<< 蛸唐草の御神酒徳利 | main | 菊紋の陶片 >>
2008.11.09 Sunday

SLN インク

       
びっきさんやあかずきんさんのところでインキ瓶が紹介されていたので、こちらでも便乗(笑) 今までこのブログでは丸善のインキ瓶や篠崎ライトインキを紹介したけれど、今回は1点もの。このインキ瓶、見ての通りとっても状態がいい。もちろん海岸で拾ったものなんだけど、拾ったときにコルク栓もまだ残っていた(実は黒く影に写っているのがそれ)。底には「SLN」のエンボスがある。これをヒントにちょっと調べてみたけれど、メーカーなどは一切わからなかった。形としては典型的な古いタイプのインキ瓶だけど、よく見てみるとちょっとずつデザインが違っている。インキ瓶もいくつか集まってきたので、並べて見比べるのがちょっと楽しいのだ☆


    
コメント
コレも浜ですか・・・うつくしすぎます。
ちなみにこのSLNインキ瓶、「ガラス瓶の考古学・2006」にイラストが載っていますよ。
  • Shige
  • 2008.11.09 Sunday 21:23
本当に綺麗な瓶ですね。
普通に保管してたって、もう少し傷などあってもよさそうなのに…
これが海岸を転がっていたなんて、、、
見た感じ、戦前の物なんでしょうか?
正体をあばいてやって下さい^^;
  • びっき
  • 2008.11.09 Sunday 22:03
何て綺麗なブルーなんでしょうか♪
微妙に今までのインク壜と形が違うのですね

SLN 何処の物なのでしょう?
  • あかずきん
  • 2008.11.09 Sunday 22:19
Shigeさん。

硝子壜も、嘘のように状態が良いものがあります。
きっと長い間ずっと埋もれていて、
拾う少し前に波や雨などで洗われ出たのでしょうね。
海底より岸に埋もれていた方が状態が良いかと思います。

「ガラス瓶の考古学」…そう言えば買い損なってました。
以前、Shigeさんに教えていただいたのに〜。
本に載るくらいだから、そこそこ名の知れたメーカーなのかしら?
  • 尚 nao.
  • 2008.11.09 Sunday 23:03
びっきさん。

海岸のガラス類はサンドブラスされて、
曇りガラスのようになったものが多いんですけど
中にはホント綺麗なものがあるんですよ〜。

このインキ瓶は、典型的な戦前の形ですね。
丸善のアテナインキや篠崎のライトインキもこの系統でしょう。
ほかに単純な円筒に首がついたタイプや四角い瓶もあります。
意匠の凝ったものもあるようですが、出会ってませ〜ん。
  • 尚 nao.
  • 2008.11.09 Sunday 23:08
一点物ですか!
SLNのインクビンってゆーのは拾った事ないなぁ〜。
shigeさんがヒントを下さったようですが…私も知りたいで〜す(^o^)
集めてみると、インクにも様々なメーカーがあったのが垣間見れますよね。
拾いものではマルゼンとかメイゼンのものが多いですが☆
  • YUKI
  • 2008.11.09 Sunday 23:12
あかずきんさん。

ガラスの色が水色っぽい感じで綺麗です。
背景を白にして写真を撮っているので、
より明るく色が出ているせいもありますけどね(笑)
インキ瓶の多くは濃い色(緑系)か、逆に透明が多いみたいですが。

形はあかずきんさん家のアテナインクと比べてみてください。
似ているようで、ちょっと違うでしょう?
  • 尚 nao.
  • 2008.11.09 Sunday 23:13
YUKIさん。

1点ものですね〜。
と言うか、ほとんどのものは1点ものなんですけどね(笑)
インキ瓶でも無名(無エンボス)のものがけっこうあるし
ほかにメーカー・ブランドがわかるのは「SSS(サンエス)」かな。
底に「M」があるのは、みんな丸善なんでしょうか。
小さいスクリュー栓式のも拾ってるんだけど…。

メイゼンというのはどんなのでしょう?
YUKIさんもいろいろ拾ってるでしょうから
またブログでババ〜ッ!と紹介してくださいよ〜(笑)
  • 尚 nao.
  • 2008.11.09 Sunday 23:20
そうそう!仰る通り、確かに無名のものも多いですね(^-^)
底にMと記されていたら全部丸善なのかどうかは私も疑問です。(^^;)
パチ物の可能性も??「当社は丸善ではなく丸全です!」とか
CHANELがCHANNELみたいな?笑 あ、それはニセ物か!(・∀・)
  • YUKI
  • 2008.11.09 Sunday 23:49
YUKIさん。

SONYがSANYとか、ROLEXがROLAXとか?(笑)

無名と言っても、ラベルを貼っていたのでしょうけどね。
簡単でもエンボスがあると、拾うものとしては嬉しいですよね(笑)

ところで、あれだけ有名な丸善アテナインク。
僕はまだ一度も出会ったことがないんですよね〜。
前にブログに載せたタイプはそれより古いと思うのだけど。
インキ瓶も奥が深いですね〜!
  • 尚 nao.
  • 2008.11.10 Monday 01:18
それにしても昔のラムネ瓶のようなとっても
純粋な水色ですね〜〜☆
インクが入って机にあるとずっしりした感じに
なるのでしょうね☆

SLNのSLだけでセーラー万年筆?とか
思い出しましたが(ないない笑)
余談ですが、セーラーの有田焼の万年筆が
なかなか素敵なんです笑
でもそんな最近のものじゃないでしょうね笑

昔、外国ドラマを見て、ペンにインクをつけて
手紙を綴っている姿に憧れて、
母親の鏡台にあった、
真っ黒い四角のガラス瓶を
インクだと思い開けたらマスカラだったことを
思い出しました笑



  • トバザクラ
  • 2008.11.10 Monday 08:13
トバザクラさん。

硝子壜も、中身があるのとないのとでは印象もだいぶ違うでしょうね(笑)
インクはたいてい黒ですから、確かにずっしりとした感じだったかも。

セーラー万年筆なんてありましたね。
日本は筆と墨の時代が終わると、
インクとペン(万年筆)がかなり広く使われていたようですね。
メーカーもいろいろあったようなので正体がわかるかどうか。
それにしても有田焼の万年筆なんてあるんですね。
日本の万年筆と言えば漆の蒔絵や螺鈿細工を施した高級品が
海外でも高い人気を誇っていますね。

ところで、化粧台にはインクはないですよね〜(笑)
  • 尚 nao.
  • 2008.11.10 Monday 09:08
美しいですね。こんなのころっと出てくるとうれしいですよね。私はエンボス入りではフエキだけ持っています。インク瓶も奥が深そうですね。
  • 陶片狂
  • 2008.11.10 Monday 21:07
陶片狂さん。

そうそう、以前のコメントでも書かれてましたよね。
フエキのエンボスの入った瓶は拾っていないので
まだまだ奥が深いということです(笑)

ずいぶん前に、エマさんが拾っていた富士山エンボスのあるインク瓶
確か庄司太一さんの『びん玉飛ばそ』にも出ていますが
あんなのを拾ってみたいですね〜☆
  • 尚 nao.
  • 2008.11.10 Monday 22:58
ビンの底 SLNで検索してたどり着きました。
今日同じビンを拾いました
画像見てまったく同じでびっくり。
インクのビンだったとは。てっきり薬ビンか何かかと思いました。
  • 縺ゅ▲縺。繧
  • 2009.10.09 Friday 22:19
○○さん。
(すみません、名前文字化けしちゃって…)

同じ瓶を拾われましたか?
この形はインク瓶の典型なのです。
多少のデザインの違いはあっても、だいたいこの形が一般的です。
中には凝ったデザインのインク瓶もありますが、少数派ですね。
記事中に出てくる丸善インキや篠崎インキも似た雰囲気なので
サイト内検索をかけて見てみてくださいね。
  • 尚 nao.
  • 2009.10.09 Friday 23:15
コメントする








 
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM