<< 棘楊枝 | main | 冬の宝貝祭り >>
2011.02.14 Monday

手に入れました☆

           

今年に入ってから仕事の関係で神田神保町に何度か出かけていた。ここは昔からよく知られた古本屋街。仕事が終われば古本屋巡りというのがお決まりのパターンだ。と言ってもあちこち歩き回ることはなく、狙いは仕事にも趣味にも関係する自然科学書関連なので、T海書房、M倫館とM渓堂の3軒をチェックすれば事足りる。今回はなかなかの掘り出し物に出会う。すぐに必要なものではなかったけど、某大学出版会から出された6800円の本が3800円って、お買い得でしょう?(笑)その同じ店で、足元の箱の中に置かれた本の中に、今回のこの本があった。以前、Shigeさんのブログでも紹介されていた、漂着物学会の前会長・石井忠先生の『漂着物の博物誌』!


        

石井忠先生と言えば、『漂着物辞典』は僕にとってもバイブル。ただこの本は読んだことがなかったので、ぜひ入手したいと思っていたのだ。先生の初エッセイ本で、初版が1977年だから僕なんてまだお子ちゃまだよ。Shigeさんのブログで見ていたけれど、表紙や見返しは先生ご自身の版画が印象的。そして総扉を見ると、なんとこれ先生のサイン本だったんだよね〜。これはとっても貴重なものかも? ちなみにお値段は300円でした(笑) ずっと忙しい日が続いていたのでまだ読んでいないのだけど、今後ゆっくりと楽しもうと思ってます☆


            
コメント
ええっ〜三百円っ!!(涙)しかもサイン入りですか…!!ああ…
  • のら
  • 2011.02.14 Monday 19:46
凄いです!サイン本が300円って・・・
古本街良いですね〜行ってみたいです。
  • ことまる
  • 2011.02.14 Monday 20:28
安い!掘り出し物ですね^^
いいな〜
  • ろっかく
  • 2011.02.14 Monday 20:56
300円って・・・目が点になってしまいますね。
神保町は大好きな街なので、私もよく出かけます。
先週も先々週も行って、鎌倉・逗子・葉山・三浦の古い絵葉書を仕入れてきました。
先々週のお昼は久しぶりの「いもや」の天丼。
神保町に行けば私もT海書房、M倫館には寄るようにしているのですが、こんな大当たりが隠れていたんですね。すごい!!
  • zaimokuza77
  • 2011.02.14 Monday 21:24
のらさん。

あはは。古い本ですからね〜。
まぁまぁの美品ですが、表紙などはちょっと日焼けがありますし。
サイン本だったのにはビックリです!
かなりお得な気分です(笑)
  • 尚 nao.
  • 2011.02.14 Monday 22:52
ことまるさん。

漂着物もまだまだ一般的じゃあないんでしょうね。
かなり古い本ですしね〜。

神保町も再開発が進んでかなり昔の雰囲気がなくなりましたけど
それでもおもしろい古本屋さんなどがまだまだあります。
大型書店もあるので便利なんですよね。
でも昔よく行っていたお店はなくなってたなぁ〜。
移転しただけならいいけど…。
  • 尚 nao.
  • 2011.02.14 Monday 22:55
ろっかくさん。

ホント、ふと見たいわゆるバーゲン品というかジャンク品扱いの箱にありました。
メジャーな分野ではないことと、やはりエッセイ的なものは安いですね。
値段が高くなっているものもありますけど
新刊と同等のものが、数百円安く買えたりもしますよ(笑)

ブックオフでも、探すとかなり掘り出し物があるそうですよ〜。
  • 尚 nao.
  • 2011.02.14 Monday 22:59
zaimokuza77さん。

漂着物ってまだまだマイナーですね〜。
実は手元にある『新編 漂着物辞典』も荻窪だか、
たまたま仕事で訪れた先の古本屋で買ったものなんです。
値段は定価よりは安かったですけど、それなりの値段でしたけどね(笑)

T書房はフロアが広くなりましたね。M倫館は最近はちょっとダメです。
今回のアタリはM渓堂。ここは登山書が有名なお店ですけど
自然関係の図鑑なども多くて、しかもちょっと安いです(笑)
絵はがきはどこで買われるのでしょう?
  • 尚 nao.
  • 2011.02.14 Monday 23:05
古本屋さんとは気付きませんでした、笑
漂着物辞典は書籍部門に頼んで直ぐに手に入りましたが
この本は全く無く・・・目から鱗です!

屋号が「珍竹林」と言う相当古い、古本屋さんが
近くにあるので行ってみま〜す(^^v

おめでとうございます☆
  • あかずきん
  • 2011.02.14 Monday 23:17
あかずきんさん。

いや〜今から30年以上前の本ですからね〜。
しかも地方新聞社の刊行では部数もそれほど多くないでしょう。
帯もちゃんと残っているし、状態も割と良いもので
手に入れることができてホント幸運でした。

そちらは地元ですから、こちらよりチャンスはあるのでは?
ぜひ探してみてください。
  • 尚 nao.
  • 2011.02.15 Tuesday 01:20
30年以上前に、このようにご自身の体験から
漂着物をまとめていらっしゃるのは本当に尊敬です。
しかもご自身による木版画が素晴らしい。
海辺を歩く私たちにとっては、もちろん値段ではありませんね(世の評価はどうであれ)
素敵なお宝発掘でしたね!
  • hana-ikada
  • 2011.02.15 Tuesday 08:03
hana-ikadaさん。

石井先生はホント先駆者ですからね〜。
30年も前となれば今とはまた少し事情も違うでしょうし
海や漂着物の様子も違うのかもしれません。
楽しんで読もうと思っています。
ホント値段じゃありません。
(まぁ安く手に入ったのはラッキーですが 笑)
  • 尚 nao.
  • 2011.02.15 Tuesday 10:36
よほど著名な作家なんかでない限り、サイン本といえども、そんなに高いものではありませんよね。逆に、サインが汚れと受け取られることもあるようです。

以前御茶ノ水のユニオンで、オレの大好きなJohn Hartfordのサイン入りのCDが300円!店員さんに聞いたら、たしかに本物のさいんですが、うちではジャケットに書き込みという判断でマイナス500円です・・・って言われましたから。

それにしても安く手に入れられましたね。この版画いいですよね。
  • Shige
  • 2011.02.16 Wednesday 11:49
Shigeさん。

この版画、見惚れてしまいますよね〜。
漂着物となる生きものもよく特徴が出てますし、とっても味わいがあります。
いや、本当にラッキーでした。

それにしても、そのCDの話。
普通、ミュージシャンで本人のサインがあればプレミアですよね?
てか、少し高い値段付けたって売れるでしょうに(確実にShigeさんに 笑)
それとも音楽や人よりもジャケットに価値があった??
なんかちょっと不思議な話ですね〜。
  • 尚 nao.
  • 2011.02.16 Wednesday 20:32
私は、先日、ネットオークションでこの本を手に入れました。
確か、1000円だったように思います。
他の方も入札するかな・と思いましたが、私以外には誰も入札しませんでした。
  • ぱんだ
  • 2011.02.17 Thursday 19:28
ぱんださん。

ネットオークションですか!
なるほど、そういう手もありますね〜。
僕の場合、オークションはいつも眺めるだけで、試したことがないのです。
(よく古い硝子壜などのオークションを見てますが)
この本は欲しいな〜とは思っていたものの、積極的には探してなくて
今回まさに偶然の出会い…というヤツでしたよ。
それもまたビーチコーミングみたいで楽しいですね(笑)
  • 尚 nao.
  • 2011.02.17 Thursday 22:11
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM