<< 国際サンゴ礁年 | main | 雛祭りの湯飲み >>
2008.02.28 Thursday

鞍馬天狗

    

今、NHKで、狂言師の野村萬斎が主演でドラマが放映されている「鞍馬天狗」。もともとは、大正13年から昭和40年の間に発表された大佛次郎の小説で、過去にも映画化やテレビドラマ化が多数されている。それだけに、それぞれの世代の人の記憶には、その当時の人気俳優が演じたそれぞれの鞍馬天狗像があることだろう。さて、ではこの石蹴りはいつのものだろう。石蹴りが盛んに作られ、そして消えていった時代と、小説「鞍馬天狗」が書かれた時代はピッタリ一致する。ネットなどで調べてみると、昭和2年から映画40作に主演した嵐寛寿郎(アラカン)がもっともはまり役で人気があったらしい。しかし、戦後の昭和29年に原作者の大佛が、あまりに著作権や原作の内容を無視したものだと、映画を批判。映画製作の中止を要求し、その後、自分で別の主役を立てて映画化するなど一悶着あったようだ。
ところで僕が知る限り、昭和20年代後半から30年代の石蹴りの多くは、型にガラスを流し込み、凸の模様を作ったモノだ。でも、写真の石蹴りの模様は型押しによる凹模様。このことと、鞍馬天狗映画のことを併せると、この石蹴りは戦前の昭和から、戦後昭和20年代前半のものなんじゃないかな?
コメント
おお、鞍馬天狗!忠臣蔵に続くヒーローものですね〜、しかも完品ではありませんか。いいなぁ、すごいなぁ。尚さんの行かれる浜はアタリますね。そうそうドラマ、野村萬斎さんが出るので始まる前から楽しみにしていたのですけれどね、結局あの時間帯はいっつもばたばたしていて、ちゃんと見たことが一度もないのですよね(T_T)
  • mimi_daikon
  • 2008.02.28 Thursday 18:55
mimi_daikonさん。

拾ったときは忍者?と思ったのですが、頭巾の形が違いますよね(笑)

これはもう、たまたま立ち寄った場所で見つけたもので
その場所はその後も何度か行ってますけど、まったく当たりません。
もう、こうなると博打みたいなもんですね(笑)

そういえば、野村萬斎さんの「鞍馬天狗」は、今日が放映日だったようです。
狙った訳じゃなく偶然だったのですが、番組はご覧になれましたか〜?
  • 尚 nao.
  • 2008.02.28 Thursday 21:08
そうですね、頭巾が独特の形をしていますね。これ、ラスター彩(というのでしたっけ?)が残っていて、かなり保存状態がいいのですね。お顔もはっきりしてる!そうか、もしかすると浜じゃないのかしら。

昨日はじめて一話通して見ました。ヒーローもの、昔から弱いです。すかっとします(^◇^)
  • mimi_daikon
  • 2008.02.29 Friday 21:31
余談ですが、野村萬斎さんと誕生日が同じです^^;

それにしても凄いなぁ〜 いったいどれだけ海岸を歩いたのでしょうか?
こんな完品が落ちているなら、やっぱり海岸を俳諧してみようかな。。。
それにしてもコバルト色は美味しそうです♪
  • びっき☆
  • 2008.02.29 Friday 23:54
mimi_daikonさん。

海岸は海岸ですけど、土手の下は少し砂利があって、岩場…
みたいなところですかね。
おそらく、その土手に埋まっていたのが、雨か波で洗われ出たのでしょう。

僕は今、テレビ無し生活をしているので番組は見られませんが
過去にも鞍馬天狗ものって、ちゃんと見たことないんですよね〜。
野村萬斎さんは、狂言師だけに独特の間があっておもしろいなぁと思います。
  • 尚 nao.
  • 2008.03.01 Saturday 01:36
びっき☆さん。

野村萬斎さんと誕生日が一緒なんですか!
こんなところで偶然にもおもしろい繋がりがありましたね(笑)
僕の誕生日は目立った人がいなかったなぁ。前後の日はいるみたいだけど。

海岸歩きは、正直かなりやってます〜(笑)
海が近いというメリットをなるべく生かしながら
とにかく回数を重ねて、歩き回っています。
実際には収穫のないことの方が圧倒的に多いですからね。
海岸を歩くことそのものが楽しめないと辛いかもしれません。
  • 尚 nao.
  • 2008.03.01 Saturday 01:53
すごいですね。こんなのが丸ごと拾えるなんて。残っているキラキラから考えて、さぞ華やかなモノだったでしょうね。
  • 陶片狂
  • 2008.03.02 Sunday 22:11
陶片狂さん。

そうですね〜。
これはサイズ65ミリもある大きなものなので
よくぞ割れずにいてくれたと思います。

キラキラのラスター彩加工は、絵柄のところについていたのか
あるいは全面についていたのか…さだかではないですが
今の見た目とはかなり違っていたかもしれませんね!
  • 尚 nao.
  • 2008.03.02 Sunday 22:41
おお、完体素晴らしい!
キレイに残っているもんだね。
おいら、最近石蹴りとは相性がよくないらしく…。_| ̄|○

骨董市でもこういうキャラクターモノになると値段がパーンと跳ね上がるんだよね。
貴重なシロモノですな。
  • むれ子
  • 2008.03.28 Friday 17:00
むれ子しゃん。

こういうキャラクターものはやっぱり嬉しいっす(笑)
しかも、鞍馬天狗のなんて、ネットや本とかでも見たことなかったし。
ほかにも、その時代を映した、いろんな絵柄があったんだろうね。
そんなものに、少しでも巡り会えたらいいよね〜☆
  • 尚 nao.
  • 2008.03.28 Friday 22:32
コメントする








 
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM