hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
西表島の拾いもの・modama
           
        

西表島と言えばやっぱりモダマ。まだうら若き●十年前に初めて西表島を訪れた際にその存在を知り、その何年か後に葉山で拾って漂着種子に入れ込む切っ掛けとなった植物種子だ。今回は2カ所の海岸で合計6個(1つは莢入り)拾うことができた。タイプ的には西表島に自生するのと同じヒメモダマ・タイプ。島内から流出したものの可能性もあるけれど、島内で果実が実る時期ではないから、海外から漂着したものである可能性が高いかな?


     

今回大きなものは右下と左上のもので、長径が45ミリ。小さなものは中下のもので長径35ミリ。莢に入ったものは莢が閉じているので取り出していない。モダマの莢は、初めに緑色の表皮が剥け、その後に残った茶色い莢が、個別にバラバラになって散布される。個別の莢はすぐに開いて豆だけで漂流することが多いけれど、自生地近くではこうした莢入りもよく見かけるよ。今回はいいサンプルなので、このまま保管するつもり。ちなみに、予告編に載せた波打ち際のモダマは、中身抜けの空っぽ、抜け殻だった(笑)


          
          

モダマは海流散布植物の1つに挙げられていて、実際に漂着種子から育ったと思われる株も見かけるけれど、本来の自生環境は山間の渓流沿い。そんな場所に一歩足を踏み入れると、立派なモダマの蔓があちこちに伸びているよ。夏の頃なら頭上にモダマの莢を見ることもできるはずだ。



「見てみたい」というご希望が多かった、実際に実っているモダマの写真を追加しておきます。10個くらいの莢が下がってるのだけど、このサイズにしてしまうとよくわからなかった(苦笑)


        
コメント
from: ろっかく   2016/03/31 8:47 PM
お〜!さすが南の島、見ごたえあります!こちらでの何年分も拾えそうですね。
from: arisuabu   2016/03/31 8:57 PM
莢入りが見つかるなんて、さすが自生地ですね。
高校の時、通学途中にある花屋に稀にモダマの莢が売られていて、良いな〜と横目で見ながら通り過ぎていました。
今思えば、本当に買っておけば良かったかもです。
from: sato   2016/04/01 1:03 PM
こちらでは5年で1個だけなので、30年分です(笑)
莢の仕組みも面白いですね。何かの弾みで切断されたのかと思っていました^^
蔓も迫力がありますね〜!
from: ふじねこ   2016/04/01 10:46 PM
莢が垂れているの、本物をいつかみてみたいですね〜。
そして、モダマだけではなく、貝もいろいろありそうで、浜をずっとウロウロしたいかもしれません・・。
from: 尚 nao.   2016/04/01 11:03 PM
ろっかくさん。

こちらでは1年に1個拾えるかどうかですから、ざっと6年分ってことになりますね(笑)
時期的には漂着ピークを過ぎてますし、島の人でも拾う人がいるのですが
他にもちょっと拾うことができました。
from: 尚 nao.   2016/04/01 11:08 PM
arisuabuさん。

モダマ莢、昔、西表島でもらったものを2つ持っています。
それぞれに8個くらいずつ豆が入っていますが、これはさすがにバラせません。
でも、莢入りモダマ、やっぱりほしくなっちゃいますよね!(笑)

from: 尚 nao.   2016/04/01 11:11 PM
satoさん。

豆が実るシーズンに行けば、きっともっと拾えると思います。
昔はもっとたくさん拾って帰ってきたこともあります。
最近は島の人もけっこう拾うんですよね。
飲食店に入ると漂着種子が飾ってあったり、お土産で売られていたり。
from: 尚 nao.   2016/04/01 11:15 PM
ふじねこさん。

実際に蔓から莢が垂れている写真は昔撮っているのですが
今回は、今回の写真だけで…と思って載せませんでした。でもいつか機会があれば紹介しますね。
西表島の海岸はおもしろいですよ。ホント時間があるだけウロウロしちゃいます。
ただ、島の周りに干潟が多いので、意外と貝は拾いにくいかもしれません。
from: よ〜かん   2016/04/03 12:14 AM
西表島、行ってみたいです!
日本百選の滝を少しずつ巡っていまして、ここにもあるんですよね・・・
海豆は全くといっていい程縁が無く、小さ目のを二つ程しか見つけたことが
ありません。流石本場、写真だけでもワクワクします。
from: 尚 nao.   2016/04/04 6:48 PM
よ〜かんさん。

西表島、ぜひお薦めしますよ。
日本の滝百選については詳しく知りませんが、比較的大きな滝が3つあります。
海豆類は神奈川ではやはり、かなりのレアものです。
1年に1〜2個出会えたらいい方ですね。
その点でも、西表はまあ期待を裏切りません。
その分、こちらの欲も大きくなってしまいますが(笑)
from: あかずきん   2016/04/05 8:00 PM
南の島にはモダマが・・・ある所には何気に落ちてる^^
素敵な旅ですね〜
沢山の収穫おめでとうございます♪

莢が下がっている姿見て見たいです^^
from: 尚 nao.   2016/04/06 10:37 PM
あかずきんさん。

南の島にはやっぱりモダマがありますね!
とは言え、西表島は自生種がありますから、他よりも確率が高いです。
時期が良ければもっと拾えると思いますが、まあ今回は十分でしょう。

モダマの成ってる写真、みんな見てみたいようですね。
古い写真、引っ張り出しましょうか?
from: 渚の探偵:助手   2016/04/07 9:54 PM
モダマの蔓って、すごく力強い感じですね!
これだけ大きくなるのに、どれくらいかかっているのでしょう?

西表島はヒメモダマが多いんですね。
こちらに漂着するモダマは、ヒメモダマは少なくアツミモダマが多いです。
from: hana-ikada   2016/04/15 5:14 PM
漂着モダマの故郷、親木の様子に感動しました。
長い莢はホームセンターなどで売っているのを見かけた時期もありましたが、
こうして多数ぶら下がっているんですね〜とてもワイルド!
from: 尚 nao.   2016/04/15 11:21 PM
hana-ikadaさん。

西表は、渓流沿いに少し山側に入ると、モダマの蔓だらけです。
実が成っている写真は、昔ちょうど夏に行ったときに撮影したものですが
なっているのがけっこう頭上高くなので、あれが精一杯でした。
地面に落ちている種子もあったのですが、なぜか写真取り忘れてます(苦笑)
from: あかずきん   2016/04/16 12:19 AM
ありがとうございます!!
こんなに大きな木、真近で眺めたら迫力満点です
モダマの長い旅はこんな風に始るのですね〜
感動です&#128166;
from: 尚 nao.   2016/04/16 12:01 PM
あかずきんさん。

そちらは地震、大丈夫ですか? 夜中のはそちらでもかなり揺れたのでは?

モダマの写真、喜んでもらえて幸いです。
やはり漂着種子だけでなく、なっているのを見るのはおもしろいですよね。
この光景、また自分でも見に行きたいと思っています。
from: Shige   2016/04/23 8:05 PM
おお、現地撮影イロイロ!!
見た感じですが、ケースに入ったものや、表面に茶色の粉がふいたようなものは、ローカルドリフトだと思います。地表に落ちても、しばらく水際にたどり着けないこともありますからね。

やはり本場はいいですね。

from: 尚 nao.   2016/04/25 2:31 AM
Shigeさん。

そうですね。鞘入りはローカルです。きっと。あれは長期漂流できませんからね。
茶色の粉のヤツは、鞘入り、でも開封していたヤツのものだと思います。
(ブログに書いてませんが)
from: ことまる   2016/04/30 8:52 PM
随分と遅れてしまいましたが・・
西表島素晴らしいです。
モダマの木、凄いですね〜!
ここから長い旅が始まるのですね。
from: 尚 nao.   2016/05/01 10:25 PM
ことまるさん。

ありがとうございます。
西表島、海好き、山好き、拾いもの好き、誰にとっても楽しい島ですよ。
行くのがちょっと時間かかりますけど、大阪からピーチを使うと石垣まで安くこられるそうです。

モダマすごいです。
でもリーディ・タイプなんかはもっと南から来るんですよね。
それを考えると漂着種子ってほんとすごいです。
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.