hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
FOUNTAIN PEN INK
            

とっても久しぶりにnanairoさんがブログを更新されていたので、その記事に便乗してみよう(笑)写真のインキ瓶は2年前に拾ったもので、肩の部分に「S」が3つ並んだ「S.S.S.」のエンボスがあることからわかる通り、サンエスのインキ瓶だ。僕のフィールドで拾えるインキ瓶は、メーカーがわかるものでは丸善か篠崎がほとんどで、それ以外はみなちょぼちょぼという感じ。サンエスは確か2個目だったはずで(1個目はボロボロで未紹介)、個人的にはけっこう珍しいものなので嬉しい一品なのだ。肩のエンボスは「S.S.S.」に続いて、今回のタイトルにもした「FOUNTAIN PEN INK」の文字。つまり、「サンエス万年筆インキ」である。大きさは高さ62ミリ、底の直径56ミリ。


          

サンエスは、1920(大正9)年に細沼浅四郎が製造販売を始めた万年筆ブランドで、同時に専用のインクも製造販売していた。当時の広告にほぼ同じデザインの瓶が描かれたものがある。ブリュウブラックとスカーレットの2色、2オンス入りで35銭だ。一方、万年筆は、戦前はスワン、パイロットに並ぶ3大ブランドと呼ばれていたという。海外にも輸出していて、ネットを探ると当時のカタログなども見ることができる。サンエスの由来は当時の広告によれば、SUN:隆々たる名聲は天に昇る旭日の如く STAR:品質の優良なる事星中の明星と輝き SEA:販路の擴まり行く事大海の際涯なきに似たり 是等の文字の頭を集めてS.S.S.…とある。販売元は、サンエス本舗・細沼株式會社となっているが、ほかにもサンエス株式会社という会社名も出てくる。同じブランド名を名乗っているので社名変更したか、グループ会社と思われるが詳細がわからない(細沼株式會社は戦後まもなく倒産)。細沼浅四郎という人物も、その名も「サンエス」という文芸・投稿雑誌を発行していたほどの名士であったようだが、断片的なことしかわからないのが残念だ。
コメント
from: あかずきん   2014/10/25 12:48 AM
インク壜良いですよね〜
大好きですがサンエスに出会うチャンスが
ありません圧倒的にライトが多いです^^
一度はお目にかかりたいですね〜
底にもSSSのエンボスがあるのでしょうか

最近は万年筆の出番が少ないですがインクの
文字はカッコいい!!笑


from: tbs-hrk   2014/10/25 1:01 AM
僕もよく似たびんを海岸近くの空き地で発掘しています。その時はまだサンエスのことも知らずに、無名のびんと思っていました。
インクびんは丸善以外は大抵拾っていますが、サンエスは欠けているのも含めると3個と1番多かったです。
from: nanairo   2014/10/25 1:05 AM
ご紹介ありがとうございます。
この2オンス瓶は探している物のひとつです!
欲しい(笑)
エンボスは肩のところだけですよね?
便乗の便乗アップしますのでお待ち下さい(笑)
写真綺麗でいいですね〜。
from: sato   2014/10/25 2:18 PM
丸っこい形が可愛らしい壜ですね〜♪
「sss」の命名の由来もわかると、創業当時の意気込みが伝わってきて趣が増しますね^^。
from: 尚 nao.    2014/10/25 11:03 PM
あかずきんさん。

インク瓶は種類も多いし、出会えると嬉しいものの1つです。
そちらでもサンエスは少ないんですね?
この瓶は、底にはエンボスがありません。それも珍しいかも?

万年筆は使いませんね〜。格好いいですけど。
今はキーボードを叩くばかりです(笑)
from: 尚 nao.    2014/10/25 11:06 PM
tbs-hrkさん。

ブログの写真、見ました。ほぼ同じものっぽいですね。
インクのメーカーも本当に多くて、他の皆さんのブログなどで新しいブランドを知ることもあります。
丸善を拾われないのは、ものがたくさん出るからでしょうか?
丸善も、けっこういろいろなものがありますよ。
今度、そんな記事もアップしようかと思っています。
自分的にほしいのは、丸善の陶器製インク瓶ですね(笑)
from: 尚 nao.    2014/10/25 11:08 PM
nanairoさん。

これは、お探しのものでしたか?
いろいろ見ていると、今回のものと胴体部分はデザインは同じで、
首の部分の形だけ微妙に違うものもあるようですね。
エンボスは肩の部分だけで、底などにはありません。
土の中から出てきて、この状態ですから、ホント素晴らしいです。
from: 尚 nao.    2014/10/25 11:11 PM
satoさん。

インク瓶、これがだいたいレギュラー的なデザインですけど
他にもいろいろな形のものがあるんですよね〜。
とりあえず四角いのは以前ブログにも出しましたけれど
ほかのデザインのものにはなかなか出会えないのです(泣)

ブランド名、キャッチフレーズなど、昔からよく考えられてますね。
from: Shige   2014/10/25 11:35 PM
いいねぇ〜!
薬壜もいいけど、万年筆好きなオレはやっぱインキ壜だね。
丸善はよく出ますね。陶器の壜は重いよ〜!!
from: 尚 nao.    2014/10/26 10:51 AM
Shigeさん。

いいですよね、インキ瓶!
僕は万年筆派ではないですが、やはり文字を書くことに関わっているので
インク瓶に強く惹かれますね〜。
陶器壜、Shigeさんは拾ってましたよね。羨ましいです。
大きさもあるので、確かに重いでしょうね〜。
陶器の酒瓶のようにも見えます(笑)
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.