hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
細点六毛彫貝
   

貝殻拾いで久しぶりにゾクゾク興奮した!(笑) 9月後半の大潮、いつものようにガラス壜と陶片狙いのポイントへ。でも、特に成果も得られなかったので、刺し網漁の船着き場に落ちていたキサンゴの骨格でも拾おうと、行ってみると…。近くに魚(しかもキンチャクダイ!)などと一緒にさまざまな漁労屑が捨ててある。その中のとあるものを見て、ふと気がついた! これってウミウサギガイの仲間の宿主だよな…。さっそくその場にしゃがみ込んで探してみる。そして見つけたのが、このホソテンロクケボリガイだ。大きさは12〜13ミリといったところ。このピンク色がとってもプリチィ☆(←おいおい…) さらに探すと種類が違うのも見つかった。下の写真、手前正面がおそらくムラクモコダマウサギかな。そして正面左がシロオビコダマウサギだろう。どれも初めてのものばかりで、しかもツルツルピカピカ☆ ウミウサギガイの仲間は、生きたものをダイビングで見る機会もある。その姿もとっても綺麗で好きな貝なんだけど、貝殻もまた魅力的だね☆

    

*背面に縁取りがあるのでホソテンロクケボリとしました(ただし1個体の縁取りは不鮮明)が、テンロクケボリかもしれません。2種は同属別種です。
コメント
from: トバザクラ   2008/11/01 4:56 PM
プリちぃ☆です(爆)
私には区別が難しいのでうさぎちゃんシリーズと勝手にくくってしまいそうですが(^_^;)
サクラ貝のピンクも可愛いですが、こちらのピンクもどちらかというと桃の花のピンクっぽくて可愛いですね☆巻貝類だと更に丸みがあって愛嬌まであっていいです☆

でもこんな貝が落ちていたら目立ちそうですが13〜15ミリってめちゃくちゃ小さいんですね!更に可愛い☆です。しかし、まだまだ覚えるのに時間がかかりそうです(-_-;
手にしながら触れて覚えていくのが本当は一番身につきそうです☆
from: 尚 nao.   2008/11/01 6:18 PM
トバザクラさん。

プリちぃ☆でしょう?(爆)

もちろん存在は知っていたし、海の中では見ていたんです。
でも実際に貝殻を拾ってみて、もうこれ最高!って感じですね!

この仲間の代表種であるウミウサギガイは、
雪ウサギみたいに白くて丸くて、大きさもけっこう大きいんですよ。
でも、ほとんどの仲間はこうした小さいものばかりなんですが
この薄桃色の貝殻は灰色っぽい石の間でよく目立ちました(笑)

でも、この色は何年か経つと薄れてしまうんだそうです。
赤い色素ってそういうのが多いんですよね〜。残念…。

拾う機会がなくても、いろいろ見ていると少しずつ記憶に残りますよ。
それが実際に海に行ったときに役立ったりします☆
from: YUKI   2008/11/01 7:03 PM
漁労屑の中から発見ですか!
やっぱ打ち上げものとは色つやが違いますねー(^o^)
私が拾ったホソテンロクなどは、やはり艶が無く…
しかも見つけるのが大変〜!汗
from: ミサリン   2008/11/01 10:55 PM
むお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
すっごい雄叫び(@爆!!!
こ。。。こりは・・・・
すごいっすな〜!!やっぱり漁労屑は宝の山ですな。
このピンクはギガント・プリチイですわ♪
綺麗綺麗♪
おめでと〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!(←かなり悔しがってます^^;
from: びっき   2008/11/01 11:46 PM
貝の事はよくわかりませんが…
「ウミウサギガイ」って何てラブリーな名前なんでしょうか!
小さいので食べるところもないでしょうが、大きかったとしても…

このあたりの貝はもはや、ガラスですね(一緒にするなと叱られそうです)
from: Shige   2008/11/02 10:43 AM
漁撈屑・・・こっちでは大したモノありませんが,時々チェックしています。

こうした細かな美貝は見当たりませんが、きれいなテングニシ、ミガキボラなんかがかかってますからね。

そうそう、タコブネが屑に混じっていたこともあったんですよ。
from: 陶片狂   2008/11/03 7:50 AM
プリチィ☆です!ここにはあるかも・・・という、知識の勝利ですね。なんだかピョコピョコ動きそうな可愛さです。
from: 尚 nao.   2008/11/04 12:18 AM
YUKIさん。

正確には、漁労屑の捨てられていた潮溜まりの中というか
船を上げるコンクリート斜面横の水際…ですかね。
この貝の宿主もたくさんあったわけではないので、ダメもとでしたが
運良く見つけることができました〜。

こっちはウミウサギガイの仲間が拾える場所もごく限られてますし
その場所も競争率がめちゃくちゃ厳しいようなのです。
今回はまったく偶然だったので、ラッキーでした☆
from: 尚 nao.   2008/11/04 12:23 AM
ミサリンさん。

すごい雄叫びですね(笑)
でも、これは自分でも、むお〜〜〜〜〜!!!な拾いモノです☆

漁労屑は、見かけたらとりあえずはチェックですかね〜(笑)
拾うものはなくても、魚とか見られますし。
ちょっと前にはチョウチョウウオなんかも捨てられてたな。
前に海山日和で載せたボウシュウボラは
漁労屑として捨てられたものを救出して飼ってみたものです。
from: 尚 nao.   2008/11/04 12:28 AM
びっきさん。

びっきさんのお好きなガラス細工人形みたいな感じでしょう?
滑らかで艶やかで、色も繊細…。
人間の作ったものより、こちらの方がはるかに精巧で美しいですよ(笑)
それをあんな小さな生き物が作るんですから、
自然って不思議で楽しくて、とっても魅力的です。
from: 尚 nao.   2008/11/04 12:38 AM
Shigeさん。

今回はほんと偶然の幸運でしたね。
この場所は今年になってよく歩いている場所なんですが
今まで歩いてきた海岸では、漁労屑があっても内容が違いました。
湘南〜三浦でも漁のポイントでさまざまに違うのでしょうね。

こちらで漁労屑で見かける貝は、ボウシュウボラ、カコボラ、ミガキボラ、アカニシと
ヤドカリの入ったサザエ、ヤツシロガイが多くて
ほかにナガニシ、オオナルトボラあたりが目に付きます。
from: 尚 nao.   2008/11/04 12:42 AM
陶片狂さん。

まぁ、もともと貝好きでしたからね〜。
それにダイビングで得た知識もありましたし。
でも、ダメもとでも探してみる…という気持ちが大切かも。
一度通ったところをもう一度丹念に探して
その結果、いいお宝を拾うということがよくあります。

ピンクのうさちゃんですね☆
ぴょこぴょこ動いて逃げられては困りますが…(笑)
from: satomi   2008/11/06 10:33 PM
尚さんはじめまして。

あまりのかわいさに思わずコメントしてしまいました。
尚さんはすごいですねー!!
お宝いっぱい!
こんなかわいい貝を拾ったら。
私なら、あまりの嬉しさに暫くコーフン(笑)がおさまらないと思います!

うらやましい。。。
from: 尚 nao.   2008/11/07 12:57 AM
satomiさん。

はじめまして!
コメント、ありがとうございます☆

いやぁ、これを見つけたときには、なかなか興奮が冷めませんでしたよ(笑)
拾った貝殻では自己ベスト5に入るかな?

いろいろ拾っているようですが、その分、時間も回数もかけてるんですよ。
まぁ、暇さえあれば海に行ってますけどね(笑)
from: あかずきん   2009/07/25 9:01 PM
すみません^^
教えて頂きたく書き込んでしまいました。

テンロクケボリとホソテンロクケボリの見分け方
なのですが、縁取りの有無?それとも、大きさの
違いなのでしょうか
頂いた微小貝の中にウミウサの仲間が有る様なので・・・
from: 尚 nao.   2009/07/25 10:57 PM
あかずきんさん。

テンロクケボリとホソテンロクケボリの明確な違いは
縁取り線があるか、ないかです。
大きさは成長段階や個体差があるので判断できませんし
「細」と言ってもハッキリ言って違いがわかりません(笑)

ただ、縁取り線も不明瞭なものがあるようです。
僕はたった数個しか見ていませんけど、それでも悩むものが…。
摩耗した個体だともっと難しいかもしれません。
from: あかずきん   2009/07/25 11:20 PM
ありがとうございます^^
ルーペで確認しました、全長10ミリ、縁取りは
無い様なので、多分テンロクケボリかも・・・
ネジガイが30ミリ、シラタマガイが7ミリ、マメウニ
で10ミリ、極小貝ですが、カワイイですね
from: 尚 nao.   2009/07/26 1:07 AM
あかずきんさん。

小さな貝、可愛くて魅力たっぷりです☆
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.