hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
戸滑りと戸車
       

写真左側の四角いもの。拾った時にはなんだかわからなかった。ガラス製で、何かの部品のようだけどサッパリ。大きさは長い方が50ミリ、短い方が35ミリ。四角くて片側が丸みを帯びて盛り上がり、その中央は縦に溝になっている。でも、richouken04さんのこの記事を見て正体が判明した。これはガラス製の戸滑り器。要は引き戸の下につけて、戸の動きをよくするためのものだ。通常、こういうものは車輪的なものが使われるのだろう。現在だとその材料は金属とゴム?あるいはプラスチック樹脂のようなものだろうか。ガラス製のこれは、おそらくは陶器製のそれと同じく、戦前の代用品と思われる。一方、右側の円盤形のもの。これは戸車の代用品と思われる。陶器製の戸車はビーチコーミングでもよく見かけるものだけど、ガラス製はこの1点しか見たことがない。円盤の周囲は滑りをよくするためか丸みを帯びていて、両側中央には部品取り付け用のくぼみがある。大きさは直径36ミリ、厚みは8ミリほど。円周部の表面は擦れた跡が残っている。それにしても、このようなものまで代用品を作っていたご時世というのは、今からすると想像もつかない。必要は発明の母というけれど、困窮は発明の母とも言えるのかも…。


          

下の写真は小さいの方の戸滑り器。側面になにやら凸凹がある。最初は製造時にできたシワかと思ったけれど、それにしても変な感じ。なにか絵柄か模様がつけられているようにも思える。でも、それがなにを表しているかはまったく判別できない。皆さんにはなにか見えますか?(まあ、本当にただのシワというオチも考えられますけどね。 笑)



星空を眺めよう!……海山日和
コメント
from: ろっかく   2015/02/21 9:06 PM
花の模様のように見えますが、どうでしょう?それにしても素敵ですね♪風情がありますね~
from: あかずきん   2015/02/22 8:41 PM
そっくりさを以前、骨董市で頂きました^^
手持ちには実用新案とエンボスがあります
&#127754;の文様は無いです&#128166;


from: あかずきん   2015/02/22 8:44 PM
リンクを貼ったつもりが・・・
変なコメントになってしまいました&#128166;

すみません(−−)
from: あかずきん   2015/02/22 8:46 PM
そっくりさを以前、骨董市で頂きました^^
手持ちには実用新案とエンボスがありますが
波の模様は無いです・・・



from: 尚 nao.   2015/02/23 12:01 AM
ろっかくさん。

花とか植物文はありそうですよね。
代用で作られたものですが、今考えるとお洒落というか風情がありますね。
まあ普段は人目につかない部分に使われるものですが。
from: 尚 nao.   2015/02/23 12:04 AM
あかずきんさん。

ネットでは、戸滑り器を紹介しているブログさんもありました。
それによれば「特許」「新案特許」などの文字が入ったものがあるようです。
文字だったらわかりやすかったんですけどね〜。
シワかな模様かな…?
from: sato   2015/02/23 10:56 PM
ガラスでこんなものも作られていたのですね!
しばらくジーっと眺めていたら、下のはウサギ?が人力車みたいな車を引いているように見えました(笑)。
from: 尚 nao.   2015/02/24 12:39 AM
satoさん。

ホント、こんなものまでガラスでって驚かされますね!
なんか割れちゃいそうな気もしますが、案外丈夫なんでしょうか。
模様かシワか、下写真の側面の方は確かに左側部分がウサギっぽいですね。
上写真の側面はバランスの取れた文様に見えるのですけどね〜。
from: 陶片狂   2015/02/24 8:56 AM
戸滑り器や戸車にもガラス製があったのですね。知りませんでした。どの程度作られていたのでしょうね。
from: 尚 nao.   2015/02/24 9:43 PM
陶片狂さん。

戸車はほかで見たことがないので、あくまで個人的な推測ですが
たぶん間違ってはいないと思います。
戸滑り器については、けっこう作られていたような感じがします。
りちょうけんさんのブログのリンクにある「まぼろしチャンネル」にある
「ガラクタ共存記」というブログに、いろんな種類が紹介されていました。
骨董市などで並ぶこともあるかもしれません。
from: Shige   2015/02/27 9:51 PM
戸滑りは以前骨董屋で磁器製のものを見たことがありましたが、ガラスとは・・・でもたしかに滑りは良さそうです。それにしても戸車もガラスとは驚き!日本海では、韓国製のプラ戸車がありますが・・・(笑)

from: 尚 nao.   2015/02/28 6:29 PM
Shigeさん。

陶磁器の戸滑りの方がメジャーな感じに思います。
海岸でも出そうな感じなのですが、今のところはまだ出会っていません。
戸車に関してはあくまで個人的な推測ですが、間違いないように思います。
しかしプラ製というのは使い勝手良いのでしょうかね?
網戸のような軽い戸になら良いのでしょうけれど、
重さのある戸ではすぐに壊れそうな気もします。
from: ユキ   2015/03/17 12:03 AM
 私もガラス製の戸滑りを拾いました〜。
 私が拾ったものも両サイドがうねうねしてます。
 何かの模様というよりは製造過程でできたものかと思いました。
from: 尚 nao.   2015/03/18 1:56 AM
ユキさん。

そちらでも拾われましたか〜?
ガラスの戸滑り、あんまり話題に上がらないんですけど
これって、みんなガラスの破片くらいにしか思わないのかもしれませんね(笑)
横のうねうねは、やっぱり製造時のムラでしょうかね〜。
でも「特許」などの文字入りのもあるようですから、文様入りとかあっても良さそうですよね!
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.