<< 購入☆ | main | 防3の陶片 >>
2013.06.01 Saturday

文福茶釜

        

3月頭のウニ旅で手に入れた憧れのブンブク。こちらでは打ち上げは極々稀。自分自身はまだ見たことがなかった。これを拾うために情報を集めて、淡路島へウニ旅をしたのは以前にご報告した通り。探索ルートは淡路島南ICを出て、西岸を北淡IC近くの淡路市室津あたりまで北上。その間、車でのアプローチが容易な浜辺いくつかを歩いた。天気の悪化が予想されていたため、要した時間は、午前中から昼過ぎまでの4時間程度だと思う。しかしまぁ、あんなにボロボロと打ち上がっているものとは…。破損しているものがほとんどだったけど、それでも持ち帰りに十分な数は確保できた。


          
          

ブンブクチャガマの殻はでっぷりと丸く大きく、殻高も高い。花紋は深くて明瞭。同所的に見られたオカメブンブクと比べても、その違いは明瞭だ(オカメブンブクは花紋の形が違い、深さも浅い)。今回は10個ほど拾ってきて、最大のものは殻長70ミリ、殻高55ミリ。そして、おもしろかったのはフリークが1個拾えたこと(写真3の左)。殻の上面、花紋の部分がべっこりと凹んでいるのだ。それでも殻長60ミリと立派に成長した個体なので、これくらいは生活するのに何の支障もないのだろう。それにしても、殻の薄いブンブク類の漂白は慣れていないし難しい。また拾えばいいや…とはいかなし、肛門部を残そうとするので無理ができない。純白の標本とはいかなかったけれど、まぁそれも良し(笑)




磯始めました……海山日和
コメント
ブンブクチャガマ!!!
いいなぁ(*´艸`*) 
私、ヒラタブンブク祭りしか経験がありません。
あっ!!オオブンブクも拾っていました♪
オカメすら拾った事がないのです(><)
頂き物はあるのですが。フリークを拾うと
なんだかものすごく得した気になりますよねぇ
( ̄ー+ ̄)
確かに漂白ブンブクは怖いんですよねぇ…
まあちゃんさん。

ブンブクチャガマ、いい感じですよ。とっても大きいし!
フリークも嬉しいですね。
タコノマクラでもなかなかフリークには当たらないので
これはすごくラッキーでした。

まあちゃんさんは関西圏にお住まいだったと思いますが
淡路や瀬戸内方面は冬から春、けっこう狙い目だと思います。
こっちは本当にブンブク類はレアものなんで、西日本が羨ましいです。
晩秋くらいに日本海側、オニヒメブンブク狙いで行きたいんですけどね〜(笑)
  • 尚 nao.
  • 2013.06.03 Monday 23:41
私も初めてブンブクチャガマに出会った時は、ちょっと興奮しましたね〜!
その時はたくさん拾えたので、漂白工程で結構ダメにしてしまったのですが、今から思うともっと慎重に作業すればよかったと後悔しています。
  • 渚の探偵:助手
  • 2013.06.04 Tuesday 19:46
渚の探偵:助手さん。

ブンブクチャガマ、気持ちが高ぶりますよね!!
大量漂着もタイミング次第というところもありますし
そちらも地元から県北まで行くのは大変ですもんね〜。
でも、この打ち上げで乾いた状態では中身がしっかり残っていて
漂白するとそれが溶け出してきて、意外と大変ですね。
肛門部を残さなくてもOKにしてしまえばいいのですけど
ブンブク類の漂白はやはりなかなか難しいです。
  • 尚 nao.
  • 2013.06.04 Tuesday 22:32
広島の海岸にはブンブク(ただし、オカメブンブク)が多いです。どうも薄気味悪い姿をしてますので、拾ったまんま送ったことがありましたけど、漂泊はとても難しいそうですね。陶片に潰されないよう気を付けて持って帰ったのを覚えています。
  • 陶片狂
  • 2013.06.05 Wednesday 08:03
陶片狂さん。

ブンブクが多いなんて素敵です!
トゲがついていると、ちょっと変な生き物ですけどね(笑)
この時はオカメブンブクもそこそこ拾いましたよ。
過去に地元もので紹介済みなので出していませんが。
この時は壊れないように大きめのタッパーを2個も用意して
万全を期して臨みました(笑)
  • 尚 nao.
  • 2013.06.05 Wednesday 19:03
私はヒラタブンブクしか見たことありませんので、こんなブンブクも見てみたいです!
私も最初はしっかり陶片で壊してしまったので、2度目はタッパーを用意しました(笑)。
漂白も、直ぐに真っ白なるものと、いくら浸けておいても黄ばみがとれないものとありましたね〜。
  • sato
  • 2013.06.05 Wednesday 21:02
satoさん。

打ち上げで見られるブンブク類は5種類くらいはあると思います。
こちらでは打ち上げは本当に稀なので、なかなか苦労してます。
ブンブクは絶対ですが、他のウニにもタッパーは必需ですね。
漂白で綺麗になるかは、打ち上げの状態や時間経過、水質など
いろいろなものが関係していそうです。
ブンブク類は数をこなして経験値を上げられないのが辛いところです。
  • 尚 nao.
  • 2013.06.06 Thursday 00:27
ブンブクチャガマ!名前からして素敵なブンブク(笑)
こちらはヒラタブンブク大量、オオブンブクほどほど…ですね。比較的丈夫なオオブンブクは大体棘&中身付きで打ちあがるので、大分処理に慣れました(^_^;)
あとは手持ちとしてはネズミブンブク?が一個くらいです。種類が手薄なブンブク類…頑張って見つけたいなぁ…
  • GAN
  • 2013.06.10 Monday 01:57
GANさん。

ブンブクの元祖!という名前ですよね〜(笑)
こちらはブンブク類はホント稀なんです。
数年に一度、小さなブンブク祭りがあることもありますけど
普通はヒラタブンブクかオオブンブクがごく稀にポツリと、
ほとんどは欠片…という感じですので、遠征に出るしかありません。
オオブンブクも大きいものは穴あきなので完品を拾いたいです〜。
  • 尚 nao.
  • 2013.06.10 Monday 08:48
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM