<< 薄口の青壜 | main | ままごとの陶磁器 >>
2008.10.01 Wednesday

ビー玉を光に透かす

    

    

お友達のmimi_daikonさんが素敵な茶筋入りのビー玉を紹介していたので、真似っこしてこちらでも(笑) ジャラジャラと今まで拾ったビー玉の中から茶筋の入ったものを探す。あるある…。緑系とも青系ともつかない、少し濃いめの色の玉だ。それらを、写真フィルムを見るためのライトボックスに乗せて…パシャリ! うんうん。なかなか綺麗だね。ついでに、少し時代は新しいだろう、透明マーブル系のビー玉もパシャリ! 手前右のは、全体に細かくヒビが入った透明玉。これも意外な味わいがあるんだ。古いもの新しいものも、それぞれに素敵だよね☆


    
コメント
これはスライドなんかのライトボックスを使われたのでしょうか?

わたしも時々ガラスものにはこの手を使います。
透過光でみえるガラスの透明感、いいですよね〜!

でも、茶筋って何で気になるのでしょう?
わび、さびの世界でしょうか?
  • Shioge
  • 2008.10.01 Wednesday 09:03
茶筋って、ゆがみや気泡が気になるのと同じじゃないですか?(^^)
「そうしよう」と思ってできた物でないから 今現在を生きる私たちの目に留まるんでしょうね♪

ちなみに、全体にビキビキひびが入ったビー玉は
熱せられた後、急激に冷やすとそのような玉に出来上がるそうです☆
近所の子供達が年配の方々に教わって作っていました!
  • YUKI
  • 2008.10.01 Wednesday 12:11
なるほど!
ライトボックスなんですね・・フムフム
ガラスはどうしても綺麗に撮れません
技術としてどう撮るのでしょうか?
本当に綺麗ですてきだす☆
  • あかずきん
  • 2008.10.01 Wednesday 14:54
Shigeさん。(Shiogeになってますよ? 笑)

はい。
スライドなどを見るためのライトボックスです。
ちっちゃいヤツなんで、少し光量が足りない感じなんですけどね。
なので、普段は自然光を使うか室内灯に向けて撮ってますが。

茶筋…YUKIさんの言う通り、歪みや気泡と同じでしょうね。
計算されたものでなく、偶然に出来てしまったものが美しく感じる。
確かにそういうものに美を求めるのは、日本の侘び寂びの世界と同じかも(笑)
  • 尚 nao.
  • 2008.10.01 Wednesday 18:21
YUKIさん。

ご無沙汰です〜!

前にYUKIさんは硝子壜のいい茶筋を紹介されてましたね。
あそこまで綺麗な茶筋壜は、まだ拾ってないです。
でも、ビー玉も茶筋もなかなか綺麗ですね☆

ビキビキびー玉って、そうやって作るんだ?
貴重な情報ありがとうございます!
岩にぶつかってできるヒビじゃないので不思議だったんです。
これって最初からそう作られたものなのでしょうか?
YUKIさんのコメにあるように個人で加工したものか??
あるいは、浜焼きのために偶然できたもの???
考えるとおもしろいですね(笑)
  • 尚 nao.
  • 2008.10.01 Wednesday 18:26
これはいけません!
目の毒です(@_@;) ビー玉に目がないんですから

いつもは冗談で言ってますが…
これは本当に美味しそうです♪
僕なら、人がいないのを確認してから少し舐めてしまうと思います^^;

尚 nao.さんの写真は本当に綺麗ですね。(モノに対する愛を感じます)
これも待ち受けに下さいね。
  • びっき
  • 2008.10.01 Wednesday 18:26
あかずきんさん。

はーい。これはライトボックスを使ってます。
ビー玉が小さいので、うまく光を透過させるのに使ってみました。

ガラスを綺麗に写すのは難しいですよね。いろいろやってますけど、
普段の撮り方は白いテーブル(アルミ製で白く塗られたもの)に置いて撮影して、
それでも純白には写らないので画像ソフトで加工(背景を取る)してます。

あとは蛍光灯やデスクライトにかざしてみたり、
日光の差し込む場所に置いてみたり…いろいろですね(笑)

日光は強いので、影の部分に映るガラスの色がとても綺麗ですよ☆
  • 尚 nao.
  • 2008.10.01 Wednesday 18:33
びっき☆さん。

どうぞどうぞ。お好きなだけ舐めてくださ〜い!
(パソコンの画面でしょうけどね 笑)

このライトボックスは小さいヤツなので、
壜を透かすにはちょっと光量不足な感じがして利用してなかったのです。
でも、ビー玉くらいの大きさなら…と思ったら、成功!(笑)

待ち受け画面に使っていただけるなんて感激です!
ありがとうございます☆
  • 尚 nao.
  • 2008.10.01 Wednesday 19:28
私も海でビキビキびー玉を拾っていたのですが、
尚さんと同じく、なんでこんなのが?と不思議に思っていました。
そんな私が作り方を知ったのは、つい数ヶ月前の事で。笑
年配者の知識には頭が下がります(^-^)

海で拾えるものが 人為的なものなのか、浜焼きなどの影響で
偶然できたものか…その辺はハッキリしないけど
拾える数は少ないですよね! 私も確か1個か2個ぐらいしか拾えてないです☆
やはりあれほどのヒビですから 強度も下がっているでしょう。
海で生き抜くのは運のイイやつなのではないかしらー?(*^_^*)
尚さん、ラッキー♪
  • YUKI
  • 2008.10.01 Wednesday 22:54
ビー玉の惑星!最近、mimi_daikonさんのところでもガラス製玩具の美しさを楽しみましたが、こちらも美しい〜〜 
  • 陶片狂
  • 2008.10.01 Wednesday 23:35
YUKIさん。

そうなんですか〜(笑)
やっぱり、実際に遊んだご当人に聞くのが正解ですね!
しかし、自分でビキビキに加工するなんて、遊びのアイデアがすごい☆

拾える機会はホント少ないですよね。
僕が拾ってるビキビキびー玉も2個かそれくらいです。
貴重品ですね〜。
昔の少年達の間でも、秘密のワザだったのかも(笑)
  • 尚 nao.
  • 2008.10.01 Wednesday 23:41
陶片狂さん。

ビー玉の惑星!
そうそう。僕も写真を撮りながら、
これってNASAの探査機が撮った木星とかの衛星みたい…
なんて思ってました(笑)

どちらかと言うと、ビー玉よりもおはじきが好きなんですが
mimiさんのお陰で、ビー玉の魅力を再認識しましたね☆
  • 尚 nao.
  • 2008.10.01 Wednesday 23:43
お〜きれいですね〜、茶筋がよくわかりますね。先日教えていただいた坂崎さんのご本も、ご自身で撮影されたとかで、「そうそうこういうところが見たかったの」という部分がよく出ていて嬉しくなりました。
  • mimi_daikon
  • 2008.10.02 Thursday 19:28
mimi_daikonさん。

いえいえ、もうmimiさんが綺麗な写真を見せてくれたから
こっちも、なるほど…と思って挑戦したわけです。

ビー玉は数を拾ってますが、やはりボロボロのが多いので
光に透かしても傷が目立ってしまうのが残念ですね。
拾ったものから比較的傷の少ないものをチョイスしてあって
その中で茶筋入りのを探してみました(笑)

さかざきさんの本もいいですね〜。
ああいった綺麗な古いガラスの写真が載った本などが
もっといろいろあるといいんですけど。
びん博士の庄司さんや坂崎さんがまた出しませんかね〜。
  • 尚 nao.
  • 2008.10.02 Thursday 20:51
ビー玉も光のあてかたによって、違う表情が見られるものなんですね。特に茶筋と気泡が素敵・・
私も小さなトレース台の上でガラスを撮ってみたことがあるのですが、3枚目画像の右手前のビー玉のような写り方でマットで逆のイメージに写りました。
  • hana-ikada
  • 2008.10.04 Saturday 06:49
hana-ikadaさん。

仰るとおり、光の当て方でいろいろ表情がありますね。
特に古いガラスは、歪み気泡やら今回のテーマの茶筋やらあって
表情を豊かにしてくれます。
新しいものは綺麗ですけど、それだけで終わってしまう感じもします。
古いガラスはちょっと人間ぽさがある感じがしませんか?(笑)

写真の撮り方はいろいろ試してます。
少し露出補正プラスにしたりとか。
白い床や紙などの上に置き、窓から差し込む日光にあてると
紙に映るビー玉の色がとても素敵ですよ☆
  • 尚 nao.
  • 2008.10.05 Sunday 10:35
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM