<< あなたの足の下に… | main | 夏の忘れ物…16’初瑠璃 >>
2016.08.23 Tuesday

三角法螺 mitsukadobora



        

春に西表島で拾ってきた貝。自分用に拾った貝殻は3つだけで、その中の1つだ。海岸のちょうど波打ち際に転がっていた。この手の巻き貝を海岸で拾うと大抵はヤドカリがお住まいになっているのに、これは珍しく“空き家”。見た目も新鮮な感じだったのでお持ち帰りした。名前はミツカドボラ。特に珍しい種類ではないようだけど、ネットなどで出てくる写真のものは、表面に石灰質が付着しているものが多く、今回のもののように“地肌”が出ているのは少なかった。確かにこの見た目は大事で、これが石灰質の付着したものだったら、持ち帰らなかったかもしれない(笑) 名前の「三角」は、貝殻の背側に大きな張り出しがあり、殻口外唇と体層の肩の張り出しと合わせて、3つの角があると見立てたものだ。殻口の内側は淡く桃色に染まっていて、なかなか美しい。ちょっとした手土産としては上等だね。


         
コメント
はい、沖縄の貝、拾い上げると誰かの宿になってるのが多いんだよね〜!!
あまり貝は拾わないけど、ちょっとキレイなのに入ってると・・・ですね。(笑)


  • Shige
  • 2016.08.25 Thursday 18:37
Shigeさん。

沖縄での貝拾いは、言ってしまえばヤドカリとの戦いですね(笑)
どんなに注意していても、小さい個体、分不相応に大きな貝殻に入っているヤツを見逃してしまい
家に帰ったころに、何とも言えない臭いを発している…ということになります。
あれは辛いです。
  • 尚 nao.
  • 2016.08.29 Monday 18:01
コメントする








 
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM