hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
オトナになんてなりたくないっ!
       

すっかり久しぶりになってしまったうみうさネタ。ウミウサギガイの仲間は冬から春先にかけて拾えることが多かったのだけど、今(2010〜11)シーズンもまったくと言っていいほど何も出なかった。そんな時、先月やっと拾えたのがベニキヌヅツミガイ(写真手前)。船揚場の漁船の下にコロッと転がっていたもので、ホント踏まれなくてラッキー☆ 昨シーズンに拾えたの(写真後ろ)も、場所は違うものの状況はまったく同じような感じで、不思議なものだね〜。今回のものは殻長3センチほどで、これも昨シーズンのものとほぼ同じ。ただ違っているのは、今回のものはまだ未成熟なこと。貝殻の殻口部が完全に巻き終わっていないのだ。若干、縁の部分が形成されかけているようにも見えるけれど、まだまだな感じ。どうやら、この3センチというのが、この貝が相模湾で成熟しきる境界のサイズなのかも。ウミウサギ類の多くは相模湾が分布の北限なので、成熟に時間かかるのかもね。ちなみに、昨シーズンに拾ったベニキヌヅツミガイ、1年間でこんなに色が抜けました。なんか使用前、使用後…みたい(笑)


コメント
from: まあちゃん   2011/05/30 12:58 PM
キレイですねぇ^−^
良いなぁ〜色がすごく濃いですね。
しかし1年でこんなに色が抜けるの??
びっくりしました。
船揚場の所かぁ。私もちょっと探すところを
広げようかなぁ。
from: 尚 nao.   2011/05/30 10:51 PM
まあちゃんさん。

ベニキヌヅツミガイの色、
紅色というよりももっと濃い色で、なかなか綺麗です。
何という色の名前なのか、ちょっとわかりませんけど…。
でもウミウサギ類の色はすぐ抜けちゃいますね〜。
拾ったらすぐに写真を撮っておかないとダメですね〜。

ウミウサギ類、磯や海岸で拾われている方もいますけど
こちらにはそんな好条件の場所がないのですよね〜。
なので漁労屑由来のものを探しています。
from: トバザクラ   2011/05/31 7:30 AM
うわぁ〜このウミウサちゃんもとても個性的ですね☆
しかも大人になる前の未熟さ??がガウディのサグラダ・ファミリアじゃないですが、未完成なりの良さというか、これも魅力のひとつという感じですね♪
でも1年して、色が抜けた感じもちょっと薄ピンクな感じで私は嫌じゃないです。セピアに褪せる写真のようないい褪せ方のようで☆
形も笹の小舟みたいで本当可愛いウミウサちゃんですね☆
from: 尚 nao.   2011/05/31 11:15 AM
トバザクラさん。

ウミウサの仲間も丸いのから細長いのまでいろいろいます。
こちらでは拾える種類も限られているのでお見せできませんが(笑)
本やネットではそれはもう素晴らしい、可愛らしいのがいっぱい。

このベニキヌヅツツミは今まで数個拾っていて、この2個が特に大きいのですが
今のところちゃんとした成貝なのは前回の殻のみなんです。
今回のものはホント大人になる直前、そんな雰囲気が溢れてます。
色の抜けは…できればない方がいいんですけどね。
仕方ないことなので、それはそれで楽しみたいですね。
from: Shige   2011/06/02 6:21 PM
う〜む、こっちでは漁労屑探しても、こんなのは見つかりません。(キッパリ)
キレイな貝ですよね〜!
from: 尚 nao.   2011/06/02 10:38 PM
Shigeさん。

いやぁ、こっちもマメにチェックしているんですけど
滅多に出会えないですね〜。
3〜4年前くらいが良かったのですけど、その後はサッパリです。
この手は生息水深が少し深いこともあると思いますし
同じ場所でライバルっぽい(貝コレクター)を見かけることも…(笑)
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.