hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
いまさら鎌倉青磁(16/4〜5月)
            

鎌倉の中国青磁片を拾い始めて2シーズン目。昨季は小さいながらも蓮弁模様がわかるものなどが出ていたが、今季はどうもパッとしない。数はそこそこ出ているものの、どれも小さいし模様もほとんどわからないものばかり。ちょっとフラストレーションが溜まる状況で迎えた4月…。西表ロスの風邪引きから回復した初旬のある日。出たっ!出たよ。見事な大きさの龍泉窯系青磁片。写真ではわかりにくいけど、表面には蓮弁の筋も浮き出ている。


              
        

興奮覚めやらぬまま、ほんの数メートル歩くと、また出た! 今度のものは器の縁の部分で、見事に蓮弁の先端が見えている。色はオリーブ色だけど、これも青磁。土の色は褐色みがあり、土が灰色みの強い他の青磁片と違いがあるので龍泉窯かどうかはわからない。ただ気泡の入り方は似ているので、同じような時代のものだとは思う。この日の2つはどちらも碗だろう。こんな見事な青磁片はもちろん初めてだし、今まで拾った中で最大のはず。これは本当に嬉しかった〜。


        
        

さて4月の別の日のもの(2回分)。上は大きさこそ小さいものの、篦文様がはっきりと出た同安窯系の青磁片。中央に窯傷らしきものがあるが表面に擦れもなく、小さい中に筋と点がどちらも入ってお得な感じ。下はまた別の日。もの的には普通だけど、珍しく滑川河口で3つも拾えた。下は4月分の集合写真。最初の2つの大きさが目立つね。


        

             さて今回は一気に5月分も行っちゃいましょう。5月は2回分。


        

最初の1回分は1個だけで、一番長い辺でも25ミリの小さいもの。でもパッと見た瞬間に、かなり質の良いものだとわかるくらい青磁釉はピカピカで色もいい感じ。龍泉窯の典型作品の1つに双魚紋の皿(盤)があるけれど、それがちょうどこの破片のような幅広い縁をしている。あるいは…?(双魚紋部分の陶片も拾ってみたい!)


        
             

そしてもう1回分。この日もいいものが出た。小さいながらも蓮弁の先端が見えている青磁片。これは龍泉窯系か。小さくても、これは嬉しいんだよね。そして4月に拾ったオリーブ青磁に似た色みのものが再び出た。似ているけれど、比べると釉薬(の発色)も土の色も微妙に違う。でも同系統のものには違いないと思う。こちらも表面には蓮弁の筋模様がふんわり浮き出ているし、大きさもまあまあ。3月の嘆きが海神に届いたのか、4〜5月はかなり充実した青磁拾いができた。さて、とりあえず今季の青磁拾いはここで一旦終了。夏期はお休みしてまた秋以降に再開するよ。


最後に、今回のこの記事を陶片狂いだった我が心の師匠に捧げます。
陶片愛、みんなでしっかり受け継いでいきましょう。


コメント
from: とーま   2016/05/27 3:23 AM
おお、素晴らしい!
蓮弁模様がこんなにはっきり出ているものを拾ってしまったら、これはもうたまらないでしょうねー!
擦れも少なく、数百年の時が経っているとは思えないほどの良い状態……。
写真を拝見しているとわくわくしてきて、今すぐ鎌倉に飛んで行きたくなります。
何せ徳島の海では、知っている限りで龍泉窯系がひとつ、同安窯系がひとつ拾われているにすぎません。
自分で拾えるのはいつの日になるのやら。

陶片狂様のHPには右も左も分からなかった頃から今の今まで、ずっとずっとお世話になってきました。
微力ながら、陶片愛を受け継ぎ、伝えていけたらと思います。
from: 尚 nao.   2016/05/27 11:54 PM
とーまさん。

この4〜5月は自分でも“やったぞ!”という満足感のある月でしたね。
鎌倉の青磁は戦前から研究者や愛好家に拾われていたものなのに、未だにこんなものが出るなんて
いったいどれだけの量が輸入されていたのか、想像をちょっと超えています。
とーまさんも機会があればぜひお越しください。

ビーチコーマーでも陶片拾いの方はやや少数派のようですし
陶片愛をもっともっと広めていきたいですね。
from: sato   2016/05/29 9:26 PM
大きな青磁片も素晴らしいし、5月最初の青磁片もうっとりするほど綺麗な色ですね〜!!
是非、双魚紋も出て来て欲しいですね♪

とーまさんと同じく、陶片狂さんにはお世話になる一方でした。
そして陶片愛に満ちた陶片狂さんの世界が大好きでした。
今は未だ集めるだけで終わってしまっていますが、いつの日か少しでも近づけるよう
皆さんとご一緒出来たらと願っています。





from: 尚 nao.   2016/05/29 11:49 PM
satoさん。

ホントこの春は良いものが出ました。
鎌倉はやや遠浅で波も穏やかなので、砂に埋もれていると状態がよいまま残るのでしょうね。
双魚紋、それに高麗青磁の鶴紋とか、出てほしいですね〜。

陶片拾いも、僕の場合はかなり偏っていますし
、拾っても拾いっぱなし。
浜辺の達人さんや陶片狂さんの域にはとても到達できませんが
とにかく皆さんと陶片について楽しく語り合うことは続けていきたいです。
from: あかずきん   2016/05/30 10:37 AM
大きな陶片ですね〜
オリーブ色、この大きさに出会う事自体奇跡です^^
高麗青磁?油壷の色に似ている?
バリエーション豊かですね〜

何時の日か達人さんや陶片狂さんにお会いするまでに
沢山拾っておきたいのでせっせと出掛けます。
from: 尚 nao.   2016/05/30 11:44 PM
あかずきんさん。

4〜5月はいいサイズが出ました。いつもはホント小さいのしか出ないんで、奇跡的です。
オリーブ色のは中国青磁だと思います。高麗青磁にもオリーブ系がありますが
高麗青磁は、中国青磁とはまたちょっと違う雰囲気なんですよね。
まあ出るものも鎌倉から室町くらいまで時差があるでしょうし、バリエーションは多いです。

そちらの陶片の多さはすごいですよね。海上がりの染付を拾いに行きたいです。
ブログでも盛り上げていきましょう!
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.