hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
地物がメイン?…秋の沖縄の拾いもの
            
        

海山日和で既にご報告の通り、今月半ばに沖縄本島へ行ってきた。そろそろ北風も吹き始めているし、特に北部方面は漂着物も良いのではないか…と期待しての旅路だ。とは言え、ビーチコーミングだけが目的ではなかったので、漂着種子狙いの浜歩きは最終日のみ。3カ所のビーチをチェックして、そのうち2カ所で拾うことができた。まず一番最初に見つけたのは、このタシロマメ。ごく標準的というか典型的なタシロマメで、表面の皺も確認できる。


         
         

その後は、続けてイルカンダ。イルカンダは関東まで漂流してくることは稀だと思うので、久しぶりな感じ。今回、浜辺を歩いていても南方系のものがまだ少なかった。ココヤシやゴバンノアシ、ククイなどは見られたけど、ミフクラギ、モモタマナ、テリハボクはおそらく街路樹由来のものがほとんどだろう。なにしろ打ち上げ帯にやたらとカタツムリの殻が目立つのだから、雨で陸から流出したものが多い証拠だ。イルカンダも自生があるので、地元産かもしれない。ただし、下のものはイルカンダにしては妙に厚みがあり、ヘソの太い。降ると中でカタカタ音がするので、ムクナの別種かもしれない。


         

コロコロまん丸のこれは何だろう? 見た目はハスノハギリなのだけど、通常拾えるサイズより二回り近く大きい。外国産のものか、近似種なのか、よくわからない。コケムシかエボシガイが付着した跡がたくさんあり、長く漂流してきた感じだ。


              

最後に見つけたのはアニマル柄のワニグチモダマ。これはもう定番中の定番だ。昔、無地タイプばかり拾ってアニマル柄に憧れたのが噓のように、今では無地タイプの方が珍しい。今回のものは長径2センチ。たぶん今まで拾ったワニグチモダマ中、最少のものだと思う。ワニグチモダマは近年、沖縄本島でも自生が確認されているようで、これも地元産かと思ったけれど、わずかながらコケムシか何かの石灰質付着が認められるので、少なくとも本島以外から来たと考える方が自然かもしれない。


    

と言うわけで、今回の海豆はタシロマメ1、イルカンダ3、イルカンダっぽいの1、ワニグチモダマ1。それにハスノハギリっぽいの1を加えた7個が拾ってきた漂着種子だ。シーズン最初期で期待したほどの成果はなかったけれど、それでも何かしら海豆が拾えたのはテンションも上がったし、良かった。さあ、次はどこで海豆に出会えるかな?



コメント
from: Shige   2017/11/26 12:56 PM
いいなぁ〜!
夏から秋にかけ、渥美半島の面浜では、海豆が不調だったので、うらやましい限り!
12月ならもっとそっちは多いかな??
from: ろっかく   2017/11/26 7:39 PM
去年は海豆1個も拾えなかったです。これだけ拾えるって良いな〜今季は見つかるとうれしいのですが。
from: sato   2017/11/26 9:54 PM
いいですね〜!綺麗な沖縄の海での海豆三昧^^
こちらもエボシモンだけは随分増えたので、期待したいところですけど、、。
from: 尚 nao.   2017/11/26 10:44 PM
Shigeさん。

こちらは、そちら以上にダメでしたからね〜。初物を期待したんですけど…。
海岸を歩いた感じ、ほんと陸上由来のものが多かったので、
やはり12月から年明けがベストなのかもしれませんね。
まあ、それでも行って歩けただけでも楽しいです。
from: 尚 nao.   2017/11/26 10:46 PM
ろっかくさん。

自分も、地元および近県ではゼロでした〜。なのでそのリベンジを狙ったのですが…。
初物は出ませんでしたが、拾えただけでも良しとしなくちゃ贅沢ですよね。
from: 尚 nao.   2017/11/26 10:48 PM
satoさん。

今回は雲の多い天気で、特にこの日は雨が降ったり止んだりでしたけど
やっぱり地元とは違う、白っぽい砂のビーチを歩くのはウキウキしてきますね。
そちらも、良いシーズン突入ですし、きっと良いものが拾えると思いますよ!
from: ふじねこ   2017/11/29 12:10 AM
こんなにたくさん・・!タシロマメは、日本産でしょうか?」
from: 尚 nao.   2017/11/29 2:06 AM
ふじねこさん。

今回は渋いな〜と思いつつも、数はそれなりに拾えましたね。
ただ、沖縄ともなると自分の中の期待、希望、願望も大きいので…(笑)
タシロマメは分布が八重山で絶滅危惧種なので、外国産の可能性の方が高いですね。
from: あかずきん   2017/11/30 7:47 PM
凄い!!
もう〜夢の世界です^^
沖縄・・・行きたい、と言いつつ12月に〜
モダマにも沢山の種類、こんなにあるんですね

from: 尚 nao.   2017/12/01 7:13 PM
あかずきんさん。

ぜひ沖縄へ〜! 特に冬から春は良いですよ〜。天気はちょっと悪いですが。
モダマは、正式にはマメ科モダマ属の植物です。モダマ、ヒメモダマ、アツミモダマなどがその仲間です。
今回、ここで紹介した海豆は、どれもモダマとは別の属のものになります。
イルカンダはトビカズラ属、タシロマメはタシロマメ属になんですよ。
まあ、ビーチコーマーとしての藻玉=海豆という扱いなら良いですけど
たくさん拾って、個々の名前もぜひ覚えてあげてくださいね。
from: hana-ikada   2017/12/10 3:23 PM
いろいろな種類の海豆が拾えて、南国っぽさ満開ですね。
丸くて黒っぽい豆に、白い砂がよく似合う。
次の機会にはモダマゲットですね。
地元産かそうでないかの判断は難しいのでしょうね。
研究している人なら分かるかも知れませんが。
from: 尚 nao.   2017/12/11 9:16 AM
hana-ikadaさん。

最初は漂着物が少なくてどうなるかと思いましたが、まあそこそこ拾えました。
でも、季節的にはたぶん今頃の方が良いのでしょうね〜。
地元産かどうかは、分布状況と確率論的に判断するしかなさそうです。
ちゃんと判断するにはDNAとか調べないと無理でしょうね。
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.