hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
山水 子供飲料
     

砂の中から壜底が顔を出していた。どうせ欠片だろうと思いながら蹴飛ばすと、ボロリと壜が姿を現した。うわっ!ラムネ壜。しかも…エンボス文字入り☆ 久々の完品ラムネ壜は、あの「ラムネ壜 forever」の壜と同じ小サイズ。淡〜い緑色の壜には◎形の凸凹があり、「登録 山水舎」「山水 子供飲料」と刻まれている。「登録」と「山水」の文字はそれぞれ右書きだ。ネット検索すると…ありました。山水舎〜明治34年(1901年)創業のラムネ屋さんで、東京の麻布にあったらしい。今でも会社が存在するので、問い合わせてみた。それによると、山水舎は現在の御当主(社長)さんのお爺さんが開業した会社で、ラムネの製造販売は戦中に空襲で工場が被害を受けたため廃業したとのこと。割れなかったラムネ壜は、同業者に引き取ってもらったらしいのだけど、どちらにしても壜自体は戦前に作られたものに間違いないようだ。どんな縁があって東京から神奈川の海岸に辿り着いたのだろう。そこに隠されたドラマにも思いを馳せてしまう…。


       
コメント
from: びっき☆   2008/04/05 5:25 PM
うわぁ〜〜〜 羨ましいです(@_@;)
色といい、エンボスといい…
しかも見る限りでは大きなダメージもありませんね。
ビー玉はちゃんと入っているのですか?

暑い日に、腰に手をあてこんなラムネを飲んでみたいものです♪
from: むれ子   2008/04/06 12:53 PM
これは素晴らしい!
小さいサイズにエンボス文字入りとは。

こういうのって、骨董市だとかなりイイ値段するんだけど、自分で拾えるなら絶対金出して買わないよね。

ああ。
おいらは海で拾えないから骨董市で買う派です。(爆
from: 尚 nao.   2008/04/06 11:37 PM
びっき☆さん。

いいでしょう?これ。
僕のコレクションの中でも、かなりの上物です(笑)
状態は、さすがに砂の中に埋まっていたので、
擦れ傷が多く、口の内側縁がちょっとギザギザになってます。
でも、ビー玉はちゃんと残ってますよ。

これはちょっと飲んでみたいラムネですね!
from: 尚 nao.   2008/04/06 11:46 PM
むれ子さん。

いや〜これは奇跡レベルの出会いです。
こんなのには、もう二度と出会えないかも…。
でも、一度こういう経験をしてしまうと
もしかしたら…と思って海に行ってしまうんですよね(笑)

骨董市も魅力はあるけど、経済的に二兎は終えないのよね(爆)
from: 陶片狂   2008/04/07 11:56 PM
子ども用のラムネなんてあったのですね。駄菓子屋で売られていたのかしら。
from: 尚 nao.   2008/04/08 12:47 AM
陶片狂さん。

販売形態までは聞きませんでしたけど
おそらく駄菓子屋さんが大きな流通経路だったと思います。

自分ら世代では、大人用も子供用もない感じでしたけど、
単に量の問題なのかしら?(笑)
でも、「子供飲料」というネーミングが、なんとも楽しいです。
ビンの胴に細かく凸凹のエンボスがある凝ったデザインも
より子供を意識したものかもしれませんね〜。
from: mimi_daikon   2008/04/10 10:00 AM
骨董市だったら高いでしょうね、1000円以上とか。私もそんなに高いと買えませんから、こちらで拝ませていただいています(笑)。引き取られた同業者さん経由で神奈川まで来て、そこで使われていたのでしょうかね。あるいは東京に住む叔父さんがお土産に買ってきてくれたのかな。
from: 尚 nao.   2008/04/10 10:12 AM
mimi_daikonさん。

確かにこの壜、人気のポイントを押さえてますね。
だからこそ、自分のお気に入りでもある訳ですが(笑)

僕は、麻布と、三浦の漁村があまり繋がらなかったので
東京土産説かな〜と思いました。
「東京では、こんなもの飲んでるんだぞ〜」とか言って(笑)

でも、同業者の組合みたいなものもあっただろうし、
そんな伝手で譲られていったのかもしれませんね。
拾った場所は横須賀と言っても田舎の方なので
戦争の被害とかもあまりなく、健在なラムネ屋さんがあったのかも。
from: DEEP AZABU   2008/12/24 12:08 PM
すばらしい瓶を初めて目にしました。
初めまして私は麻布の地域情報サイトを管理する
物です。これは山水舎さんにも現存しない瓶と伺っていますが、山水舎さんもう一つのポイントは、あの寺山修司氏の主催した「天井桟敷館」がこの工場跡にありました。恐れ入りますが、習得時の状況などお聞かせ頂けますと幸いです。ご連絡をお待ちしております。
from: 尚 nao.   2008/12/24 1:30 PM
DEEP AZABUさん。

コメントありがとうございます☆
詳細はDEEP AZABUさんのサイトの方からご連絡します。

この壜のことは、
ネット検索でDEEP AZABUさんのリンクにもある麻布十番未知案内さんのページに辿り着き
そこのBBSで山水舎さんのことをお聞きして、
山水舎の現社長さんにお手紙を出したところ、ご丁寧にご返信いただきました。

僕が拾っている古い壜の中でもピカイチの存在感をもつ素敵な壜です☆
from: みうら   2010/05/07 8:43 PM
清涼飲料税
酒精含有飲料税
とかも昔はあったんですよ

砂糖消費税のようには残らなかったけど
from: みうら   2010/05/07 8:47 PM
http://www.justicetax.com/club/2009/10/post-173.html
清涼飲料税について
from: 尚 nao.   2010/05/07 10:47 PM
みうらさん。

取れそうなところに税金かけて搾り取るのは
いつの時代の政府も同じですね(笑)
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.