hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
青物到来!
        
        

GW連休の谷間2日から3日にかけて、低気圧の通過で海は大荒れ。すると3日の午前中にhiyocoさんから青物漂着のお知らせが。自分の場合、連休とかまったく関係なくバタバタしていたのだけど、夕方日没前に何とか時間を作って鎌倉・材木座海岸に出撃。ビーチコーマーたるもの、強い南風が吹いたら、何を差し置いても行かねばなるまい! 海岸に到着すると植物、海藻系のゴミに混じって、中国プラ浮きその他のえぼしもんに、カツオノエボシを中心とした青いクラゲ3種が揃い踏み。さて肝心の青い貝は…?


            
            
      

あった! アサガオガイ。そしてルリガイも。近年は、これらの浮遊性貝類が5月に来るのはかなり珍しいし、しかもサイズが出るのも珍しい。陽射しがない夕暮れの薄暗い中、目を凝らしてポツリポツリと拾っていく。結果、アサガオガイ大小18個、最大で殻幅20ミリ。ルリガイ4個、最大で殻高20ミリ、ヒメルリガイ極小1個という内容に。この時期にこれだけの数を拾ったのも初めての体験だ。今回はFBで、葉山や横須賀での漂着も報告されている。また写真でもわかる通りルリガイは卵囊をつけていたのと、その他全般にカルエボシの付着が目立った。


          

ついでに、この子も一応、青い貝類。アオミノウミウシも1個体は見つけることができた。暗いし、風は強いしで、どうしようもない写真だけど、証拠として上げておく。ボロボロだけどサイズはまあまあだったよ。


          
      

驚いたのはそれだけではない。なんと南方系の種子果実もポツポツ漂着していたのだ。まあ比較的よく見かけるモモタマナ2個はともかく、テリハボク1個、ミフクラギ1個、そしてワニグチモダマ1個、シロツブ1個、ハスノハギリ1個という、神奈川にしては上出来の漂着。ワニグチモダマはコケムシがびっしり付着していて、長い漂流を物語っていた。シロツブは、デカツブと呼ぶには物足りないけど、通常の中ではなかなか大粒の部類。地元で海豆はけっこう久しぶりなので、本当に嬉しかったよ。それにしても、今回の漂着は異例なことばかり。昔は初夏に青い貝類が漂着するのは普通で、サイズも出ていたと聞いたけれど、ここ十数年では経験していない。種子類も、1月にシロツブを拾ったことはあるけれど、他はやはり台風シーズンの夏以降だ。気候もなんだか変だけど、海流の状況などもいろいろ変な状態になってきてるのかも??



コメント
from: Shige   2018/05/06 7:33 PM
いやぁ、裏山鹿!(笑)
尚さんのFB見て、たまんなくて表浜行ったけど、青いのはまだでしたよ。
伊勢湾にたまってる冷水塊が渥美あたりに居座ってるので、黒潮モノが来られないんだよね。南風もまだ弱いから。

しばし我慢だね。
from: hiyoco   2018/05/07 12:24 AM
うわ〜、大収穫じゃないですか!うらやまし〜。
今回カツオノエボシも大きいものが多かったので、それに合わせて青い貝たちも大きなサイズだったんでしょうか。
未だにモダマやシロツブなどは縁がないので、今年こそは出会いたいです。ここでよく見てイメトレしておこうっと。
今日の夕方はまた強風で海岸へは出れませんでした。明日は雨だしどうでしょうね〜。
from: 海のCM   2018/05/07 3:48 PM
ご無沙汰しております。
いやー羨ましい限りですね。
私も日曜日(6日)の夕方と本日午後に材木座を歩いてきましたが、極小のヒメルリガイと小型のアサガオガイを各一つづつ見つけただけでした。あと流石に拾いはしませんでしたが、北杜夫じゃなくてマンボウの死骸が漂着していました。材木座の海岸でマンボウを見たのは、私が覚えている限り小学生の時以来なので、ウン十年ぶりだと思います。これってやっぱり尚さんが言ってるように海流の異常なのでしょうかね?
from: sato   2018/05/07 4:43 PM
圧巻の品揃えですね〜^^
ワニグチモダマ以外、出会った事のないものばかり!!
尚さんにとっても異例づくしなんて、色々気になりますね。
from: ろっかく   2018/05/07 7:58 PM
おめでとうございます!お見事ですね!今年こそルリガイを見つけたいです。神奈川の海辺、すばらしいですね!
from: 尚 nao.   2018/05/08 8:10 PM
Shigeさん。

そうでしたか〜。
なんだか蛇行した黒潮の戻りが、いつもの房総より相模湾寄りになっているようですね。
この時期に、こんな南ものが拾えるとは思いもしませんでした。
これで今期最後…なんてことにならないと良いのですが(笑)
from: 尚 nao.   2018/05/08 8:12 PM
hiyocoさん。

ブログ拝見しました。アサガオガイ、やりましたね!
こちらも青物到来を教えてもらった当日が大当たりでした。
種子類もホント久しぶり。打ち上げ物でゴチャゴチャした海岸で、我ながら良く見つけました。
やはり形や色、大きさが頭に入っていると、見つけやすいですよ。
from: 尚 nao.   2018/05/08 8:16 PM
海のCMさん。

マンボウ見ました! 実は月曜日のお昼くらいに歩いたのです。
青物狙いというよりは、どちらかと言えば青磁片狙いだったのですが。
マンボウは、相模湾の定置ではけっこう入るようですが、この時期にあのサイズは珍しいかも。
海流図を見ると、蛇行した黒潮が相模湾寄りに本州側へ戻って来てますね。
その影響があるのかもしれません。
from: 尚 nao.   2018/05/08 8:19 PM
satoさん。

いつもこの時期だと、カツオノエボシなどの青いクラゲが来ても
青い貝はまったく見られないか、小さいアサガオガイが2〜3個拾えたら御の字…という印象なんです。
でも、早くても6月くらいがほとんどで、5月、しかも連休頃というのは個人的には異例な感じです。

from: 尚 nao.   2018/05/08 8:20 PM
ろっかくさん。

ありがとうございます。
そちらは、あまり青い貝は来ないのでしょうか。でもアオイガイとかは多いですよね〜。同じように暖流の影響があるのに
見られるものが違うのって不思議ですよね。
from: あかずきん   2018/05/16 8:32 PM
おめでとうございます!!
アサガオガイはまだ見た事がありません
青い物も海豆も素晴らしい〜
同時期に漂着、こんな奇跡起こるんですね〜(驚)
from: 尚 nao.   2018/05/17 2:00 AM
あかずきんさん。

ありがとうございます。
この時期にこれだけ拾えるとは思ってもいませんでした。
海豆もこの時期はとっても珍しいです!
そちらはアオイガイ、来てますね〜。
今年の早々に拾うことができましたが、こちらでは超稀なことです。
場所によって漂着する生きものが違うのが不思議ですよね〜。
from: kin   2018/05/18 5:40 PM
すごいなー!!そちらは絶好調みたいですね。
まだまだいいもの拾ってください。
こちらはなにもない浜がしばらく続きます。


from: 尚 nao.   2018/05/19 11:13 PM
kinさん。

ありがとうございます。
でも、いつまで続くのやら〜です。黒潮の流路が少し変われば状況も変わってしまうかと。
でも、南風が吹く度にワクワクするのが、とてもいい感じです!
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.