<< 江戸もの…線描き碗蓋 | main | 江戸もの…蕎麦猪口 >>
2006.05.25 Thursday

スベスベマンジュウガニ

     

海岸に打ち上げられるカニの定番の1つ。4月 19日に紹介したヘリトリマンジュウガニとは同科同属の仲間だ。厚みのある饅頭のような体で、名前の通り、甲羅がスベスベしているのが最大の特徴。写真では甲羅に赤みがあるが、生きているものや打ち上がったものは、もっと暗色に見える。
 実はこのカニ、毒を持っていることでも、よく知られている。しかも、その毒はフグ毒と同じテトロドトキシン。人の命を奪うほどの猛毒なのだ。でも、昔から疑問だったのだけど…このカニ、どう見たって美味しそうに見えない。このカニを間違って食べるの? 大昔から伝えられてきた経験則? どちらにしても、痛い目に遭うのは、自然に親しんでもいないくせに、食い意地ばかりはってる人だろうね。
コメント
尚さん、こんばんは!遠足から帰ってきました♪(疲れたー!)
これ、hiroimonoを開いた瞬間びっくりしたっ。
南国のおいしそうな果物に見えましたー。
あ、もしかすると「あやしげな」の間違いかも^^;
そちらではよく打ちあがるそうですが、こちらではまだ見かけたことがありません。
  • ちほ
  • 2006.05.25 Thursday 21:09
あはは。
南国の怪しげな果物…言えてる!(笑)
確かにハサミも脚もないと、何だかわからないかも〜。

南知多にはいないんですか?
この仲間は岩場にすむカニなので
磯のような環境がないと少ないかもしれませんね。
  • 尚 nao.
  • 2006.05.25 Thursday 23:39
なるほど、岩場にすむカニなんですね〜。なるほど納得!
南知多は砂浜がメインですから。(うんと南に下れば岩礁もあるけれど。)
今度南知多の岩場をせめてみよう!!
  • ちほ
  • 2006.05.26 Friday 21:36
このオウギガニの仲間は、背甲と腹甲がきっちりくっついて、
ほかのカニのように背甲だけで落ちていることが稀です。
ハサミや脚は落ちてしまうから、
もしかしたら、その様子が「まんじゅう」なのかも(笑)

岩場は、拾える貝の種類も変わりますからね。
たまにはポイントを変えてみるのも楽しいですよね。
  • 尚 nao.
  • 2006.05.26 Friday 23:20
http://www.nhk.or.jp/minna/subegani/
いきなりですが?
スベスベマンジュウガニのゲームです。
宜しければ堪能して下さい。
貝仲間の女性から教えていただきました。
どうもこの仲間は、甲羅のカタチからか愛嬌があり
大好きです、ただ、毒の件がたまにきず。
おまけにカニを保存するのが大変だし、標本の為に
身をぬくのも大変な作業です。
  • luna
  • 2006.05.27 Saturday 14:29
lunaさん。

おもしろいもの教えていただいて(笑)

カニの甲羅もいろいろ並べるとおもしろいですね。
確かにカニは処理や保存が難しいので、手を出さなかったのですが、
甲羅だけなら何とかなるか…ということで最近始めました。
ただ、このスベマンは前述の通り甲羅が離れにくいので
なかなか手強いヤツですね(笑)
  • 尚 nao.
  • 2006.05.27 Saturday 14:46
尚さん、lunaさん、おはようございます。
スベスベマンジュウガニのサイトに行ってきました^^
ニックネームつけてもらいましたよ〜。
その名も「うるうるマンゴスチンちほガニ」(!)
サイトの中にタコノマクラとスカシカシパンがいて素敵だった!
おもしろいことやるもんですね〜、NHKも☆
  • ちほ
  • 2006.05.29 Monday 09:22
「みんなのうた」は曲づくりだけでなく、
いろいろな話題づくりも上手な番組ですよね(笑)
  • 尚 nao.
  • 2006.05.29 Monday 20:20
初めまして。
古い記事に突然のコメント失礼いたします。
以前から楽しく拝見しています。
私は月一回いけるかどうかのビーチコーマーで、なかなかコメントはハードルが高かったのですが・・

実は5歳の息子が尚さんのブログが大好きで、一度見せたらそれ以来一人で検索して見るくらいなのです。(うそっぽいけど本当です。)
貝や棘皮類の知識は貴ブログからで、「これなおさんももってる」なんていいながら拾っているんですよ。

以下息子の質問なのですが、
「このまんじゅうがにはどうやってとっておいているの?」
私たちもカニの甲羅等拾うことがあります。尚さんはカニに限らず、拾われたウニなどは洗う以外はどのような処理をして保存されておられるのですか?
リンクした記事では自己判断でアルコールに浸してみましたが、ゆでたりしたら変色しますよね、きっと。
よろしかったら教えてください。
更新楽しみにしております。
  • とき
  • 2009.02.18 Wednesday 20:22
ときさん。

コメント、ありがとうございます☆
5歳の息子さんにも見ていただいているとは光栄です。
海の生き物など、小さなお子さんにどんどん興味を持ってもらいたいです。

さて、ご質問の件ですが
このスベスベマンジュウガニの甲羅は、拾ってきて水洗いしただけです。
実際に海で見ていると思いますが、
カニの場合、甲羅だけで落ちていることがあると思います。
甲羅はキチン質でできていますが、これは腐りませんので
そのまま乾燥させた状態で保存ができます。
ただし、色素は1年位すると褪せてしまいますね。
スベスベマンジュウガニは背中の甲羅だけになっているものが少なく
大抵は脚だけ取れた状態で落ちています。
こういのは中身入りなので、持ち帰らない方がいいでしょう。

ウニの場合は中身が抜けて棘も落ちていれば、水洗いして乾かせば大丈夫です。
中身や棘が残っている場合は、ハイターなどの漂白剤にしばらく浸けます。
すると中身も抜けやすくなり、棘も落ちます。
ただし、あまり浸けすぎると殻も脆くなり、割れる危険があります。
浸ける液の濃さや時間が難しいところですね。

でも、だいたいが適当です(笑)
何にしても、最初は中身がきれいに抜けているものを拾う
というのがいいと思いますよ☆
  • 尚 nao.
  • 2009.02.18 Wednesday 22:49
丁寧なお返事ありがとうございます。
目安は臭い、安全そうなのを拾ってきて水洗いですね。
私がこのカニを拾ったときは、おっしゃる通り足だけもげていたので、ふんどしから引き剥がして中身をだしました。
息子は、目がついたままなのがひどく気になるらしく、
「めめは?なおさんのもついてるの?」
などといいます。目もキチンで覆われてそうなので大丈夫かと・・・

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
ガラスのびっきさんとブログ仲間です。
  • とき
  • 2009.02.19 Thursday 07:04
ときさん。

びっきさんのお友達でしたか(笑)

最近はちょっと子供向けでないものが多いので
少し身近なモノも紹介するようにしていきますね。

これからもよろしくお願いいたします。
  • 尚 nao.
  • 2009.02.19 Thursday 12:38
私のフィールドでは、すべすべのヤツはみませんね。
ザラザラなやつばっかしですわ。
  • Shige
  • 2009.02.19 Thursday 16:35
Shigeさん。

そうですか。
微妙な環境の好みとかもあるようですね。
こちらでは、スベスベマンジュウガニは磯遊びの際にもよく見かけますが
浜辺に落ちているのは刺し網に掛の漁労屑のが多いようです。
赤いザラザラのヤツとかは特にそうですね。
  • 尚 nao.
  • 2009.02.19 Thursday 18:18
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM