hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
いまさら鎌倉青磁4(5月分)
        

今更「いまさら」の記事を上げる。鎌倉青磁の4回目5月分です。5月は潮が引く時期でほかのポイントに行くことが多くなり、また後半は仕事で動けなくなったので、青磁拾いに出たのは確か1〜2度。なので成果もたったの2つ。でも、そのうちの1つがすごかった。写真1枚目と2枚目右、3枚目のものがそれだ。2枚目左のは今までに紹介してきた中にも同じような雰囲気のものがあった。南宋系のオリーブ色の強い青磁だろう。でももう1つの方は、南宋青磁とは少し雰囲気を異にする。青緑色の感じも違うのだけど、何より特徴的なのはその表面に描かれた文様だ。


          
          

断面部分を見てもらうとわかるのだけど、表面の青磁釉よりも文様の黄色っぽい部分が下に食い込んでいる。つまり象嵌の技法によって文様が描かれているのだ。ネットなどの写真を見る限り、南宋系青磁でこのような象嵌文様を入れたものは出てこない。象嵌文様を特徴とする青磁は、南宋青磁と同じ頃、12世紀以降の高麗青磁らしい。神奈川県立歴史博物館で買ってきた『武家の古都・鎌倉』展示図録にも、鎌倉で出土した象嵌を施した高麗青磁の写真が出ていて、青磁釉や象嵌の色合いも今回の陶片によく似ている。これは鎌倉の海岸陶片としては、南宋青磁よりも珍しいものかもしれない。

さて、この「いまさら鎌倉青磁」も6月以降は一時お休み。また晩秋くらいから再開しようと思います。



生きものが元気な季節!……海山日和
コメント
from: sato   2015/07/24 7:08 PM
お〜!これが仰っていた象嵌青磁ですね!
何が描かれているのでしょう。状態も良くて、やわらかな線が素敵ですね〜♪
先日もいつもの青磁片はありましたが、こちらでは、このタイプはまだ見た事がありません。
秋の青磁シリーズも楽しみにしています^^。
from: 尚 nao.   2015/07/24 10:53 PM
satoさん。

はい!やっと公開です(笑)
大きさもそこそこあって、状態も良好です。文様はなんでしょうね。
花びらのようにも見えますし、植物の植え込みみたいなものを簡略化したようにも見えます。
僕もこのタイプは初めて拾うものだったので嬉しかったです。
青磁シリーズ、細々と続けていきますので、よろしくお願いします。
from: とーま   2015/07/25 9:08 PM
骨董雑誌『目の眼』7月号が折しも高麗青磁特集で、象嵌青磁の美しい写真を堪能したばかりなのですが、なるほどなるほど……!
この色味に象嵌模様、ほんと美しいですねー!
鎌倉はやはり凄いです。
晩秋からのシリーズ再開、俺も楽しみにしてます。
from: あかずきん   2015/07/25 9:09 PM
江戸物の青磁釉たっぷりの陶片は良く目にしますが
高麗や南宋、中国系は博物館のガラスを隔てた物でしかお目にかかれない・・・
なので、万にひとつ拾ったとしても?と思ってガラクタ箱に入れっぱなしかも。。。探してみよう〜

象嵌、文様良いですね〜(すごい)
from: 尚 nao.   2015/07/25 11:13 PM
とーまさん。

高麗青磁については全然知識がなかったのですが(南宋青磁もそう知識がある訳ではないですが…)
こうしていざ手にしてみると、南宋青磁との違いもわかりますし
やはりこの象嵌の文様は魅力がありますね。
高麗青磁は鶴の文様も特徴のようで、鎌倉で拾われている方もいるようです。
またシーズンになったらいろいろ探してみたいです!
from: 尚 nao.   2015/07/25 11:17 PM
あかずきんさん。

江戸の青磁釉、こちらではけっこう貴重です。意外と少ないんですよね。
江戸青磁は大抵は片面のみで(もう片面は染付文様が入っていることが多い)、
断面の色も中国青磁に比べてけっこう白いので見分けがつきます。
そちらでもsatoさんが南宋系青磁を拾われているので、きっと出ると思いますよ。
はっきり高麗青磁とわかるものは今回初めてでしたが、これからも注意したいですね。
from: 陶片狂   2015/07/26 5:51 AM
高麗青磁とは!やはり出ますね、さすがです。象嵌の具合がよく判り、参考になり有難いです。ま、こちらで出てくることはさすがにないかもしれませんけれど。うわ〜、いいですね。
from: 尚 nao.   2015/07/26 11:29 AM
陶片狂さん。

はい、出ました!
何にも文様などがない陶片だと、ちょっと色みが違うな〜で終わっていたかもしれませんが
こうして象嵌がしっかりわかると、参考写真などとも比べることができますし
また断面がうまい具合に象嵌の様子をわかりやすくしてくれています。
海岸で出る数は南宋系に比べて少ないようですが、要チェックですね。
from: richouken   2015/08/11 6:09 PM
裏側はどうなんでしょう。青磁のみですか?
高麗青磁でも南部地域で造られたものかと思いますよ。いいですね。
from: 尚 nao.   2015/08/11 10:29 PM
richoukenさん。

裏側は青磁のみですね。
ただ極薄い線模様と若干の溝のようなものがあります。成形時にできたものかと推測します。
南部地域のものですか。さすが現地にも何度か行かれていてお詳しいですね。
またぜひご教授願います!
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.