hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
夏の忘れ物…16’初瑠璃
       
         

観測史上初めて東北太平洋側に上陸し、各地に爪痕を残した迷走台風10号。台風のルート的に、関東接近時は風が北寄りだったのだが、台風が北へ向かった30日の夕方からは吹き戻しの、やや強めの南風が吹き始めた。南風は翌31日も吹き続けたので、その日の夕方、そろそろ頃合いかと思って海岸に行ってみた。予想通り、鎌倉・材木座海岸はギンカクラゲ祭だった。相当な数、おそらく数百レベルで揚がっていたのだが、写真の通りほとんどが“銀貨”状態で、新鮮なものは全体の5分の1以下だったろうか。カツオノエボシは1個体のみ。エボシもんは、主に軽石に付着したものが、そこそこの数漂着していた。青いクラゲがいるなら、当然青い貝も期待するよね。しかし、何だか渋い…。


             

日没前後のおよそ1時間半、じっくりと探し歩いた結果、見つかったのはルリガイ1個だけ。茶色いのとか期待したんだけど、そんなに甘くはないね。アオミノウミウシもオキナガレガニにも会えなかったし、種子もなし。でも、8月の最後の日の、まさに日が沈むその一時に、1つだけルリガイに出会うというのも、何だかセンチメンタルな感じじゃない?(笑)


        
        

拾ったルリガイはなかなかのサイズ。割れ欠けもなくいい状態だ。平日のそんな時間でも、海で遊ぶ人やイヌの散歩の人が多く、しかも満潮近くで人の歩けるエリアも狭かったから、よくぞ踏まれずにいてくれた!という感じ。泡の筏には、卵囊もついていた。子孫を残せなかったのは残念だけど、せめて君の貝殻は大切にするよ。


コメント
from: ろっかく   2016/09/01 9:10 PM
期待しますよね!このルリガイ、貴重な一個ですね。日中は暑いけど風は秋を感じます。さよなら夏の日ですね(^-^)
from: hiyoco   2016/09/02 11:50 AM
材木座のギンカクラゲの数は半端なかったんですね!すごい〜。これだけクラゲがいるのにルリガイ1個ってのが逆に不思議です。
欠けのない大きめのルリガイ。大量漂着だとつい雑になってしまいますが、1個だけだとお姫様扱いですね。
from: arisuabu   2016/09/02 7:55 PM
初瑠璃、ドラマチックな出合いでしたね〜。
こちらは先日、初めてシナアブラギリを拾いました。
他にも南のモノが来ていないかと探しましたが、残念ながら見つからず・・・。
今週末も探します!
from: 尚 nao.   2016/09/02 10:38 PM
ろっかくさん。

思えば8月もあっと言う間に過ぎ去ってしまいました。
南の漂着物はかなり少なめな感じがしていますが、このルリガイは本当に貴重です。
でも、秋と一緒にもっと漂着物に来てほしいですけどね〜(笑)
from: 尚 nao.   2016/09/02 10:41 PM
hiyocoさん。

材木座のギンカクラゲ、本当にすごかったです。
写真はほんの一部、これがずっと続いているような感じでした。
それにしても、南のものは来ていませんね〜。
実は昨日、葉山の一色海岸などを見て、ルリガイ7個、アサガオガイ極小1個、ヒメルリガイ極小1個を拾いました。
でも、やっぱり種子など南方系のものは全然なくて、
沖の方に以前から残っていたものが、わずかに寄ったと言う感じですね。
from: 尚 nao.   2016/09/02 10:44 PM
arisuabuさん。

自分的にはドラマチックな感じな感じでもありましたが
まだギリギリ営業している海の家の前、海水浴ではしゃぐ若者や恋人たちの間、
1人下を、打ち上げ物を見ながら歩いているのは、けっこう変な感じだったかも(笑)
今年は、神奈川に関しては南ものは少ない感じです。
この後に報告しますが、千葉では少し種子類が来ていましたので
まったく来ていない訳ではないようですけどね〜。
from: sato   2016/09/04 8:39 PM
いつもは黒くて丸いものに騙されていますが、
昨日は白くて丸いものがどれもギンカクラゲに見えて困りました(笑)
この続きも楽しみです♪
from: Shige   2016/09/04 9:07 PM
お見事!!ちゃんと風向きで読まれてますね。
オレも読んではいるのですが、つい暑さにヘタ張り、行かずじまい・・・ってことが多いのです。何せうちから伊良湖岬までは高速使っても2時間半ですから。暑い中往復5時間は考えてしまいます。
from: 尚 nao.   2016/09/04 11:22 PM
satoさん。

黒いものや白いものには騙されますよ〜。
ギンカクラゲの場合は、王冠キャップ裏の丸い樹脂とか(笑)
この日はもう間違えようのないくらいの数でしたけどね。
ただ、記事のように銀貨の数に比べて…という結果でした。
from: 尚 nao.   2016/09/04 11:27 PM
Shigeさん。

このところ南風も弱く、台風が来てもずっと北風でしたし、かすかな期待を込めて…という感じでした。
でも日中は暑いですし、人も多いでしょうから、ついつい気持ちが萎え気味になります。
でも、こちらはとりあえず海まで十数分程度ですから、何とか気持ちを奮い立たせて行って来ました。
さすがに日が沈むと薄暗くて、漂着物の間なんて見えませんけどね〜(笑)
from: kin   2016/09/05 5:23 PM
おお!来ていますねーおめでとうございます。こちらもこれからシーズン、去年は会えなかった青い貝たち、ことしは来てほしいです^^
from: 渚の探偵:助手   2016/09/06 9:53 PM
今シーズンは、6月に高知で見かけただけで、地元では青貝の姿を全く見ることはありませんでしたが、今朝ようやく地元でルリガイを拾うことができました。
やっぱり台風の強い風が吹かないとダメみたいです。(^^;)
from: 尚 nao.   2016/09/07 12:37 AM
kinさん。

やっと、やっと…という感じで来てくれました。
夏場はほとんど海に行けませんし、こちらは10月くらいまでですが
もう少し楽しませてほしいものです。
from: 尚 nao.   2016/09/07 12:40 AM
渚の探偵:助手さん。

いや〜こちらも今年はサッパリな感じでしたけど、やっと来てくれました。
まあ昨年、散々拾ったのですが、それでもやはり毎年来てくれないと寂しいですよね。
台風は困りものですが、やはり来ないと漂着物は残念な感じですね。
from: ことまる   2016/10/08 10:41 PM
こんなに一杯ギンカクラゲが上がるのですね。。。
ルリガイおめでとうございます。
こちらの浜と違って人の出も多い中、踏まれずに出会えてよかった!!
from: 尚 nao.   2016/10/09 12:50 AM
ことまるさん。

この量はちょっと驚きでした。今まででも最多レベルだと思います。
ただ、ほとんどが銀貨のみ。新鮮な個体が少ない状況でした。
ルリガイ、踏まれずに良かったです。
昨年の大量漂着の時は、踏まれてしまったものも多くありました。
白状すると実は自分も1個、踏んでしまいましたとさ(爆)
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.