<< 今鎌青19’後半戦 | main | 海辺のまるっ! >>
2020.02.02 Sunday

鬼が出た!

 

昨年の10月の台風19号の後、材木座海岸の東側には、大小の石や陶片などが多く打ち上がった。11月になって、その中にこんなものを見つけた。内部に放射状の仕切りができた、円型の物体。なんだこれ?


 

拾い上げて、ひっくり返すと、なんとオニフジツボ! ご存知の方も多いと思うが、このフジツボはクジラ類の皮膚に寄生するフジツボの一種。その生態はまだほとんど解明されていない、いわば謎多き生きものなのだ。今回のものは、状態としては化石か半化石と言ったところだろうか。鎌倉・材木座海岸周辺の地質は、新生代新第三紀中新世の三浦層群逗子層(700万〜400万年前)で、貝化石などが知られている。同じ三浦層群でも、もう少し新しい宮田層(40万〜10万年前)ではオニフジツボ化石が出土し、横須賀市自然・人文博物館に所蔵、展示されている。もしかしたら、そう言った海底の地層から洗い出されたものかもしれない。


        

あるいは、もう少し新しい時代に、海岸に打ち上がったクジラから落ちたものかもしれない。鎌倉や、三浦、湘南の海岸には、数年に一度、クジラ類の漂着が見られる。一昨年の2018年にも、由比ヶ浜にシロナガスクジラの子供が漂着して話題になったので、覚えている人もいるだろう。オニフジツボを拾った同じ日、すぐ近くには、写真のような立派なクジラの脊椎骨も打ち上がっていた。もしかしたら、この骨の主であるクジラに付いていたオニフジツボだったりして。


 

2月は節分。「鬼は外!」が普通だけど、こんな「鬼」が来てくれるなら、大歓迎かもね!(笑)



コメント
うぉおおおおおおおおおお!
こりゃスゴいな。
オニフジツボを付けた鯨が漂着でもしない限り、コロンと転がり出ることはまずないだろうね。見つかった環境からは化石の可能性も高いね。
素晴らしい寄り物だよ〜!!さすが!!
  • Shige
  • 2020.02.03 Monday 11:31
すごっ!こんなフジツボがあるんですね。素晴らしい!
内側はこんな風になっているなんて、拾ってみないとわからないですよね。
11月に拾って今アップって、節分待ってました(笑)?
  • hiyoco
  • 2020.02.03 Monday 13:14
凄い、こんなものまであったのですね!!
色も形も、まるで何かの工芸品みたいですね〜!
  • sato
  • 2020.02.03 Monday 20:09
もう、凄いとしか言いようが無いです〜!!いや〜ホントに凄いわ〜!!
毎日浜歩きをしていても拾えない人がたくさんいるのにね。
  • のら
  • 2020.02.03 Monday 20:35
すごい発見ですね!鎌倉の浜の奥深さを感じます。
私も2018年の鯨漂着を思い出しワクワクしました。
そして化石だったら素晴らしいですね。
  • hana-ikada
  • 2020.02.04 Tuesday 09:08
Shigeeさん。

レスが遅くなり失礼しました。
これには自分でもびっくりしました。なんで、こんなところにあるんだ???という感じで…。
化石と言っても、通常はせいぜいハイガイがあるくらい、稀にサンゴ化石がでる程度なので、
可能性としては漂着クジラから…と言うのが一番「ありそう」ですね。
これには興奮しました。
  • 尚 nao.
  • 2020.02.06 Thursday 10:05
hiyocoさん。

ホントすごいですよね。
このフジツボ、漂着クジラから採取したい…と以前から思っていたものでした。
でも、そう言うのは誰よりも早く漂着に出会わないといけませんし、科学的調査の支障になりかねません。
内側の構造も、手にしてみて初めてわかるものですね。
節分は、もちろん意識して更新をこの時期まで延ばしておきましたよ(笑)
  • 尚 nao.
  • 2020.02.06 Thursday 10:09
satoさん。

まさか、こんなものがあるとは思わなかったので、最初はなにか人工物かと思いました。
フジツボもいろいろ種類がありますが、造形的にもなかなかおもしろいですね。
大きさもあるので、存在感が抜群です。
  • 尚 nao.
  • 2020.02.06 Thursday 10:11
のらさん。

いやはや、マジで自分でもびっくりしました!
鎌倉はビーチコーミング激戦地でもありますからね。まあ、多くは貝拾いの人ですけど。
ただ、これは今まで見た、拾ったという話を聞いたこともありませんし、
相当にレアなものなのかもしれません。
  • 尚 nao.
  • 2020.02.06 Thursday 10:13
hana-ikadaさん。

鎌倉は、歴史もありますし、南や西の風がぶち当たる立地にあるので、
人工物、自然物問わず、本当に多彩なものが拾えると思います。
それでも、これは想定外でしたよ。
hanaさんの、あのザトウクジラ漂着の記事は、とてもよく覚えています。
あのような体験もとても貴重なものですよね。自分もぜひ体験したいです。
  • 尚 nao.
  • 2020.02.06 Thursday 10:18
凄いお宝フジツボですね!
陶器か何かかと思いましたが、フジツボとは!!
晩酌に使えそうです。
逗子にも打ち上がらないかなぁ(^.^)
  • manarock
  • 2020.02.09 Sunday 14:33
manarockさん。

そうそう、最初は陶器のように思いました。まさにお猪口!(笑)
地質的なものだったら、逗子のあたりも同じような地層ですから、チャンスはあるかも。
でも、過去の漂着からだと、やや深く窪んだ逗子新宿湾では、可能性が低いかな?
とは言え、歩けば何かしら見つかるかもしれないので、とりあえず海に行きましょう!
  • 尚 nao.
  • 2020.02.11 Tuesday 00:27
どこから来たのか、もしかしたら打ち上がっていた鯨の骨と関連があるかも…と考えると凄いロマンがありますね〜!
こういう謎めいたワクワクと、拾えたときの達成感があるのでビーチコは良いですよね(^^)
  • GAN
  • 2020.02.26 Wednesday 21:56
GANさん。

レスが遅くなり、すみません!
打ち上がったクジラの骨と、それについていたオニフジツボ。ロマンですよね!
その頃の鎌倉はどんなだったのか、どんな人が食べたのか、想像が膨らみます。
ビーチコーミングは、自然も歴史もいろいろ楽しめるのが魅力ですよね。
  • 尚 nao.
  • 2020.02.29 Saturday 23:20
コメントする








 
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM