<< 灯台とツグっち | main | 三角法螺 mitsukadobora >>
2016.08.13 Saturday

あなたの足の下に…

          

今は夏、海水浴シーズンまっただ中! 老若男女が歩き回るその砂浜に、おもしろい拾いものが隠れていることを知っている人は少ないはず。そのおもしろい拾いものとは、有孔虫だ。と言われても…と戸惑っている人がほとんどだと思うけれど、有孔虫とは石灰質の殻を持つアメーバ様の原生動物のこと。化石としてはかなり知られていて、示準化石(その化石が含まれる地層が堆積した年代を示す)や示相化石(その化石が含まれる地層の堆積環境を示す)として重要になっている。大昔の海中にその殻が大量に沈殿して、今の石灰岩の元になっていたりもするのだ。もちろん有孔虫は現代にもたくさん生息していて、日夜その殻が海底に沈殿している。その殻を拾っちゃおう!という訳だ。


          

方法は簡単。海岸に行って、フィルムケース1杯ほどの砂を持ち帰ってくるだけでOK。ただし、なるべく大きな川が近くにない海岸で、あまり人に踏まれたりしていない場所(波打ち際近くを少し掘るといい)で採集するのがポイントだ。持ち帰った砂はよく乾かして、あとはひたすらルーペを覗いて探すだけ。ルーペは10倍前後の倍率がほしい。写真のものはフィルムのチェック用に使っていたもの。かなり根気の要る作業だけど、顕微鏡を持っていれば少しは楽になるはず。


        
        

海岸の砂から見つかる有孔虫の殻の大きさは、ほとんど1ミリに満たず、むしろ0.5ミリ以下のものが多い。でも微細な砂粒の中に、貝殻とはまた違う、明らかに生きものが生み出した造形物を見つけると、かなり興奮する。しかも、種類も1つだけでなく、形や模様の違うものが複数見つかるのだ。写真の矢印を付けた先に有孔虫があるのだけど、わかるかな〜?


        
        
        

さらに拡大して撮影したのもの3種類。もっとくっきり撮りたかったけれど、うちのルーペとコンデジではこれが精一杯。それでも種類の違いがはっきりわかるでしょう? しかも、1枚目のとか、けっこうきれいだったりする。ちなみに3枚目の右に写っているのは、爪楊枝の先端だよ。つまり、爪楊枝の先端が平らに見えるくらい拡大して見ているってこと。


        
        

有孔虫で一般に知られているのは、あの沖縄のお土産として瓶詰めとかで売られている「星の砂」だ。星の砂には主に2種類あって、本当に星形をしたホシノスナ(写真上で、トゲが鋭く穴がポツポツある方)と、太陽みたいな形のタイヨウノスナ。これでちゃんと生物名なのだ。写真下は今年の春に西表島で採集してきたもの。ほとんど星の「トゲ」の部分が摩耗して丸くなっているけど、砂のほぼ全てが有孔虫の殻でできている。また違う種類の有孔虫もけっこう混ざっていて、ルーペを覗いていると本当に楽しくなってしまうよ。ちなみに白い円盤形のはやはり現生有孔虫のゼニイシだ。この記事を見て「おもしろい!」と思ってくれた人は、ぜひ自分でも試してみてね〜。

コメント
有孔虫、こっちでは太平洋側よりも日本海側のほうがなぜか多く見つかります。
尚さんはルーペで観察されるのですか、すごいなぁ。

オレは実体顕微鏡が無いと見えません。(笑)

  • Shige
  • 2016.08.13 Saturday 20:29
これって鵠沼海岸でも見つかるんでしょうか?なんとなく七里の砂とかの方がありそうな感じがしますが。
  • hiyoco
  • 2016.08.14 Sunday 22:03
小さいモノ好きな私としては挑戦しないわけにはいかないですね。(笑)
以前、仕事で使っていたフィルムチェック用ルーペを引っ張りだしてこないと。
しかし、老眼の目には酷な挑戦かも!?
まあ、どちらにしてももう少し海水浴客が減ってからの事になりそうですが。

  • 海のCM
  • 2016.08.16 Tuesday 00:13
 星の砂・・・拡大すると、お菓子の爐っとっと”みたいですね^^
 なんだかおいしそうです♪
  • ユキ
  • 2016.08.16 Tuesday 23:35
Shigeさん。

レスが遅くなりスミマセンでした。
やはり一番に反応してくれたのはShigeさんでした(笑)
ルーペ、ぎりぎりですね。顕微鏡の方が楽でしょうが、持っていないので…。
日本海側、特に若狭などは大きな川がないのに対して
渥美半島などは木曽三川や浜名湖の影響があるのではないでしょうか。
このネタ元の論文によれば、神奈川では相模川に近いところでは全然見られないそうです。
  • 尚 nao.
  • 2016.08.17 Wednesday 00:44
hiyocoさん。

鵠沼海岸でも大丈夫だと思いますよ。
僕は鎌倉の由比ヶ浜、材木座海岸、葉山の一色海岸の砂で確認しています。
七里ヶ浜もあると思います。
よかったらぜひ探して見てください。
  • 尚 nao.
  • 2016.08.17 Wednesday 00:46
海のCMさん。

ぜひ探して見てください。見つかるとけっこう感動します。
僕も小さいもの好きなんで(笑)
写真で使っているルーペは、フィルムチェック用のPEAKの8倍と15倍ですが
15倍では砂にかなり近づけないとピンが合わないので、使いにくかったです。
  • 尚 nao.
  • 2016.08.17 Wednesday 00:49
ユキさん。

おお、言われて見れば確かによく似ています(笑)
沖縄の竹富島や西表島には「星砂の浜」と呼ばれる浜がありますが
それ以外の浜でもけっこう星砂はあります。
しかも、砂のほとんどが星砂、つまり有孔虫由来という感じです。
砂粒もいろんなものが混ざっていて、けっこう楽しいです。
  • 尚 nao.
  • 2016.08.17 Wednesday 00:51
あ、面白そうです。水晶浜の砂にもいるかなー、今度見てみます。
  • kin
  • 2016.08.23 Tuesday 19:08
kinさん。

Shigeさんのコメントを見ると、そちらは多いようですよ〜。
ちょっと小さいので苦労しますが、ただの砂の中にこんなものが!
という、なかなかの感動が味わえると思います。
  • 尚 nao.
  • 2016.08.23 Tuesday 21:33
先日から何度も拝見していますが・・・
実際に見たいですね
kinさんやみなさんが書かれていますがこちらでも
見付かるのでしょうか?
  • あかずきん
  • 2016.08.24 Wednesday 20:52
まず、手持ちのルーペで見れるかどうかが問題ですけど、
あるとしたら是非探してみたいです♪
拾った漂着物を洗うと、容器の底に結構砂が溜まっていますが、
やはり少し掘った方がよいのですね?
  • sato
  • 2016.08.25 Thursday 06:42
あかずきんさん。

外出が重なったり、週末は体調不良などもあって、レスが遅くなりました。すみません。

有孔虫ですが、どこの海岸でも見つかると思いますよ。
記事にも書きましたが、大きな川が近くにあると
つまり淡水の影響があるとダメなようです。
大きさが大きさなので、かなり大変ではありますが
普段歩かれている海岸の砂を少し持ち帰って探してみてください。
  • 尚 nao.
  • 2016.08.29 Monday 17:55
satoさん。

レスが遅れてすみません。
海岸でも、人が行き来するような場所は、踏まれたり、風化の影響を受けてしまうようです。
なるべく波打ち際の、表面より少し掘った場所の砂が良いようですよ。
虫眼鏡の倍率では難しいですが、
フィルムチェック用や自然観察用のルーペならいけると思います。
  • 尚 nao.
  • 2016.08.29 Monday 17:58
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM