hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
春の蜜柑
            

日中に潮がよく引く春から初夏にかけては、ものを拾うには良い季節。以前のようにはものが出なくなったとは言え、既知のポイントは一通り巡回する。まあ違う季節でも巡回するんだけどね(笑)そんなこの春の一発目。干潟の片隅で見事に擬態していたけど見逃さないよ。ものは大好物の子供飲料・みかん水。このブログでは既に何回も登場しているので見飽きたかもしれないけど、これがこのあたりでの定番形なのだ。これまでに「宮脇製」エンボス1本、「大関製」2本、「みかん水」1本(ただし底割れ)、無エンボス1本と、ほぼ同形のものを数本拾っていて、微妙にデザインの違うものも1本拾っている。その一方で一般的にみかん水壜として知られる首長壜は、地元では1本しか拾っていないのだ。今回のものは残念ながら無エンボス。しかも全体に擦れていて状態もあまり良くない。でも、こういうのを見つけた時の胸の高鳴りは堪らないものがあるよね。やっぱり自分は“拾いもの”が大好きなんだなぁ!


               


やっと見られた!……海山日和
コメント
from: ボトルソウドウ   2015/04/10 1:27 PM
これ、なかなか良い感じに擦れていて良いですね〜!
エンボスが無いのが逆にシンプルでいいですよ。
こういうのは陸ではまず拾えないので羨ましいです。
こちらはディギングに加え、最近また色々と購入もしているのでチビチビと紹介していきますね&#9835;
from: gohyakuyendama   2015/04/10 6:04 PM
お邪魔します。
本当に真っ直ぐストレートな瓶なんですね。
こっちでは見掛けないのでやはり地域差なんでしょうか。
良い瓶です。
from: sato   2015/04/10 7:38 PM
これも他のみかん水の壜も、どれも可愛らしいですね!
先日の出張先でも小さな薬瓶が拾えました♪
瓶のレベルは随分違いますけど、見つけたときの気分は多分同じです〜(笑)。
from: ろっかく   2015/04/10 9:09 PM
素敵な壜ですね♪壜を見つけた時のワクワク、ドキドキ、たまらないです(*^^*)
from: 尚 nao.   2015/04/10 10:55 PM
ボトルソウドウさん。

擦れのない美品はもちろん魅力的ですが、こういうのも趣ありますよね。
子供飲料系は大好きなので、やっぱり嬉しいです。
そちらでもきっとニッキ水、みかん水出ると思いますよ〜。
結局ハケの場合、その周辺に子供がいたかどうかにかかってますからね。
もちろん今となってはわかりませんが…。
それでも、ビー玉、おはじきが落ちている場所なら可能性ありですよ。
from: 尚 nao.   2015/04/10 10:57 PM
gohyakuendamaさん。

いらっしゃいませ!
このタイプの壜、ネット…あの有名なディギング・ブログさんでも見たことないです。
おそらく、かなり狭い範囲でのオリジナルなのかと思いますが
数社が同じタイプを出していたようで、なかなか興味深いです。
from: 尚 nao.   2015/04/10 10:59 PM
satoさん。

みかん水に、ニッキ水、どれもデザインが可愛らしいし、おもしろいですよね。
最近は古い壜に出会う機会が減ってきているので、こういう出会いは本当に嬉しいです。
そちらでも壜が出て良かったですね。
たぶん江戸陶片ではなく、近代陶片ばかりの場所なら、もっと壜に出会うかも?(笑)
from: 尚 nao.   2015/04/10 11:01 PM
ろっかくさん。

古い壜、陶磁器、海豆、貝……見つけると何でも嬉しいんですけどね!(笑)
やっぱり、このワクワク、ドキドキがあるからビーチコーマーは止められませんね〜。
次は何に出会えるかな〜?
from: Shige   2015/04/13 10:00 PM
う〜む!
こんな磯にみかんが!
神奈川、恐るべし!(笑)
from: 尚 nao.   2015/04/14 8:27 PM
Shigeさん。

ここは磯というより干潟の横にある岩の脇という感じです(笑)
恐れられるほどしょっちゅう出てくれるといいのですが
とってもとっても稀にしか出てくれませんね〜。
from: ことまる   2015/04/14 11:35 PM
フクロノリのほうに目が行きました(笑)
磯にこういった瓶が無傷でころっとあるって、感動モノです。
from: 尚 nao.   2015/04/15 12:47 AM
ことまるさん。

この場所は磯ではなく港内の干潟っぽいところなんです。
そこに岩場が残されていて、多分波や風で干潟から転がってきたのでしょう。
水質はちょっと富栄養気味なので、フクロノリやカゴメノリがとても大きくなります。
アオサ類の繁茂、その打ち上げもすごいですよ〜(笑)
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.