hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
いまさら鎌倉青磁(17/2〜3月)
       
        

早春から春の恒例、鎌倉の青磁片拾い。1月はまあまあだったのだけど、2月は低調で、これだけ。現地写真と集合写真右のものは良い感じで篦文様も残っていて、わかりやすい。集合写真中央のも同じ系統の陶片だ。集合写真左のものは、断面を見ると中国青磁でほぼ間違いない感じなのだけど、表面の青磁釉はあまり典型的、つまり龍泉窯や同安窯的なものではないな〜と思う。陶片表面の摩耗具合は海中での埋蔵状態によって違うし、時代や焼かれた窯が違うと正直なところ区別はできない。しかし龍泉窯の青磁は本当に質の良いものが出るので、左側のものはそれよりは劣る印象があるね。


              

3月は前半まったく海に行けないような状態で、当然、青磁もなし。でも、月半ば過ぎと月末に出かけた2日で、まとまった数が拾えた。もっとも、大きさは長辺2〜3センチのものばかりだけどね。まずは月半ばの成果。この日はけっこう良質のものが拾えた。上の写真は篦文様が残ったもの。断面の気泡もよくわかるね。


         
         
         

この日、拾えたのは8個。特に良かったのは、個別に撮っている2つ。小さいながら蓮弁の様子がよくわかる。色合いも繊細で、質感も良い。これらの元は、龍泉窯系のけっこうな高級品だったと思う。完品だったら文化財クラスだろう。その雰囲気が、小さな陶片からも醸し出されているんだよね。特に上の方はけっこうお気に入りだ。この2つ以外では、集合写真の右上、オリーブ系の青磁で数本の篦文様が残るものも気になる。こちらは同安窯系かな。


              

さて、こちらが月末の成果。この日は9個。ただし、奥から2番目左、青灰色の小片は、もしかしたら江戸青磁かも。この日は他にも2つ江戸生時が落ちていて、一瞬騙されそうになった。江戸青磁の特徴は、断面が細かく粉っぽい感じで、気泡も少ないこと。それに、青磁釉を施しているのが器の外側だけで、内側は白磁に藍色の染付文様がある場合がほとんどだ。


         
         
         
         

この日の良かったもの4つ。一番上は、茶碗の下部、蓮弁の付け根あたりかな。2番目のはオリーブ系で、この手は青磁ではないと勘違いしやすいもの。篦文様は左に行くほど太く、そして下側に曲がっている。これが江戸陶片とかだと、きちんと同心円で縁にそった線になっていることが多い気がする。3番目は2月にも拾った篦文様タイプで、青磁というか青白磁なのかも。4番目は、これもけっこう高級品ぽい、質感のとても良い青磁。蓮弁とはまた少し違う、少し立体感のある造形だ。元はどんな容器だったのだろう。小さな陶片からは、なかなか元の姿を知ることができないけれど、資料写真などを見ながら、いろいろ想像してみるのも楽しいんだよね。


コメント
from: Shige   2017/04/07 11:33 PM
いやぁ〜、この手のモノ、オレのフィールドでは見たこと無いのですが、このあたりに落ちてるところあるんかな?(笑)

from: あかずきん   2017/04/08 12:30 AM
これだけ綺麗な青磁、嬉しいですね〜
青磁は本当に難しくって手が出ませんが
美しい青磁は魅力的です^^
特に最後の一枚は良いですね〜
from: 尚 nao.   2017/04/08 11:34 PM
Shigeさん。

まあ、ここは幕府のお膝元で港もあって…と条件が特殊ですからね。
鎌倉時代や室町時代、当然、名古屋周辺にも有力者がいましたし、中国青磁も出回っていたと思いますが
大きな河川があると土砂の堆積とかで地形も変わりやすいでしょうし、
けっこう深いところに埋もれてしまっているのではないかと…。
その時代の遺跡とかの情報があると、何となく様子がわかるでしょうね。
from: 尚 nao.   2017/04/08 11:38 PM
あかずきんさん。

今年はあまり拾えないな〜と思っていたら、3月最後にドーンと来ました(笑)
青磁は確かに難しいですが、典型的なものは、その特徴と雰囲気をつかめば拾えます。
ただ、微妙なものも多いですし、あとは江戸染付以外はまったく手が出せません。
青磁ではないですが、なんか良い雰囲気の陶片もたまにあるんですよね…。
わからないですし、ほとんどが小さい欠片なので拾っていませんが。
from: sato   2017/04/08 11:50 PM
本当に、色合いも質感も上質な青磁が多いですね〜。
これほど良い青磁には滅多に出会えませんが、
少しでも箆文様などがあるとテンションがあがります^^
資料写真を眺めながら想像するのも楽しいですけど、
それがよいものであれば尚の事でしょうね〜^^
いつかこんな青磁や青白磁も拾ってみたいです♪


from: 尚 nao.   2017/04/10 1:26 AM
satoさん。

鎌倉の海岸は、やや湾のようになっていて、遠浅だったりします。
青磁片はわりと深く埋もれているでしょうし、あまり波の影響を受けず
摩耗することが少ないので、良い状態を保っているのだと思います。
やはり蓮弁や篦文様があるとテンションがぐっと上がりますね!
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.