hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
Gosun no Gyoku
           
       

先月末の南房遠征、その数少ない成果のひとつがこれ。台風絡みの大波で運ばれたのだろう、岩場の奥の奥に鎮座していた。その割にはまったくの無傷。きれいに網掛けされているので、いい具合に保護されたのかもしれない。1枚目の写真右端に写っている流木に引っ掛かっていたが、これは偶然だろう。大きさは直径約18センチ。尺の半分の5寸サイズになる。残念ながらヘソは無記名。網掛けのロープが白くて新しいように見えるけれど、これは塗料が塗ってあるため。おそらく付着生物を防ぐための加工だろう。これまで拾ってきた硝子浮きは全てこれ以下のサイズなので、見つけた時はちょっと興奮した。しかし冷静になって考えると、けっこう置き場所に困るもの。このサイズなら何とかなるけど、尺玉とか見つけたら正直悩むだろうな。いや、もちろん拾いますけどね(笑)



        

コメント
from: ろっかく   2016/09/19 3:29 PM
尺玉見つけた時、運びましたけどズッシリ重くて大変でした。庭に鎮座しています。五寸は運びやすそうだけど、やっぱり小さなものが良いですね。
from: 渚の探偵:助手   2016/09/19 10:34 PM
5寸玉、おめでとうございます!
きれいに網掛されていて、すごくいい雰囲気ですね〜
from: hana-ikada   2016/09/20 12:20 AM
素敵なガラス玉、おめでとうございます。画像では親分みたいに貫禄がありますね。
きれいでしっかり網掛けされて、持ち運びしやすそうです。
複雑な岩場なのに無傷で運が良いですね。
from: GAN   2016/09/20 9:50 PM
こんばんはー、そしておめでとうございます!(^^)!
網がかかった状態のガラス浮が打ちあがるのですね〜。私は小玉を結構拾っていますが、すべてガラスのみの状態…なので飾り用に紐で適当に編んだ網に入れて飾っています。
尺玉は…ビーチコではなくアンティークで譲り受けたものですが、1個でも十分な迫力、そして部屋の一角を占領してます…(苦笑)
from: 尚 nao.   2016/09/20 11:02 PM
ろっかくさん。

尺玉はやっぱり置き場所が問題ですね〜。
実家なら庭があるのですが、ここはマンションなので…。
やはり小さめのものが好きです。
from: 尚 nao.   2016/09/20 11:03 PM
渚の探偵:助手さん。

ありがとうございます。
尺玉もまだですが、このサイズも初めてで良かったです。
網掛けもホントきれいで、硝子の色も澄んでいてきれいなんですよ。
滅多にないことなので、嬉しいですね。
from: 尚 nao.   2016/09/20 11:05 PM
hana-ikadaさん。

ありがとうございます。
ホント岩場の奥の奥で、よくぞ無事だったな〜と言う感じです。
網掛けされて、その上の引っかけループも残っていて
大きさ的にも持ち運びやすくて、なかなかラッキーでした(笑)
from: 尚 nao.   2016/09/20 11:08 PM
GANさん。

ありがとうございます。
僕も網掛けされたものは初めてですね。これまでは小さいものばかりでしたし。
自分で網掛けするのは、手先が不器用なのできっと上手くできません(笑)
尺玉は昔、沖縄の海岸で出会ったことがありましたが、その頃はあまり硝子浮きに執着もなく
持ち運び、持ち帰りに困りそうなので置いてきました〜。
from: とーま   2016/09/21 7:10 AM
おお、綺麗な網掛け……。
何とも爽やかな色合いの浮き玉ですねー。
海岸を歩き始めて6年になりますが、実はいまだにひとつも拾ったことがありません。
いつか俺もこんな素敵な硝子浮きに出会いたいものです。
from: 尚 nao.   2016/09/21 2:54 PM
とーまさん。

はい、とっても澄んだ水色の硝子で、白い網掛けもよく映えます。
硝子浮き、地元ではなかなか出会えませんよね。
僕も拾ったのは沖縄や外房などで、地元では2個くらいかな。
まったく可能性がない訳じゃありませんが、けっこうハードルは高めです。
硝子浮き狙いなら遠征する方が良いかもしれません。
from: sato   2016/09/21 8:55 PM
おめでとうございます。
海や空の色を映したような淡いブルーがとても綺麗ですね〜♪
先日は、お決まりの電球を見つめつつ、自分で自分を慰めて来ました(笑)
from: 尚 nao.   2016/09/22 11:52 AM
satoさん。

ありがとうございます。
この日は良い天気で強烈な陽射しでしたから、余計に硝子のきれいさが際だったように思います。
電球に騙されるというか、淡い期待を抱いたけどやっぱり…って多いですね。
こちらでも硝子浮きに会えるのは数年に一度あるかどうか。
やはり諦めずに歩き続けるしかないようです。
from: arisuabu   2016/09/22 10:12 PM
コメント遅くなりましたが、素敵なガラス玉と出合われたのですね♪
そのサイズはこちらでビーチコしていても、滅多にお目にかかりません。
また、網に塗料が塗ってあるというのも珍しいと思いました。
そういった処理がされている網は、見たことがありません。
これに網掛けした漁師さんは、よほど大事に使おうと思っていたのかもしれませんね。
from: むれ子   2016/09/22 10:33 PM
いーなー。
私ガラス浮きにはもう何年もお目にかかってないよ。
裏山鹿〜。
from: Shige   2016/09/23 11:14 PM
おお、よいサイズだね〜!!
尺サイズ(やや小さい緑玉も含め)、拾えるんだけど、置き場なんだよね。庭に転がしてあるわ。
これだとちょうど網がけもしてあるので、天井の梁にフックでも付け、ぶら下げるのには良いサイズだね〜!!
これならオレも持ち帰るな。尺だと、置いてくるかも・・・特に緑玉!
from: 尚 nao.   2016/09/23 11:28 PM
arisuabuさん。

今までは小さいものばかりだったので、これを見つけた時は「おおっ!」となりました。
硝子浮き天国のようなそちらでも拾えないとは、このサイズは案外と少ないんですね。
そうなんです、網掛けロープの塗料、珍しいなと思いました。
最初はあまりに白いロープなので、装飾用に使われていた硝子浮きかと思ったくらい。
このサイズで付着物がつくと、海面でも目立たなくなりそうですから
いろいろと工夫されていたんでしょうね(流されましたが 笑)
from: 尚 nao.   2016/09/23 11:30 PM
むれちゃん。

いやいやいや、硝子浮きとアンモナイトなら、アンモナイトの方がいいや〜(笑)
しかし、南房も枯れてきたよね。まあ通い出して10年は経ってるし
ほかのビーチコーマーさんも多いから仕方ないけどね。
from: 尚 nao.   2016/09/23 11:32 PM
Shigeさん。

はい、いいサイズでした〜!
尺玉の漂着は沖縄以外では出会ってません。漁具置き場放置のものは見てますが(笑)
尺玉は確かに置き場に困りますよね。気持ちはとてもわかります。
でも初物はきっと持ち帰るだろうな〜。
今の部屋には置き場所がないので、実家の庭行き…という感じですが(笑)
from: kin   2016/10/01 5:58 PM
ていねいな網掛けのされたきれいなガラス浮きですね。18センチサイズ、うちに飾るならそれくらいがちょうどいいですよね^^
from: よ〜かん   2016/10/01 10:11 PM
いやあ、羨ましいです。ガラス浮きも青い貝も。
どちらも未だに一度もお目にかかれていないんですよね。
どちらも正に「漂着する」タイプの漂着物ですけど、ウキモノとは縁がないんですね(..)
from: 尚 nao.   2016/10/02 8:45 PM
kinさん。

はい、立派な網掛けです。こういうの自分では絶対無理なんで
最初から網掛けしてあって助かります(笑)
大きさも程良いです。尺玉は出会いたいですが、邪魔になりそうで…。
from: 尚 nao.   2016/10/02 8:51 PM
よ〜かんさん。

ガラス浮きはハードル高いですね。
でも青い貝は海に通っていれば、出会う機会はありますよ。
まあ時間がなかなか都合つかないとは思いますが
強い南風が吹いたら、なんとかして海に行く…というのが必要ですね。
鎌倉の材木座産貝類のzaimokuza77さんは基本週末だけで
かなりの青い貝を拾ってられます。茶色い貝だって。
やはり通うしかないんでしょうね。
from: ことまる   2016/10/08 10:45 PM
きれいです、おめでとうございます!!!
網にエボシガイも付いてないので臭わないし、何より美しい。。最高です。
from: 尚 nao.   2016/10/09 12:53 AM
ことまるさん。

ありがとうございます。
状態がすごく良かったです。そうそう汚れもほとんどなくて、簡単に水洗いしただけです。
網掛けも自分では絶対にできないので、とてもラッキーでした(笑)
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.