<< SEAWEEDS ILLUSTRATED | main | L鵯on >>
2012.07.12 Thursday

スタイリッシュ

            

この硝子壜にはこのタイトルを献じよう。半ば砂に埋もれていたこの壜、見えていた口がコルク栓式だったからそこそこ古いものとは思ったけれど、大した期待はしていなかった。だからすぐには拾わずに、先に周りをウロウロしたりして…。ところが。いざ掘り出してみると、一目でその魅力に引き込まれた。とにかく惚れ惚れとするそのフォルム。高さ12センチにしては少々、不安定にも感じる下細りのこの硝子壜、あるいは化粧水かなにかの壜だったのだろうか。淡く緑がかった硝子と、そこに浮き上がるいくつもの気胞、均一でない硝子の厚みも、この壜を引き立てる魅力の1つ。口の部分にわずかな欠けがあるが、状態も良好。エンボスは何もないけれど、形だけでここまで魅せられた壜は初めてかもしれない。


          
コメント
こりゃ、なかなか味わい深い形してますね。
まだ、オレの見たことの無い形ですよ。

  • Shige
  • 2012.07.12 Thursday 20:17
Shigeさん。

僕もこんな形のは初めてじゃなかったかと思います。
形も雰囲気もとってもいい感じですよ〜。
  • 尚 nao.
  • 2012.07.15 Sunday 01:20
椿油のビンかしら?とろとろなガラスがいいですね。
  • mimi_daikon
  • 2012.07.15 Sunday 20:35
mimi_daikonさん。

椿油の壜、という線もありかもしれませんね。
ただ椿油の壜の印象って、もっとどっしり安定したイメージがあります。
この形だとラベルも貼りにくそうだし、ある意味、贅沢な壜なんでしょうね(笑)
  • 尚 nao.
  • 2012.07.16 Monday 03:18
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM