hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
銅版転写の湯飲み
       

今回は湯飲み茶碗2つ。どちらも大正〜昭和初期に多く作られた銅版転写の絵付けタイプだ。まず最初のは墨絵を思わせるようなやや青みがかった墨色で、木々を背景にした鹿の姿が描かれている。木は広葉樹なのか針葉樹なのかよくわからない感じだけど、深山に鳴く鹿の雰囲気がよく表現されている。ちょっと花札風でもある。縁が何カ所か欠けてはいるものの状態もまあまあ。仕舞い込んでしまったのでサイズは測っていないけど、通常の湯飲み茶碗よりも少し小振りだ。


         

2つめも上と同様で少し小振りの湯飲み茶碗。特徴なのは多色刷りをしているところだ。ただ多色刷りしていると言えば手が込んでいると思われがちだが、これはもう焼き上がりがとても悪い。釉薬が均等に付いていないようだし、他のものとくっつきそうになっていたのかもしれない。とにかく売り物にするには出来が悪すぎる代物だ。でも昔はそんなものでも流通したんだよね。まあ通常より安価で出ていれば買う人はいるだろうけど…。絵柄は、菊の花に竹、松、四阿のようなものも見える。状態も良好。それにしても、これら2つを拾ったのはもう10年近く前で場所は鎌倉だったと思うけど、その頃はこういうのがよく出たんだよね〜。最近はサッパリ。大きめの陶片すら見ることが少ない感じだ。ただ、たまに染色体文様の湯飲みとか拾われている人がいるので、単に自分に運がないだけかもしれないけどね(笑)



春だから…更新しますよ……海山日和
コメント
from: sato   2015/04/04 8:09 PM
鹿のお湯飲み素敵ですね♪こちらでは見たことの無いタイプです。
小ぶりな器の完品がひとつは欲しいなと前から憧れていますが、中々難しいです。
こちらもその内、少なくなってしまうのかもしれませんね〜。
まだビーチコーミング人口が少ないのだけは助かりますけど^^。
from: Shige   2015/04/04 8:47 PM
銅版転写、かなり長く続いた技法ですね。
親戚が瀬戸方面にいましたので、焼き物工場などでよく遊んでいました。昭和40年代ならまだ銅版転写見ていましたから。
転写紙を器の上にのせ、その上から水を含ませた刷毛で押さえて写し、転写紙を剥がしていましたよ。
from: 尚 nao.   2015/04/04 11:51 PM
satoさん。

こういった湯飲み関係、このブログの初期の頃にはいくつか出ていますが
これらは同じ頃に拾って、写真だけ撮ってアップせずに眠らせていたものです(笑)
銅版転写のこうした湯飲みって、けっこう味わいがあって好きです。
そちらは、これらよりもっと古いものが出ますからね〜。
いつか遠征してやろうと思ってますが(笑)
from: 尚 nao.   2015/04/04 11:53 PM
Shigeさん。

銅版転写、そんな時期まで作られていたんですね。
型紙刷りも細々と昭和初期まで作られていたようですし、
こういったものの時代をはかるのは一筋縄ではいきませんね〜。
焼き物工場とかおもしろそうです。
こういうものに興味を持ってきて、瀬戸など窯業地にも行ってみたくなりました(笑)
from: ことまる   2015/04/05 10:47 AM
こんなにきれいに形が残った湯飲みが拾えるって凄いですね。
シカの模様もかわいらしくて、ほのぼのとした絵柄が素敵です。
from: 尚 nao.   2015/04/05 10:45 PM
ことまるさん。

こういうものが出るのは、もうかなり稀なことになりました。
この時代の銅版転写の湯飲み、けっこういいんですよね。
このブログの最初期に載せた牡丹の絵柄のヤツとか、すごく好きです。
安ければ普段使い用に買ってもいいくらいです(安いの前提ですが 笑)
from: あかずきん   2015/04/06 10:01 PM
satoさんもおっしゃっていますが
私も鹿の文様は初めてです^^
可愛いですね〜
2枚目の少々難あり器大らかで好みです♪
from: 尚 nao.   2015/04/07 12:14 AM
あかずきんさん。

シカの絵柄、確かに見ないですね。
僕はこれ以外にはバンビ(もどき)の湯飲みくらいです(笑)
だいたい、こういう湯飲みの文様は幾何学系か植物文が多いですよね。
2つめのは、もう本当に笑ってしまうほど難あり品です。
よくも売った!よくも買った!という感じで。
ほんと大らかな時代だったんですね〜。
from: 陶片狂   2015/04/09 9:12 AM
鎌倉でも出る量が減ってきていますか。あそこは海底に秘密の蔵でもあるのかと思っていました。鎌倉幕府のお膝元とはいえ、あれだけのビーチコーマー人口を養うのはさすがに大変なのかしらん。(^^ゞ 広島の良い場所は枯渇してきましたです。そこそこの海岸を今年も狙います。
from: 尚 nao.   2015/04/10 12:29 AM
陶片狂さん。

ごくたま〜に何かしら出ているようですが、昔に比べると…。
というか、自分の既知のポイントはどこも枯渇してます。
まあ自分もいろいろ拾わせてもらった口ですけどね〜(汗)
新ポイントの開拓は、地元ではかなり難しい感じですし、
このままではブログがネタ切れする可能性すらありそうです。
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.