<< やっと来た! | main | 台風が過ぎ去って… >>
2019.10.15 Tuesday

海辺のパピリオ

         

時間は少し遡って、先月の半ば。緑二重線の国民食器湯呑みを拾ったのと同じ日のこと。なんと、パピリオクリームの陶製瓶まで出てしまった! 実は以前にパピリオの完品を拾ったのも同じ場所。再び出会えないものかと、密かに願い続けていたのが実現したのだ。遠目に四角いものが落ちているのを見つけた時、心が踊ってしまった。さすがに上面や口部分に欠けがあるけれど、海上がりでこの状態なら十分すぎるレベルだ。拾った時点では、写真のように全体に青い染みが広がっていたが、乾燥したらほぼクリーム色になった。


 

パピリオクリームは、昭和初期に伊東胡蝶園から発売されていた化粧品だ。画家・装丁家の佐野繁次郎が意匠のプロデュースをしていることでも知られている。この四角い陶器瓶は第二次大戦後の昭和30年代につくられたと言われていたが、戦前から使われていたという説もあるようだ。また、戦中には統制番号付きの円筒形タイプも存在している。自分は戦前の広告で円筒形タイプらしいのが写っているものは見ているが、四角いタイプのものは見ていない。また、自分が知る限り、四角いタイプで統制番号が付いたものはないはずだ。戦前から存在したのなら、なぜ統制番号付きが存在しないのだろうか。円筒形タイプの方が熟練工でなくても製造しやすいため、戦中は円筒形タイプのみつくられたのだろうか。まだまだ、パピリオには謎が多いようだ。


 
 

今回のものは、以前に拾ったものに比べて、ほとんど違いはない。若干、地の色が濃いめなのと、「P.」の文字がくっきりしている程度の差だ。ひとつ大きな違いは、今回のものの底には、「Z」または「N」と読める線刻があること。製造工場などを表している印なのか、これもまたパピリオの謎のひとつだ。



コメント
パピリオの壜、可愛いですよね!テイジンパピリオってメーカーの化粧品を使ったことがあります。口紅のケースはとてもかわいかった記憶があります。関係あるのかな?
  • ろっかく
  • 2019.10.15 Tuesday 20:26
凄すぎ!
現代でも十分ステキです
おめでとうございます!
  • あかずきん
  • 2019.10.16 Wednesday 22:07
ろっかくさん。

パピリオクリーム、とってもお洒落で、モダンなデザインをしていますよね。
パッケージもなかなか素敵ですよ。
現在あるパピリオは、後継会社ではあるようですが、直接の繋がりはないようです。
別の会社が経営を引き継いだか、商標権を買い取ったか…、確か調べれば出てくるはずです。
  • 尚 nao.
  • 2019.10.18 Friday 17:05
あかずきんさん。

ありがとうございます。
以前、拾ったのも同じ場所で、少し前に他の方が拾われていたようなので、ずっと期待していました。
ちょっぴり欠けがありますが、やっぱり嬉しいですね!
  • 尚 nao.
  • 2019.10.18 Friday 17:08
すごい!緑二重線の器と同じ日にこれも出たのですね!
こちらにはまだ縁がありませんが、デザインも質感もよいですね~♪
昭和30年代の製品だとすると、親近感も湧いてきます(笑)

  • sato
  • 2019.10.18 Friday 21:12
satoさん。

そうなんです。同じ日に出たんですよ。こんなこともあるもんですね。
パピリオの陶器瓶、写真で見るよりも、けっこう小さいんです。それがまた可愛らしいんですよ。
パピリオのロゴデザインなどは戦前から使われているものです。
四角い陶器瓶がいつから使われているのか私は知りませんが、戦前からあるのかもしれません。
  • 尚 nao.
  • 2019.10.19 Saturday 02:03
コメントする








 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM