぶんそれ以来の出会いじゃないかな。大きさはほんの数ミリと、とても小さい。でも、ほのかな薔薇色に飾られたその存在感はけっこう大きいんだよね。これも今後、もっと拾ってみたい貝だ。まあ、小壜いっぱい集めるのでも、そうとうな年月がかかりそうだけど〜(笑)



南島のお宝貝はいずこ?
    

11月の沖縄での拾いもの、やっと第二弾で今回は貝殻編その1です。拾った場所はほぼ南部の自然海岸1カ所。サンゴ片などの堆積が多く、貝殻の打ち上げもそれなりにあったけれど、如何せん状態が悪い。摩耗の進んでガスガスになったもの、岩に叩きつけられて割れたものがほとんど。海岸の砂地には、週末にでも来たらしい人の足跡が残っていて、めぼしいものは既に拾われてしまった感がありありだった。そんな中で拾ったもの、まずはタカラガイ類。良かったのは比較的新鮮なチリメンダカラくらい。イボダカラは鮮度が高い割りに端が欠けているほか、小さな穴が空いているし、アヤメダカラもまあまあだけど表面の艶は既になくなっている。キイロダカラは艶はあるけど、表面に石灰質などがつき始めている…。まあ台風後でもなければ艶々新鮮な打ち上げなんて、なかなか期待できないよね。写真取り忘れたけれど、ほかにハナビラダカラやハナマルユキ、艶はないけどまあまあのクチムラサキダカラも拾っている。


     

微小貝関係も人工ビーチ1カ所のみ。今回はこちらもパッとせず。とにかくものが少なかった。種類のバリエーションもほとんど無かったので、個々の写真は撮らずに集合写真のみで(苦笑) 4月の時は少ないなりに種類のバリエーションが豊富だったので楽しかったけど、これも時期的なものがあるか。この人工海岸もできてから長い年月が過ぎているし、表面をさらうだけではもうダメなのかもね。人工ビーチは何か所かあるけれど、短い日程で、しかもあれこれ予定いっぱいの状態では、そう何か所も回れない。今回も南部の自然海岸その他に寄って、このビーチに来た時には既に夕方前。タイムリミットもあって十分にはチェック出来なかった(しかも廃油ボール踏んじゃうし!怒)


         

そんな中で、ちょっとだけ目立ったのがウミウサギ類で,6個も出てきた。状態が悪いのがほとんどなので,種類まではわからない。手前のが一番状態が良くて、種類的には●●コダマウサギとか…そんな感じかな? 写真奥の左側もそんな感じ。あとのは形的にも,表面にある細かい筋模様からしても●●ケボリの類って感じ(適当すぎ 笑)


         

今回、北部の海岸では二枚貝の合弁がけっこう打ち上がっていたので、少しだけ持ち帰った。とは言え、大したものはなかったんだけど、唯一「おっ!」と思ったのがこのヒメニッコウガイ。全体に赤みが強くて、なかなか綺麗。こういうのがもっと拾えると嬉しいんだけどね。まあ、これは漂着種子狙いで歩いていた時の駄賃なので、贅沢は言えないけど(笑)



地物がメイン?…秋の沖縄の拾いもの
            
        

海山日和で既にご報告の通り、今月半ばに沖縄本島へ行ってきた。そろそろ北風も吹き始めているし、特に北部方面は漂着物も良いのではないか…と期待しての旅路だ。とは言え、ビーチコーミングだけが目的ではなかったので、漂着種子狙いの浜歩きは最終日のみ。3カ所のビーチをチェックして、そのうち2カ所で拾うことができた。まず一番最初に見つけたのは、このタシロマメ。ごく標準的というか典型的なタシロマメで、表面の皺も確認できる。


         
         

その後は、続けてイルカンダ。イルカンダは関東まで漂流してくることは稀だと思うので、久しぶりな感じ。今回、浜辺を歩いていても南方系のものがまだ少なかった。ココヤシやゴバンノアシ、ククイなどは見られたけど、ミフクラギ、モモタマナ、テリハボクはおそらく街路樹由来のものがほとんどだろう。なにしろ打ち上げ帯にやたらとカタツムリの殻が目立つのだから、雨で陸から流出したものが多い証拠だ。イルカンダも自生があるので、地元産かもしれない。ただし、下のものはイルカンダにしては妙に厚みがあり、ヘソの太い。降ると中でカタカタ音がするので、ムクナの別種かもしれない。


         

コロコロまん丸のこれは何だろう? 見た目はハスノハギリなのだけど、通常拾えるサイズより二回り近く大きい。外国産のものか、近似種なのか、よくわからない。コケムシかエボシガイが付着した跡がたくさんあり、長く漂流してきた感じだ。


              

最後に見つけたのはアニマル柄のワニグチモダマ。これはもう定番中の定番だ。昔、無地タイプばかり拾ってアニマル柄に憧れたのが噓のように、今では無地タイプの方が珍しい。今回のものは長径2センチ。たぶん今まで拾ったワニグチモダマ中、最少のものだと思う。ワニグチモダマは近年、沖縄本島でも自生が確認されているようで、これも地元産かと思ったけれど、わずかながらコケムシか何かの石灰質付着が認められるので、少なくとも本島以外から来たと考える方が自然かもしれない。


    

と言うわけで、今回の海豆はタシロマメ1、イルカンダ3、イルカンダっぽいの1、ワニグチモダマ1。それにハスノハギリっぽいの1を加えた7個が拾ってきた漂着種子だ。シーズン最初期で期待したほどの成果はなかったけれど、それでも何かしら海豆が拾えたのはテンションも上がったし、良かった。さあ、次はどこで海豆に出会えるかな?



時計はチクタク?
           

いやいや、時計は「チウチウ」なのだ(笑) 7年ぶりに出会うことができたトケイチウチウニッキ。2010年に拾ったものは、首の部分が割れたものだった。でも今回のは、口の部分に小さな欠けがあるものの、ほぼ完品。擦れも少なく、状態はとても良い。前回のものは台風の後に拾ったものだったけれど、今回のものも拾ったのは関東南部の海岸に小さくない被害をもたらした台風21号の後。今回の台風21号は海岸を歩けば歩くほど、あちこちで被害が目につくのだけど、その一方で台風でも来て海岸が洗われないと、硝子壜などを拾うのが難しくなっているのも正直なところ。被害は少なく成果は大きく…が望むところなんだけどね。ところで、このトケイチウチウニッキ、ネットで検索しても未だに、自分の前記事とかの有名なディギング団さんのほかには、1件ヒットするだけというレアもの。マイナーな小さな会社のもので、販売量も少ないとか、販売期間も短かったとか、そんなものだったんだろうね。2枚目は同じ日に拾ったウイスキー型ニッキと一緒にパチリ。


             
Mは丸善のM
        

ヤバいヤバい…月半ばを過ぎて一度も更新してなかった。本当ならちょうど今頃、銚子方面にでも遠征するつもりだったのだけど、天気は悪くて梅雨より雨降るし、選挙とか言ってるしで、無期延期。当然ネタの仕入れもできず…。これは痛い。なので、とりあえずストックネタから、久しぶりの硝子壜。硝子ものの中でも、特に気にして拾っているのがインキ壜。あまり多彩なブランドは拾えていないのだけど、やっぱりインキ壜と言えば元祖であり老舗でもある丸善インキ。中でも、自分はこの古いタイプがお気に入りだ。磨りガラスっぽい半透明のタイプと、透明なタイプがある。


          

硝子壜の中でも、インキ壜は特に壜底にも注目してほしい。通常、ビンの胴体部分には紙製のラベルがまかれていて、エンボス文字がないものが多い。骨董店や骨董市で見つける場合はそのラベルが楽しめるけれど、海岸やハケで拾うならそれは無理。ただ、インキ壜は壜底にしっかりブランドの印が刻まれているものが多いので、そこを楽しむという訳だ。写真上の丸善インキ壜の場合は、頭文字の「M」と、登録商標を意味すると思われる「登録」のエンボスがある。


              
              

でも、同じ丸善インキでも、時代や種類によって壜底エンボスが少しずつ違っている。「M」と「登録」の組み合わせのもの以外に、「M」を円で囲むものやそこに凸凹のエンボスをつけたものもある。「M」の字も、少しずつ違っているのがおもしろい。昔、特に戦前は万年筆インキを作るメーカーがとても多かった。その中でも大手の丸善インキは流通量も多く、海岸やハケで出てくる確率も高い。だからこそ、こんな些細な違いを見つけて楽しむこともできるんだよね。
(ストックネタなので、写真サイズが最近のより小さくてごめんなさい)



三度目の正直 ≒ 二度あることは三度ある
       

せっかく出かけたのに予定が急になくなり、ポッカリ時間が空いてしまったので、とある海岸へ。潮位を調べていないし、月齢から考えれば満ち満ちのはず。でも、とりあえず行ってみた。確かに潮は全然引いていなかったけど、結果はこの通り。


         
         

さて、これはやっと拾えたカニ化石…だよね? 潮位が高くてほとんど何も拾えそうもなかったので、過去2回では歩いていない場所へ行ってみたら、あった。上の写真は、カニの体半分かな。はっきり見えている歩脚は、中身が抜けた“溝”状態。体の方は摩耗してよくわからないけど、何となくイメージはできる。下の写真(最初の写真の左、細長い石のアップ)は歩脚かハサミ脚か…。いや〜過去2回来て、まったく見つからなかったカニ化石だけど、三度目の正直でやっと拾うことができたよ。でも、ちょっとショボイし、2つだけというのはやっぱり寂しいなぁ。



         

と言う訳で、また海岸をしつこくウロウロ。そうしたら波打ち際の漣の中に円いものが…。波が引いた一瞬、手を伸ばして確保! やったね、期待していたものが当たった。この海岸に3回来て、5個目のウニ化石だ。びーちこ友達に、ウニ化石なんて滅多に出ないよと言われていたけど、また拾っちゃった。二度あることは三度あるだね! 最近は海にもなかなか行けないし、拾いもの運もイマイチな感じだったけど、これで少し上向いてくれないかな〜、ウニ限定でも良いので(笑) それにしても、「三度目の正直」と「二度あることは三度ある」のことわざは、ほとんど反対の意味に思えるけど、それが同時に起きちゃうと、この2つはもうニアリーイコールだね!



久しぶり
       

このブログの更新もだけど、この前の火曜日、久しぶりに青い貝が漂着してくれた。とは言ってもほんの少しだけどね。今年は黒潮が大きく南へ蛇行しているし、正直なところ期待薄だったから、ほんの少しでも嬉しいのだ。と言う訳で1個目はヒメルリガイ。しかし極小!なので、これは拾わず。


              

2個目は小さめのルリガイ。海岸に出かけたのは夕方だったけど、その時の波打ち際ではなく日中の満潮線のところに1個だけ見つかった。殻高は16ミリと小さいけど、まったくの無傷だし今年では貴重品だ。写真を撮っていたら、いい感じで背景にサーファーさんが入り込んでくれた(笑)


              

3個目、最後は折り返し後の波打ち際に、ポツンとヒメルリガイ。殻高は8ミリくらいで、ヒメルリとしては中くらいかな。写真を撮っている最中にちょうど日没前の太陽が顔を出したけれど、それまではかなり薄暗くて、歩きながらだったから、我ながらよくこれに気がついたと思う。今回はわずか3個だけだったけど、またこの後に台風の影響がありそうだし、またいくつか寄ってくれるかな?



2017上半期のタカラガイ
       
       

こちらも更新が滞っていてスミマセン。こんなタイトルをつけてみたものの、内容はそれほど大したものでもなかったり…(苦笑) 最初は3月に拾ったハツユキダカラ。この貝はわりとツルピカを拾える機会が多い。でも、これはツルツルピカピカで、おそらく今まで拾った中で一番状態が良いはず。だって中身の残ったFDだったからね。色みも今まで拾った中では濃いめで、殻の両端に少し赤みが差している。ただし、殻全体の色は多少薄れてくるはずだ。


              
         

2番目は4月に拾ったウキダカラ。実は自身、地元・神奈川で拾った初めてのウキダカラだ。場所は鎌倉の材木座海岸。色みが濃くて、ちょっと焦げたような感じ。ウキダカラは葉山しおさい博物館の「三浦半島のタカラガイ2」にもしっかり載っているし、三浦半島で実際に拾っている人がいるのも知っていたが、けっこうレアだと思う。これはちょっと嬉しかったな。


              

最後は6月のこの日に拾ったホシキヌタ。ウミウシなどを探すのに、磯の岩陰などを探っていたら、なんと4個も見つけてしまったのだ。ただし、最後に見つけた1個はガスガスだったので、持ち帰らず海に還した。写真手前ので殻長がちょうど5センチ、ほかは気持ち小さめだが、よくも同じくらいのサイズが揃ったと思う。そう言えば冬の磯で見たホシキヌタも、同じくらいのサイズだったな。時期が時期だけにFDではなく、擦れ傷があったり、少し艶が落ちていたりはしているけれど、目的外のラッキーなお土産になった。さて、最近はすっかりものを拾わなくなっているので、ネタ切れ気味が解消できず、このブログも更新がままならないのだけど、細々とでも続けていきますよ!(笑)



葉山の貝
       

と言っても貝化石。神奈川の海岸で化石が拾えるのは、ここくらいかな。揚がる数はかなり少なめで、ほとんどが貝類。でも、過去にクジラの骨やカシパン類を拾ったこともあり、メガロドンの歯やカニ化石を拾った人もいるようだ。時代的には新生代の新第三紀から第四紀にかけてのものが混じっているのかな。このあたりの地質をしっかり調べたことがないので、よくはわからないけれど。写真の化石を拾ったのは6月の終わり。この日は小さいけれど、合弁で形の残ったものが4つも拾えて嬉しかった。貝の種類は2〜3種類あるみたい。ちゃんと調べればわかるんだろうけど、何となくそのまま机の上に転がしてある(だから、いつも机の上が片付かない 笑)


        



いまさら鎌倉青磁(17/飛んで6月)
           

通常だと5月いっぱいで打ち止めの鎌倉青磁拾い。今年は4月は沖縄に出かけた関係でほとんど海に行かず、5月も爪の先のような屑片しか見つからなかったので飛ばし、いきなり6月編。6月はもう青いもの狙いの海岸歩きなんだけど、拾えちゃった(笑)まずは月半ばに拾ったもの。オリーブ系の青磁で、縁取り二重線と篦文様がくっきり。薄手で、かなり良い品だと思う。こういう文様の付け方は同安窯系かな。


         

そして2つめは月末30日に拾ったもの。一目見たときに「これこそ砧青磁!」と思ったくらいに青かった(正確には水色ね)。よく見ると、うっすらと連弁のような文様が見える。これは龍泉窯系だよね。大きさも、これくらいのものが拾えると満足感があるんだよね〜。


         

2つの集合、白バック写真。水色っぽい青磁の方は、全体に貫入がある。でも表面はツルツルだし上質。鎌倉で拾える青磁の中でも、元のものはどちらも高級品だと思う。海中、砂中での埋没、保存状態にもよると思うけど、上質のものは欠片になっても良さが伝わってくるんだよね〜。


         

最後はおまけ。江戸時代のくらわんか碗。たぶん瀬戸地域周辺で大量生産されたもので、鎌倉の海岸で出るものは文様もほぼ同じものばかり。でも、ここ数年はこんなサイズのものを見ることがめっきり少なくなった。これは拾わなかったものだけど、記念と記録のためにパチリ。さて海水浴シーズンに入ってしまったので、今季の青磁はこれでお終い。またの再開をお楽しみに!


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.