<< 青くて丸い | main | 海岸からBonjour! >>
2019.10.25 Friday

海辺の金魚

        
        

これも、先に紹介している国民食器湯呑み、パピリオ陶製瓶と同じ日のもの。海辺の砂に半ば埋もれていた陶製人形を救出してみたら、海だと言うのに金魚が出現。さぞ、しょっぱかったことだろう(笑) 高さ4センチほどで、大きな尾びれで飛び上がるようなポーズを取っている。口をパクッと開けていて、なんとも可愛らしい。色はすっかり剥げているけれど、かすかに残った塗りから、全体は赤色、黒色の瞳が水色で縁取られていたことがわかる。この手の人形は、大抵は中空のつくりになっていて、それほど丈夫なものではない。一番脆そうな背びれも欠けず、よく無事でいてくれたものだね。


 
 

最近見かけた陶製人形たち。今はもう完品でないと拾わないけれど、記録のために写真は撮っている。上の写真は腰の部分からボッキリ逝っちゃってる男性もの。ニッカーボッカーズにブーツかゲートル巻き。マントを羽織って、左手でその裾を持ち上げている。兵隊さんか何かか? 下の写真は、首チョンパのイヌ。海上がり陶製人形のほとんどは、大きくくびれた首の部分で折れていることが多い。このイヌはホント惜しいな〜。



こちらも更新「海山日和」
コメント
片眼はまるで笑っているよう♪表情も本当に可愛らしい金魚ですね~。
毎回、すごい!羨ましい!ものだらけです(笑)
今年拾った陶片の中にも、首から上の部分だけが欠けた動物文様があって、
とても残念でした^^


  • sato
  • 2019.10.25 Friday 23:18
satoさん。

ホント可愛らしいのが出てくれました。
ここ数年、硝子や陶器関係はあまりめぼしいものが拾えていませんでしたが、
ここ最近は少し良い流れが来ています。これが続くと良いのですけどね。
動物文様、残念でしたね。でも、そちらなら良いものがこの冬にでも出るはずです!
  • 尚 nao.
  • 2019.10.26 Saturday 01:40
コメントする








 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM