hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
今か昔か、昔か今か
         
         

これからのシーズン、水温が下がってくると、特に南方系の種類を中心に死んで打ち上げられる貝が増える。先シーズンはほとんど行かずに終わったけれど、ここ数年、真冬から早春の南房に出かけて貝を拾うことがある。と言っても自分の好みにはかなり偏りがあるので、いろいろな貝を満遍なく拾うようなことはせず、特定のグループだけを拾うことが多い。その特定のグループの1つがイトカケガイの仲間だ。そして2シーズン前、写真のようなイトカケガイを拾ったのだ。見ての通り、螺塔の巻きが完全に離れている奇妙な形。名前はすぐにわかった。その名もクルイイトカケ。殻長5ミリほどの小さな貝だ。


           

ただこの貝、現生種の分布は紀伊半島以南らしい。もちろん南房なら、南方種の幼生などが漂流してきて偶発的に発生することは多々ある。しかしネットで見ていると、このクルイイトカケと思われる貝の化石を、僕が拾った場所の近隣で採集されている方がいた。時代的には新生代完新世、約1万年前から現在を含む時代で、特に初期は最終氷期が終わって地球が温暖化して今よりも海水面が高く、南房のあたりには大規模なサンゴ礁が発達していた。その一部の化石層は千葉県や館山市の天然記念物に指定されているし、小さな欠片などは海岸で拾うことができる。つまり、このクルイイトカケも当時の地層から洗い出された化石の可能性もあるのだ。現状では現生か化石か判断することはできないけれど、いろいろ想像すると楽しくなるね。しかも、この造形美! 自然にはホントいつも驚かされるよ。
コメント
from: Shige   2016/10/08 9:29 PM
う〜ん、見た感じは現生の感じだけど、どうなんだろうね。化石になるとこんなに小さなものでも透明感が全く無くなるからね。ただ、完新世はどうなんだろう??
from: sato   2016/10/08 11:37 PM
未だ拾ったことのないイトカケガイの仲間。
この形もユニークですね!
これ以上視力が衰えないうちに探し出したいです(笑)
from: hiyoco   2016/10/09 12:39 AM
こんなイトカケがあるんですね!面白い!規則正しいミミズガイかと思いました。
from: 尚 nao.   2016/10/09 12:57 AM
Shigeさん。

状態としてはけっこう悪いんですよね。透明感はないし、時間が経過している感じです。
完新世については僕はよくわかりません。その化石ブログの情報としてそうあった(正確には第四紀)だけです。
たぶん現地露頭の下で堆積土を篩掛けして採集しているのだと思うのですが
化石屋さんですし、有名な地層なので時代的なものはそう外れていないのではと思います。
from: 尚 nao.   2016/10/09 1:00 AM
satoさん。

おもしろい形でしょう? こんなのがあるのは、拾って初めて知りました。
イトカケガイの仲間はイソギンチャクなどに寄生することで知られていますけど
磯の貝溜まりでは見かけることもありますが、かなり少ないです。
僕が拾っているのは、ほとんどがやや内湾ぽい場所の砂浜ですよ。
from: 尚 nao.   2016/10/09 1:02 AM
hiyocoさん。

これ、採集した貝を持ち帰って、ちゃんと見た時に認識したものです。
現地ではまったく認識してませんでしたし、たぶん拾った時はきれいなミミズガイ…
みたいな感じで、何となく拾ったのだと思います(笑)
from: kin   2016/10/09 2:51 PM
こんな形のがあることを初めて知りました・・・自然界の不思議ですねー^^
from: ろっかく   2016/10/09 6:00 PM
おもしろい形ですね。わたしも小さな貝を見つけるのが大変になりました(^-^)化石かどうかもわからないです〜
from: 尚 nao.   2016/10/09 9:26 PM
kinさん。

僕も拾ってみて、初めて存在を知りました〜。
イトカケガイ類は小さな図鑑やネットではよくわからないのですよね。
しかし、どうしてこうなった!? という感じの形ですよね〜(笑)
from: 尚 nao.   2016/10/09 9:27 PM
ろっかくさん。

ホントおもしろい形です。自然の中には不思議が溢れてますね。
小さいもの、フィールドで見つけるのはまだ大丈夫…だと思います。
ただ、この貝もそうでしたが、細かい部分がフィールドでパッと判断できなくなってるかも…。
from: あかずきん   2016/10/09 11:46 PM
デザイン化された「m」っぽくて不思議ですね〜
化石か否か、どちらとしても夢があっていいな^^
やっと涼しくなったのでじっくり貝拾いしたくなります。
from: 尚 nao.   2016/10/10 6:18 PM
あかずきんさん。

デザイン化された「m」。なるほど、そんな感じもしますね〜。
ホントおもしろい形をした貝です。
化石かどうかの真実よりも、あれこれ想像するのが楽しいですよね。

今日は涼しいどころか肌寒い陽気。昨日か一昨日までは晴れの予報だったのに。
これでは吹きさらしの海岸では風邪を引いてしまうかもしれません〜。
from: よ〜かん   2016/10/19 10:44 PM
こんな貝がいるんですね。ほどけたネジガイみたい。
しかし、その気にならなければ絶対に見つけられない大きさですね(笑)
小さくてもこんな精緻な造形。見とれてしまいます。
from: 尚 nao.   2016/10/20 1:42 AM
よ〜かんさん。

おもしろい貝ですよね。そして綺麗です。新鮮な個体はもっと綺麗みたいですね。
拾った時は、とりあえずイトカケガイっぽいものをただ拾う…という感じでした。
なので、正体がわかったのも帰宅後だったのです。さすがに現地で判別するのは難しいかな…。
でも一度拾っているので、次からは現地で判別ができるようになるかも。
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.