hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
背文の寛永通宝
         

先日紹介したシラタマやちびウニを拾った時に、やはり同じ海岸で寛永通宝(右)を拾った。海岸で拾ったのは久しぶりで、左は昨年に陸ハケで拾ったもの。とりあえず文字が読み取れる程度の状態で拾えたのは、これで計6枚。この2つ、同じ寛永通宝だけど大きさが全然違う。作られた時代も長く、作られた場所も多様なので、さまざまなものがあるようだ。


          
          

先日、海岸で拾った方は表側は文字がしっかり読み取れるが、裏側はサビサビ(写真は少し明度を上げている)。文字を見ると宝の旧字である「寶」の字の下の払いが「ハ」の字になっているので、これは1668(寛文8)年以降に作られた新寛永通宝だ。ただ、このブログでは過去にもう3度も寛永通宝ネタをアップしているので、もう少しなにかないかとよくよく見てみたところ……サビサビになった裏側の上の部分にかすかに文字のようなものが見えた。はっきり見えるのは横線のみだけど、それを頼りに調べてみると、このいわゆる「背文」を持つ寛永通宝が何種類かあることがわかった。その中から横線に関連ありそうなものを見ると、1668(寛文8)年頃から江戸亀戸で作られた「文銭」ではないかと推定。この文銭は京都、方広寺の大仏を鋳つぶして鋳造したという噂から「大仏銭」とも呼ばれたらしい。


          

もう1つ。陸ハケから拾った寛永通宝。こちらは「寶」の字の下の払いがくっついた形なので、1636(寛永3)年から1659(万治2)年まで作られた古寛永通宝だとわかる。気になるのは、この色合い。妙に灰色というか銀灰色をしていて、今回拾ったものや今まで拾ってきたものと色合いを異にするのだ。古寛永通宝はみな銅銭だったと思うのだけど、この色合いは、もともとの材質によるものか保存状態によるものか、どちらなんだろう。



海辺の林で……海山日和
コメント
from: Shige   2013/10/13 9:59 AM
いやぁ〜イロイロなものがありますね〜!
どうも金目なモノには縁の薄いオレ、古銭も浜辺では見た事ないなぁ〜

何かで読みましたが、渥美半島の伊良湖岬に近い場所で、遠足に来ていた子が、浜辺で小判が見つけたことがあったそうですよ。
from: 尚 nao.    2013/10/13 11:46 AM
Shigeさん。

専門のサイトを見ると、寛永通宝でも何種類も載ってますね。
そんな細かいところまでは、とても調べる気にはなれませんが(笑)
寛永通宝は大抵は壜狙いの場所なので、綺麗な浜辺では拾えないかと。
今回は違いましたが、それでも漁師小屋のある近くでした。

浜辺で小判!いいですね〜! それこそ本物のお宝ですね。
小判とは言わず、一分銀とかでいいんだけど、出ませんかね〜(笑)
from: 渚の探偵:助手   2013/10/13 10:03 PM
寛永通宝、奥が深いですね。
最近は海水浴客も減っているので、10円もなかなか拾えません。(笑)
from: 尚 nao.    2013/10/13 10:16 PM
渚の探偵:助手さん。

この手のものが拾えるのは、やっぱり漁港や集落周辺ですね。
壜や陶片狙いの方が、出会うチャンスが多いです。
寛永通宝、年代や鋳造地ですごく細かく区別されているようですが
さすがにそこまでは突っ込めませんね(笑)
from: hiroki   2013/10/13 11:27 PM
僕も先日ハケで寛永通宝を拾いました〜
今、確認してみると新寛永のようです!古銭は非常に奥が深そうですね〜そういえば子供の頃集めていた古銭は何処かへ消え去りました。。。
from: 尚 nao.    2013/10/14 12:08 AM
hirokiさん。

ハケの周辺では寛永通宝が拾えるチャンスが多いと思います。
明治に入ってからもしばらく使えてましたからね。
使えなくなって忘れた頃に出てきて捨てた人もいるのだと思います。
古銭はそれこそ宝探しのど真ん中で、見つけるとワクワクします(笑)
from: sato   2013/10/14 7:38 PM
子どもの頃に家の近所で一度拾ったような記憶がありますけど、
海岸では風格の増した一円玉だけです(笑)。
そこまで年代が特定できたら面白いですね!
from: 尚 nao.    2013/10/14 11:25 PM
satoさん。

satoさんはよく陶片など拾われてますが
そういった生活物が捨ててある海岸では出会うチャンスがあるとおもいます。
こちらは人気のない綺麗な海岸…というのが稀ですし
鎌倉など歴史のある地域もあるので、チャンスが多いのかもしれません。
現代ものでは1円玉〜500円玉までけっこうありますけど
これも人の多さが原因でしょうね(笑)
from: 陶片狂   2013/10/15 6:38 AM
なぜか、ずっと陶片を拾っているのに古銭に出会ったことがないのです。陶片目になっていて、それより地味な色彩を拾わなくなっているのでしょうか。そう思うと悔しい。鎌倉の海岸でも、私はついに馬の歯を自分では拾っていません。いつか拾いたいです。
from: 尚 nao.    2013/10/15 11:47 PM
陶片狂さん。

そちらはあれだけ陶片が出ていますし、寛永通宝くらい出そうですけどね。
こちらは獲物が少なくて、目を皿のようにして探しているからかも?(笑)
鎌倉名物と言われたウマの歯も、最近はめっきり減った気がします。
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.