hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
北の高級品!
       

僕はウニが大好き。もちろん食べるのも好きだけど(実際にはあまり食べる機会はない)、それより何よりウニ殻が好き! まぁそんなことわざわざ書かなくても、このブログを見ていただいてる人はご存じだと思うけれどね(笑) しかし、自分で歩くフィールドではどうしても手に入らないウニ殻もある。特に分布域が外れている種類はどうしようもない。分布域まで拾いに行ければ一番だけど、なかなかそうもいかないのが現状だ。そこで、南志向の強い僕にとってどうしても後回しになりそうな北のものを、北海道ののらさんのご協力で入手してみた。それがエゾバフンウニだ。分布は本州では東北(福島ー山形)以北。国内産ウニでは最高級と言われる、キング・オブ・ウニ!


        

このエゾバフンウニ、名前からもわかるようにバフンウニと似ている。分類的にも同じオオバフンウニ科だ。サイズ的にはエゾバフンウニの方が大きくなるようだ。ウニ殻を見てもそっくりで、並べてみても(右の小さい2個がバフンウニ)ほとんど区別がつかない。バフンウニの分布は北海道南部以南で、僕の地元では同所的に分布しないので困らないのだけど、ウニ好きを名乗るなら比べて見なきゃね! すると大きな相違点があった。それが管足孔の数。写真3のようにエゾバフンウニは管足孔が5対斜めに並ぶのだけど、バフンウニは4対なんだって。興味ない人には「ふ〜ん、それで?」って話だけど、ウニ好きだもん。これでいいのだ(笑)


        
コメント
from: ろっかく   2011/04/19 8:08 PM
ウニの殻、トゲトゲからは想像できないです。
キレイだと思います^^
ビーチコーミング始めるまではウニに殻があるなんて知らなかったです。
from: Shige   2011/04/19 9:32 PM
ふ〜ん、そうなんだ〜!!(笑)
わが家のサンプル調べたら、みんな4対!
ただの馬糞でした〜!!
from: のら   2011/04/19 11:28 PM
送った本人も管足孔の数なんて知らなかったし、見分け方ももちろん知りませんでした。手持ちのバフンウニを調べてみましたら5対のが5個、4対のも5個ありました。去年青森で拾ったものが多いと思います。
from: 尚 nao.   2011/04/20 8:49 PM
ろっかくさん。

ウニの殻、ホント生きてるときの姿からは想像つきませんね。
今回のバフンウニとエゾバフンウニは似たもの同士ですが
種類によってけっこう個性もあったりするので楽しいですよ。
いろいろ探してみてください。
from: 尚 nao.   2011/04/20 8:51 PM
Shigeさん。

Shigeさんはいろんなところに行かれてそうですし
お知り合いも多いですから、いろいろ入手してそうですけど
お持ちではなかったですか。
エゾバフンウニってやっぱり北の限定なんですね〜。
from: 尚 nao.   2011/04/20 8:54 PM
のらさん。

その節は、ありがとうございました☆
管足孔のこと、僕も『相模湾産海胆類』という本で調べて知りました。
でも、この管足孔以外はホントそっくりなので
大きさが同じくらいだったらパッと見では見分けがつかないと思います。
青森県はどちらも分布しているので、紛らわしいですね!
from: のら   2011/04/20 9:23 PM
バフンウニには五角形っぽいのが多く、エゾ…には丸いのしか無いように感じるのですが、どう思われますか?もちろん形だけでは判断できないと思いますが。
from: 尚 nao.   2011/04/21 12:09 AM
のらさん。

う〜ん僕の場合、エゾバフンウニの数を見ていないので…。
バフンウニ、五角形ぽいのもありますし、円い感じのもあります。
でも確かに五角形ぽい方が多いかな〜。
他にトゲのイボが少し細かいというか、出っ張ってない感じのもあるし
バフンウニも意外と個体差があるようです。
from: まあちゃん   2011/04/21 10:42 AM
エゾバフンウニ!!
お逢いしたいなぁ〜
見た目は本当にバフンウニと変わらないのに
尚さんすっごい!!管足孔の数。。。。
気付かないですよぉ(笑)
私もウニ大好きです。食べるのもだけれども
特に殻が大好き&#9836;芸術品です*^-^*
from: 尚 nao.   2011/04/21 10:59 PM
まあちゃんさん。

いや、僕が気がついたわけではなくて
本などを調べてわかったことなんですけどね(笑)
ウニの中でもグループが違うと殻の特徴も変わるのですけど
近い種類ではやっぱりよく似ているので悩むことが多いです。
でも、こうやってあれこれ見ているのが楽しいんですよね!
種類も数も、もっともっと集めたいです。
from: GAN(=白い眼鏡犬)   2011/04/22 2:08 PM
違いは管足孔ですか!私のバフン君達もじっくり観察してみよう…でも私のコレクションは山陰産なのでエゾさんはいないとおもいますが…(笑)
from: 尚 nao.   2011/04/23 7:28 PM
GAN(=白い眼鏡犬)さん。

コメントありがとうございます。
管足孔の数…こういうのって普通の人ではなかなかわかりませんよね。
両種とも分布する地域で、漁師さんなんかは区別してるのかな?
そういう感覚をぜひ知りたいところです。
from: nom   2011/05/04 7:29 PM
初めまして。
去年からBCを始め、僕もウニ殻の美しさに魅せられたのですが、バフンウニとエゾバフンウニの区別の仕方が判らずに悩んでいました。
しかし、この記事を拝見し、手持ちのバフンウニ類の殻を見てみたところ、すべて5対でエゾバフンウニであることが判り感激しました。
非常に参考になる記事を、ありがとうございました。
また、初コメントでお願いするのは恐縮ですが、拙ブログにリンクを張らせて頂いてもよろしいでしょうか?
ご検討頂けましたら幸いです。
from: 尚 nao.   2011/05/05 12:32 PM
nomさん。

コメントありがとうございます。

ウニ殻、魅力的ですよね〜!
北海道はウニの種類は少ないようですが、北方限定の種がいますし
そのあたり、とても興味深く思っております。
ウニに関してはホントに資料が少なくて
僕の場合ほとんど『相模湾産海胆類』頼みです。
ただ相模湾産なので北のも南のも載っていないのがあるので
そこがネックになっているのですけど…(笑)

リンク、大歓迎です。よろしくお願いいたします。
ビーチコーミングはこのブログ、
自然観察はリンクにある「海山日和」で展開してます。
どちらでもお好きな方でリンクしてください。
こちらでもリンクさせていただきます。
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.