hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
沖縄の拾いもの…ウニウニ
       
           

沖縄でのビーチコーミングで、漂着種子と同じくらいに拾いたい目標がウニ殻だ。沖縄では、当然のことながら地元・神奈川周辺には生息していない種類や、今までに拾ったことがない種類がいる。今回はどうだったかというと、まずはこれ、クロウニ。このウニは、以前、徳島を訪れたときに、渚の探偵:助手さんにいただいたことはあるものの、自分でまともなものを拾ったことがなかった種類だ(ごく小さな個体を1個だけ拾っている)。複数の海岸で合計4個、しかもそのうち2個はまだトゲが残った状態で、周肛部を残した標本にすることができた。1個はサイズもまあまあで、これはなかなかに嬉しかった。


     
         

お次はナガウニ類。沖縄ではごく浅いタイドプールにも生息する種類だけに、大小合わせてそこそこの数を拾うことができた。今回はほぼ裸殻になった状態のものだけで、周肛部の残ったものがないので、詳細な種類は不明だ。ナガウニ類は千葉でも拾っているし、以前、徳島に行った時に大量に拾っている。しかし、沖縄はさすがに本場で、サイズが大きいものが拾えるんだね。今回一番大きいもの(写真下)は長径が59ミリもあった。これは色もピンクが入って綺麗なのだ。


              
         

3種類目はタマゴウニ。こちらは以前、沖縄に行ったときに拾っているものの、数が少ないので、またぜひ拾いたかったものだ。今回は合計12個。上の写真のは長径で1.5センチを超えるもので、一番大きなものが長径26ミリ。隆起サンゴ礁海岸での打ち上げやタイドプールの中から拾ったものだ。下の写真は砂浜海岸でマメウニ類を拾った中に混ざっていたもので、一番大きなもので12ミリ、一番小さなもので5ミリだ。タマゴウニは通常、潰れた俵型をしているのが多いけれど、けっこう形の個体差があるのが楽しいね。さて、次の記事ではマメウニ類を取り上げるよ。


コメント
from: hiyoco   2017/05/12 12:44 AM
結構拾いましたね。執念を感じます(笑)。
ピンクのラインのナガウニいいですね!タマゴウニはリボン掛けたみたいな模様が面白いし、形もコロンとしたり扁平だったり個性があって楽しいですね。
from: 尚 nao.   2017/05/12 5:33 AM
hiyocoさん。

ウニ殻拾いには執念を燃やしますけど、これらはそれほど苦労はしてません。
hiyocoさんほどの眼力があれば、同等くらいは拾えるのではないでしょうか。
もちろん、それにどれだけ時間をかけるか…というのが大きいですけどね(笑)
タマゴウニは、おまんじゅうみたいで可愛いですよね〜。
from: sato   2017/05/18 8:57 PM
ピンクのラインのナガウニ、綺麗ですね♪
でも、何故かタマゴウニの方にもっと惹かれます^^
from: 尚 nao.   2017/05/19 11:12 PM
satoさん。

ナガウニ、こんな大きいのが拾えるとは思いませんでした。
タマゴウニ、いいですよね〜。この独特の感じが魅力です。おまんじゅうみたいだし(笑)
もっといっぱい拾いたかったですが、割れたのもあって、これだけでした。
from: Shige   2017/05/20 8:09 PM
イッパイ拾うねぇ〜!!
モノを拾うと、ついポケットに入れちゃうので薄い貝や、ウニは「ふりかけ」になること多いんだよね。
豆はその点安心できます。(笑)

from: 尚 nao.   2017/05/21 1:30 AM
Shigeさん。

ウニはついつい拾っちゃいますね。貝にはそれほど執着しないんですが。
あ、小さな貝はけっこう夢中になりますけど…。
自分は、普段はフィルムケースか、ジップ付きビニール袋を使ってます。
豆はポケットに入れちゃうことが多いですけどね(笑)
from: ことまる   2017/06/27 9:32 PM
お久しぶりです。
ウニ、とてもきれいです。
こんなきれいなのは、夢中になって探してしまいますね〜
from: 尚 nao.   2017/06/30 10:28 PM
ことまるさん。

ウニ拾いは楽しいです。
狙っていて拾えなかった種類もありますが、それでも思った以上に拾えたかも。
ナガウニ類は、けっこう数が拾えるので嬉しいですね。
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.