hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
和洋折衷
            

何年か前に海ハケで掘り出したもの。ちょっと渋めなグリーンの硝子、側面に刻まれた柔らかな斜行線と、ところどころに浮かぶ気泡の粒。僕が拾っているこの手のビンの中でも、これは特に美しいものだ。側面の3分の1は斜行線がなく平らになっているので、そこにラベルが貼られていたのだろう。底の径は59ミリ、高さは45ミリ。口の縁に小さな欠けがある以外は、ほとんど傷みもない美品だ。でも、このビンの魅力はそれだけではなかった。


          

ビンを洗ってクルリと底の方を見ると、そこに何とも美しいエンボスが刻まれていた! 底面は細かい凸凹が施されていて、そこに五弁花というか花紋の梅鉢のような文様がある。よく見ると梅鉢の中央はどうやら「開」の字を図案化しているようだ。ここで、もう気づいている人もいるかもしれないけれど、今回のビンは誰が見てもインク壜だと思うだろう。僕だってそう思った。でもそうは書いていない。実はこのビン、インク壜ではなく墨汁壜だったのだ。正体解明の切っ掛けになったのがrichoukenさんのコレクション。陶器の代用品だけど、同じマークが底に刻まれている壜には「開明墨汁」の名前がある。調べると開明墨汁は、1898(明治31)年に東京牛込で創業した田口商会(現・開明株式会社)の田口精爾によって発明された、なんと日本最初の墨汁だったのだ。このビン、おそらくは戦前、昭和初期くらいのものと思われるけれど、西洋から来たガラスと日本生まれの墨汁が組み合わさった“和洋折衷”みたいな存在だったんだね。


          


こちらもよろしく……海山日和
コメント
from: sato   2014/01/26 5:05 PM
日本最初の墨汁はこんな素敵なガラス壜に入っていたなんて!
本当に美しい壜ですね〜!
こんなものが出てくる海ハケってどんな場所なのかとても気になります(笑)。
from: 尚 nao.    2014/01/26 11:27 PM
satoさん。

素敵なビンですよね〜!
墨汁というと、黒っぽい円筒形のプラボトル…という印象なので
このビンの正体がわかったときには、マジで感動しました。
海ハケは、本当に海岸の(最満潮時の)波打ち際近くにあったハケです。
岩場に囲まれた場所なので波が来ず、昔から近所の人がゴミを捨てていたようです。
まぁ発見したのはもう何年も前なので、ほぼ枯渇してます(苦笑)
from: Shige   2014/01/26 11:28 PM
なるほど〜!
インキ壜じゃなかったのですね。
それにしても、墨汁がこんな壜入りとは知りませんでした。

from: tbs-hrk   2014/01/27 1:31 PM
これはこれは底のエンボスが素晴らしいですね!それにしても瓶の中に筆を突っ込んで書いていたのでしょうか?
海ハケ〜富山でもあるか探してみますわ!
from: sato   2014/01/27 8:33 PM
そういえばこんな壜は無理でも、もしかしたらと思うような
場所が1,2箇所、こちらの海岸近くにもありますね〜。
from: あかずきん   2014/01/27 9:11 PM
画面を眺めて。。。
クリアなガラス瓶で同じ形の墨汁があったと思います
倉庫で見た記憶が・・・

何時ごろまでガラス容器だったのでしょう〜

それにしても何て素敵な壜でしょう^^

from: 尚 nao.    2014/01/28 12:48 AM
Shigeさん。

そうなんです。ビックリしました。
今まで何も考えずにインク壜としていたものの中にも
けっこう墨汁壜があるのかもしれませんね。
前にShigeさんが陶器製のインク壜を拾われていたと思いますが
むしろ墨汁はそっちのイメージがぴったりきます(笑)
from: 尚 nao.    2014/01/28 12:51 AM
tbs-hrkさん。

エンボス、いいかんじでしょう?
そうそう、使い方はちょっと不思議ですよね。
このビンから硯に注いでいたのか…。それも変な感じ(笑)

富山の状況はわかりませんが、古くからある漁村や港の周辺、
そんな場所があれば探してみてください。
from: 尚 nao.    2014/01/28 12:53 AM
satoさん。

大きな市町では、海岸も改変されていることが多いですけど
山の方にしろ、街中にしろ、あまり変化のない場所が有望でしょうね。
from: 尚 nao.    2014/01/28 12:57 AM
あかずきんさん。

そういえば、いろいろ出てくる倉庫がおありでしたね!
ガラスビンの墨汁、確かほかのサイトでも見たことがあったと思います。
リンクしている、ぬくもり小壜の博物館さんだったかな?
考えてみれば、容器としてはインクでも墨汁でも変わりませんね。
案外、戦前はもちろん、戦後間もない頃まではビンだったのかも。
ガラスがプラ製品に置き換わるのが昭和30年代半ば以降ですから。
from: ことまる   2014/02/01 11:01 AM
きれいな色の壜ですね〜。
インク壜自体こちらの海岸では上がらないので、憧れですが、墨汁もガラス壜入りだった時期があるのですね。
底のエンボスもおしゃれです。
from: 尚 nao.    2014/02/01 11:18 AM
ことまるさん。

そちらでは、海岸よりも普通の町外れあたりを探した方が
ハケが残っていそうですね。いいものがありそうな気がします(笑)
墨汁を使ったのは小学生の習字の時間くらいでしたけど
このビンを拾ったことで、少しだけ身近に感じることができました。
底のエンボスは、やはり梅鉢紋をアレンジしたものだそうです。
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.