<< 扇形のペロペロ | main | シボリミゾガイ(絞溝貝) >>
2017.01.29 Sunday

今年初青磁(17/1月)

           

    

いやはや何とも、やっと今年2回目の更新…。だって、ネタ切れ気味に加えて、あまり海に行けていないので仕方ないのだもん。とは言え、またこのシーズンがやって来た。そう、鎌倉青磁の季節が! しかも、今月は1回でなかなかの成果が出た。最初の海岸写真のものは、集合写真の右下のもの。太めの篦文様のようなものがあるので同安窯系かな?


         

これは集合写真真ん中のもの。3センチに満たない小さな陶片だけど、うっすらと蓮弁の先端が2つ見えている。青磁釉の質もすごく良くて、ツルツルの肌触り。間違いなく龍泉窯系の高級品…じゃないかな?


         

こちらは集合写真右上のもので、集合写真とは反対側の面。写真ではわかりづらいけど、集合写真の面にも反対側の面にも、うっすらと太めの篦文様のようなものがある。これも同安窯系のものだろう。


         

これは集合写真左上のものを、もう少し大きめに。最初、海岸で見つけた時には土器系かと思ったのだけど、手に取って見ると青磁片であることがわかった。と言っても、青磁釉はほとんど剥がれてしまっている。特徴的なのは滑らかにうねった3本のライン。判断が難しいところだけれど、断面の感じは中国青磁っぽいし、お友達のsatoさんが拾われている中国青磁にも、確か青磁釉の剥げたものがあったような…。これも同安窯系の青磁として良いだろうか。どちらにしても、なかなか興味深いものが拾えて嬉しかった。


コメント
青磁かあ……いいなあ。
去年の10月に材木座、由比ヶ浜を歩いたけどそれらしいものは見つけられなかった。
や、あっても見分けられなかっただけかもしれない。悔しいなあ。

多分4月に鎌倉行くと思う(夫が鎌倉まつり&義経まつりに多大なる興味を示している)から、私もその時に青磁、馬の歯リベンジしてみるわ。
  • むれ子
  • 2017.01.29 Sunday 21:55
むれちゃん。

青磁は、揚がるときには揚がるんだけど、当たり外れがあるね〜。
何もないときは、ホント何もないし…。こればっかりは運かな。
小石がパラパラ揚がってるような時が良いのだけど。
情報が必要ならメールかFBのメッセでもしてちょうだい。
ちなみに、馬の歯は見かけないね〜。マジで少なくなった。
  • 尚 nao.
  • 2017.01.31 Tuesday 00:02
最後のはラインのうねり方が珍しいですね。
アップし損ねた儘でしたけど、年末頃にいつもの海岸で、
真ん中のと似ている蓮弁と同安窯系の欠片を両方拾いました。
その海岸で二つとも拾えたのは初めてだったので、私も嬉しかったです^^
青磁は難しいけれど、ちょっとずつ違いが見えてくると楽しいですね♪
  • sato
  • 2017.01.31 Tuesday 22:18
satoさん。

最後のヤツは、あまり見たことのないタイプですね。
これほど青磁釉が取れたものも見ないですし。
断面の感じは中国ものっぽいので、時代的には古いのかもしれません。
でも、全然違って江戸くらいの日本製かもしれませんけどね(笑)
蓮弁文様もいいですし、篦文様も味わいがありますよね。
一緒に拾えると本当に嬉しいです。
  • 尚 nao.
  • 2017.02.01 Wednesday 00:39
う〜ん、普段の海岸で見慣れないモノって、やっぱ写真だけではイメージつかみにくいですね。ほんと難しいわ。(笑)
このあたりの舶来モノが出るのはすごいなぁ〜!

  • Shige
  • 2017.02.07 Tuesday 00:23
Shigeさん。

そうですね。自分も青磁はずっと放り出していたテーマでしたし
他の人がアップされた陶片写真を見ても、どうもピンと来ないし、わかりませんでした。
自分自身で拾い出して、やっと最近、これなんだな〜というのがわかってきた程度です。
しかし、鎌倉から室町時代くらいのこんなものが出るって、ホントすごいことですね。
  • 尚 nao.
  • 2017.02.08 Wednesday 20:12
青磁の魅力って不思議ですね〜
遠くからでも「お!」ワクワクします
決して派手な器ではありませんが小さな欠片でも
スルーは出来ません^^
上質な良い色ですね〜
完品を拾ってみたいです・・・
  • あかずきん
  • 2017.02.11 Saturday 18:36
あかずきんさん。

そうですね。青磁って不思議な魅力があります。
陶片もいろんな種類が落ちているのですが、その中でも独特の存在感がありますね。
江戸の染付とかも好きですが、青磁にはすっかりはまってしまいました(笑)
鎌倉では、昔、発掘で完品が出たこともあるようですが
海岸では基本的に割れて投棄されたもの…とされるので無理でしょうね。
でも、なるべく大きな、たとえば高台が残るような陶片を拾ってみたいです。
  • 尚 nao.
  • 2017.02.12 Sunday 10:08
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM