<< 文福茶釜 | main | チビ桜 >>
2013.06.06 Thursday

防3の陶片

        

海岸から出てくるさまざまな陶磁器片。最近、自分のフィールドでは出が悪くなってきたのと、自室の収納スペースが足りない現状、また自分の軸足をどこ(どの拾いもの)に置くか…という問題もあって、よほどめぼしいものでなければ拾わなくなっている。それでもこの春に出会ったこの陶片は、迷うことなくお持ち帰り決定の一品だった。陶片狂さんやrichoukenさんなら一目で正体がおわかりになると思うけれど、これは防衛食容器の蓋の欠片だ。防衛食容器とは、言ってみれば戦時中の缶詰の代用品。この中に食料を入れ、パッキングをして蓋を閉めた後に熱湯と冷水に浸すと、内と外の気圧差で蓋が取れなくなるらしい(簡易的な真空パックだね)。開けるときは蓋の中央にクギなどで穴を空ければ、そこから空気が入って蓋が取れるというしくみだ。基本の形はほぼ同じで、作られた場所などでいくつかのタイプがあったようだ(今回拾ったものの完品はこちらで)。なかなか画期的な製品で、昭和18年末からけっこう作られたらしいのだが、最終的には肝心の中身、つまり食料が確保できなくなって生産中止になったという、ちょっとトホホ…な結末だったようだ。


            


コメント
これは拾ったこと無いなぁ〜!
ちなみに、その通りなら、ホント情け無い消滅理由ですね。

それにしても、ひっくり返せば、灯明受皿にもなるって思ったのはオレだけ?(笑)
  • Shige
  • 2013.06.06 Thursday 22:28
Shigeさん。

僕も今回初めて拾えました。
鎌倉で拾った人もいると以前に聞いたことがあったのですが
これまでまったく縁がなかったのですよね〜。

蓋、たしかに灯明皿にできそうですね!
物資不足の時代でしたから、案外利用した人がいたりして(笑)
  • 尚 nao.
  • 2013.06.07 Friday 00:36
私もまだ拾ったことはありませんね〜、
でも、陶器で缶詰代わりになるという仕組みが
よく分かりました!
  • sato
  • 2013.06.07 Friday 19:43
satoさん。

陶片狂さんはけっこう拾われていて(当然かもしれませんが 笑)
以前よりちょっといいな〜と思っていたんですよ。
ものの謂われもおもしろいですし、歴史の証言者ですよね。
  • 尚 nao.
  • 2013.06.07 Friday 21:04
蓋だけですか?
身の方も拾いたいですねぇ。(拾ったことは無いですが)中身の入ったものが一つあるのですが
それには『岐●』の番号が付いていないんです。
もし身の底があれば見てみたいんです。
  • richouken
  • 2013.06.09 Sunday 14:18
fichoukenさん。

蓋だけなんですよ〜。
ぜひ身の方も拾いたいと思っているのですが…。
形状は記憶してますし、胴には文字も多いですし
あれば気がつくと思うんですけどね。
底を確認したいですね!
  • 尚 nao.
  • 2013.06.09 Sunday 21:21
尚 nao.さん、なるほど、熱湯に浸けて、後で冷水にというわけでしょうか? 実はどうやって真空にしたんだろうと思っていました。これは広島ではけっこう出てきます。今回の江南干潟でも、本体の方の小片が出ています。
  • 陶片狂
  • 2013.06.14 Friday 07:10
陶片狂さん。

防衛食容器の封入の仕方ですが、
ネットで「防衛食容器」で検索するとで出てきます。
実際にはもう少し工夫があったのだと思いますけれどね。
広島は旧軍のお膝元ですし、こういう品物もよく出回っていたのでしょうね。
こちらは前に出たような海軍マークものも、今は出ませんね〜。
  • 尚 nao.
  • 2013.06.15 Saturday 00:15
コメントする








 
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM