<< まーぶる石蹴り | main | ビリビリっと効きます >>
2015.12.12 Saturday

タコマクちびちびっ!

            

少し前、久しぶりにタコノマクラを拾った。タコノマクラを拾うなんて何年ぶりだろう? ウニ殻サンプルとして必要な分はもうとうの昔に揃えてあるし、最近ではフリーク個体なら拾う…というスタンスだったので、海岸で見かけてもスルー。それがなぜ拾ったかって? 写真を見て気がついた人もいるはず(いや、その前にタイトルでバレバレだ 笑)。


          

そう、2枚目の写真の通り、これがまた久しぶりのチビ個体だったのだ。今回拾ったのは1枚目の写真では下、2枚目の写真では右にある個体で、殻長は37ミリ。ちなみに、もう1つの個体はこの記事のもので、トゲを残した状態で保存していたものの、さすがに8年も経つ間にトゲもポロポロ落ちて来ていたので、今回併せて漂白した。今回のものは殻の幅は前のものとほぼ同じだけど、長さが若干大きかった。でも、タコノマクラの小さい個体はけっこうレアだし、最近はウニでヒットに恵まれていなかったので、なかなか嬉しい拾いものだったよ。



お知らせという名の宣伝と言い訳……海山日和
コメント
タコマク一度は拾ってみたいです。ヒラタサンはよく見かけるけど。小さなタコマク可愛いですね!
  • ろっかく
  • 2015.12.12 Saturday 19:34
う〜ん、食べてしまいたいくらいに可愛いタコマクですね〜(笑)
そろそろシーズンかなと思っていたところでした。
こんな小さいのは無理でも、また見つけて漂白してみたいです♪
  • sato
  • 2015.12.12 Saturday 20:03
ろっかくさん。

そちらではタコノマクラが拾えないのですか?
分布はしていると思いますが、数は少ないのかもしれませんね。
と言っても、こちらでも自然状態で打ち上がることは、かなり珍しいです。
海岸で拾えるものは、ほとんどが刺し網漁に掛かって捨てられたものだと思います。
  • 尚 nao.
  • 2015.12.13 Sunday 18:33
satoさん。

可愛いでしょう?(笑)
タコノマクラの小さい個体は、一頃ウニ好きビーチコーマーの間でも話題になりましたが
本当に“謎”というくらい、見つからないのですよね〜。
以前、どこかのブログかなにかで、これより小さい感じのものを見た記憶がありますが…。
そもそも海岸で見つかるタコノマクラの多くは刺し網漁の漁労屑由来と思われるのですが
極小個体は網の目をすり抜けてしまうのかもしれませんね。
  • 尚 nao.
  • 2015.12.13 Sunday 18:36
やはり刺し網の種類で漁労屑も変わりますね。
日本海側の北陸ではあんまり見ないですね。
無いわけではありませんが。
太平洋側などで、あるところには、捨てられてふつうに転がってますからね。
  • Shige
  • 2015.12.13 Sunday 23:15
Shigeさん。

そうですね。
こちらでタコノマクラが掛かる刺し網は、主にイセエビの網じゃないかと思います。
大抵、年配の漁師さんが1人で小舟でおこなう小規模のものなので
最近はどんどん減っていて、数年前のように漁労屑漁りができなくなってます。
そのうち海岸タコノマクラも激減するかもしれません。
その分、海の中では増えるかもしれませんけどね。
  • 尚 nao.
  • 2015.12.14 Monday 00:45
確かに大きなタコノマクラしか見たことないですね。しかも漁港オンリー。
8年前のものも上手く漂白できたんですね。きれいです。小さなものは殻が薄くてすぐ壊れそうだけど、上手くいってよかったですね〜。
  • hiyoco
  • 2015.12.14 Monday 14:36
hiyocoさん。

そうでしょう? ホント小さいタコノマクラは謎なんです。
8年前のは、実はちょっと汚れというか染みができちゃいました。
ただ、これ以上漂白すると壊れそうだったので…。
タコノマクラは全般、小型個体の方が漂白の祭に壊れやすいですね。
表面の凹凸がくっきりしてくると危ないです。
  • 尚 nao.
  • 2015.12.15 Tuesday 18:02
小さいタコノマクラ、可愛いですね。
地元産のタコマクは「漁師さんの網→生体展示→数か月後昇天(T_T)→学芸員さん経由」で1個手元にありますが、程々大きいです。
2儖焚爾離好シカシパンならビーチコーミングでGET出来たんですが、タコマクは小さい個体はおろか、まず出会えないです。
  • GAN
  • 2015.12.23 Wednesday 21:39
GANさん。

こちらでも、ほとんどのタコノマクラは漁師さんの網から外され、捨てられたものです。
ただ今回のちびは、状況から自然に打ち上がったものと考えています。
2センチ以下のスカシカシパン! これはぜひ拾ってみたいです。
地元ではスカシカシパン自体、漁師さんの網にも掛からないですし
小さいものはまだ一度も見たことがありません。
千葉で拾われている方がいるので、いつかは…と期待はしているのですが。
  • 尚 nao.
  • 2015.12.24 Thursday 10:18
コメントする








 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM