hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
干潟からオージー
        

今年の春、地元のとある干潟で出てきた硬貨。泥を拭うと、模様ははっきりしないけどローマ字が見えた。むむっ、ゲーム機のコインか?(←実際にあるんですよ、たまに) 期待するような古銭、近代銭ではないようだけど、とりあえずキープ。帰ってからとにかく洗って確かめると「AUSTRALIA」の文字。なに?外国の硬貨?? しかしよく見ると同じ面の下側には「SHILLING」の文字。ん、シリング? 実際にオーストラリアを旅行したり、ちょっと雑学のある人ならご存じのはず。オーストラリアの通貨はAUドルだ。そこで調べてみると…シリングはオーストラリアの旧通貨単位と判明。イギリス連邦の一員であるオーストラリアは、以前はイギリスと同じポンド通貨を使用し、シリングはその下位単位(1ポンド=20シリング)。現在は10セントに相当する。鋳造されていたのは1910〜1963年までで、この硬貨は1958年鋳造の1シリング銀貨のようだ。


          

硬貨の絵柄だが、写真1が裏で写真2の方が表。裏面に描かれているのは最初何かと思ったが、雄羊らしい。これは1932年のシドニー・シープ・ショーでチャンピオンに輝いたウアードリーというメリノ種雄羊で、オーストラリア経済を支える羊毛産業に因んで絵柄として選ばれたようだ。現在の50セント硬貨でも復活し、また記念硬貨に描かれたりもしている。そして表面はイギリス連邦の盟主であるエリザベス2世女王の肖像。周囲には「DEI・GRATIA・REGINA・F:D 十 ELIZABETH・鵺」と書かれ、これはラテン語で「神の恩寵による女王(DEI・GRATIA・REGINA)、信仰の守護者(F:D=Fidei Defensor)エリザベス2世」を意味し、女王の肖像とこの文言は現在のイギリス硬貨にも描かれているとのこと。それにしても今から50年以上前の硬貨がどうして日本の神奈川県の干潟に落ちていたのだろう。何か秘められたドラマでもあるかな?(笑)



妖精を見た!……海山日和
コメント
from: GAN   2012/11/03 3:13 PM
ドラマというか、ロマンというか…謎ですね。
コインは旧500円硬貨とスロットコインくらいしか出会ってないです。ちらっと見えた硬貨ににじり寄ったあと、スロットのコインだったときのガックリ感と言ったら、もう…(笑)
from: kin   2012/11/03 4:39 PM
なにかの番組で浜で拾った古い銀貨についてやっていたのを見たことがあります。
確かカリブ海で難破した昔の船荷が打ち上げられたものでした。こういった異国のコインって
まさにドラマがあるようでいいですね。
こちらでは海水浴客の落とした小銭がせいぜいです^ ^

from: ことまる   2012/11/03 8:01 PM
干潟の謎って格好良い響き・・(笑)
古くからの海水浴場近くで外国の方も多くいらしたとか・・駐留する場所の近くとか。。日本海側では考えられ無いケースを想像します。
kinさん仰るとおり、私の方も海水浴の方の小銭さんがやっとです。
from: 尚 nao.   2012/11/03 10:23 PM
GANさん。

謎ですよね〜。
この硬貨が使われたのは日本で言えば昭和30年代前半です。
なかなか海外旅行に行けるような時代でもなかったと思いますし
かといってオーストラリアの人が来て落としたというのも…。

コイン系、なかなか拾えるものではないですね。
ただ鎌倉など古い歴史のある場所が近いので、宋銭が出たこともあります。
そこまで古いとかなりロマンを掻き立てられます(笑)
from: 尚 nao.   2012/11/03 10:26 PM
kinさん。

古い時代の難破船を探るトレジャーハンティングとか
今でも海外では盛んなようですね。ニュースでも時々見聞きします。
僕も子供の頃にそんな話や埋蔵金伝説の話をしってワクワクしてましたから
こういった拾いものは好きですね〜(笑)

こちらも普段は10円、1円とかばかりですね。
from: 尚 nao.   2012/11/03 10:33 PM
ことまるさん。

場所は近くに旧軍関連の造船所とかはありましたね。
でも終戦後そこそこ経ってますし(鋳造年が昭和33年)関係なさそうかな?
その場所そのものは古い住宅街みたいな感じですし
外国人さんよりは日本人の持ち物だった線が濃いような気がします。

古銭、近代銭なども人がそこそこいた場所が見つかる確率が高いですね。
町や集落の近くならばチャンスもあると思います。
from: 陶片狂   2012/11/04 12:28 AM
オーストラリアの硬貨には、現地の生物をあしらった面白いものがあるようですね。以前、ガラクタ市でいろいろな国の硬貨が入った袋を買ってしまったことがありました。しかし、干潟からちょい古の外国硬貨が出てくるなんで面白ですね。

from: 尚 nao.   2012/11/04 1:28 AM
陶片狂さん。

オーストラリアやニュージーランドの硬貨、
確か父親が旅行した際に持ち帰ったものがどこかにあったと思います。
ニュージーランドのは鳥のキーウィが描かれていましたね。
外国の硬貨もお国柄があって興味深いですよね。

今回の硬貨、いったいどうしたいきさつで干潟にあったんでしょうね。
あれこれ想像するのがホントおもしろいです。
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.