hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
ちびのり
       
直径、高さともに35ミリほどの、小さな広口の瓶。硝子の色は大抵はグリーン。この手の瓶には、化粧クリーム、靴油、糊などジェル(ゲル)系のものが入っていたのだろう。おそらく用途は多様であったのに、十把一絡げでこの手を糊瓶と呼んでしまうには抵抗があるのだけど、さりとて他にぴったりくる呼び名もなかったりする。今回紹介する瓶は、その手の瓶では一番小さいものになるだろう。でも、他のサイズに比べると数が出る。ここに写っていないものもあるし、既に人手に渡ってしまったものもある。たぶん10個ほどは拾っているはずだ。寸法もほとんど同じ。では規格品なのかと思うと、けっしてそうではない。硝子がゆらゆら歪んでいるもの、大きな気泡が入ったもの、小さな気泡が多数あるもの…もちろん、きっちり整ったものもある。そして、こうして並べて見ると、実はこんなに色が違っていたりする。この写真を眺めていたら、小瓶たちが物語に出てくる森の七人の小人に見えてきた(笑)



        
コメント
from: Fumiba   2010/11/10 6:36 AM
ならべると、色、形、気泡の入り方、いろんな個性が際立って、とてもかわいいですね!
from:   2010/11/10 10:26 PM
こういう深い緑の糊瓶は初見です。
私はラムネ色のしか持っていなかったと・・
押入れを調べてみます!
物資の少ない時代に作られたものだから色んな色合いが出るものが多いのでしょうか?
from: 尚 nao.   2010/11/11 12:24 AM
Fumibaさん。

拾った時は、またこれかぁ〜という気持ちもあったのですが
こうして並べてみて違いが、個性がはっきりすると、
どれも愛おしくなっちゃいましたね〜(笑)

1つとして同じものがない。
これ、古い硝子壜の最大の魅力と言えるかもしれません。
from: 尚 nao.   2010/11/11 12:36 AM
薫さん。

緑もわりと明るい感じから、少しモスグリーンぽいものまで
ほんといろいろありますね。
下の左端の水色系はけっこう少ない気がします。

色の違いは、もちろんメーカーや内容物の違いもあったでしょうし
物資が少ないこともあったとは思います。
そして、それと同じくらい作り方がアバウトだった気がします。
前に作ったのと、まぁだいたい同じ色ならいいや的な…(笑)
from: ことまる   2010/11/11 5:32 PM
淡いブルーの糊瓶も可愛いですが、深い緑色はガラス浮きの色みたいできれいです。
from: あかずきん   2010/11/11 10:46 PM
個性があって楽しいですね〜

こんなに可愛いビン達を拾えたら嬉しいですよね^^

ガラス瓶は楽しいです♪
from: 尚 nao.   2010/11/11 10:54 PM
ことまるさん。

深い緑色のガラス。浮き球みたいですか?
実はうちにある浮き球は、淡いブルー系の方が多いんです。
緑は韓国玉の明るい緑だったり(笑)
大きめの黄色玉もあります。
みな沖縄か本州の太平洋側で拾ったものばかりです。

そのうち、ここでも浮き球を載せないと(笑)
from: 尚 nao.   2010/11/11 10:56 PM
あかずきんさん。

このタイプの瓶は,記事でも書いてますけど
よく似たものがよく拾えるんですよね。
何が入っていたのかわかりませんけど、こういうのは珍しいです。
似ているけど個性的というのは、また楽しいですね。
もっと集まったら、また並べて比べてみたいです。
from: mimi_daikon   2010/11/12 7:24 PM
きれいですね〜。人間が自由に作った色というか、変な表現ですが、アバウトさが魅力あります。このサイズ、私は自分では拾ったことがないと思います。もうちょっと大きいです。尚さんの場所ではこのサイズが多そうですね。って、最近はもう海に行く回数が違うので比較になりませんが(笑)。
from: 尚 nao.   2010/11/12 10:01 PM
mimi_daikonさん。

ほんとアバウトな感じがしますよね〜。
もちろん,製造時期も場所も違うのかもしれませんが
それでも,統一しようと言う気持ちがないと言うか
自由な感じがしますね。
そんなところが魅力です☆

この手の瓶で大きいサイズって,実はほとんど拾ってません。
まぁ自分で言うのもなんですけど,海には行っているんですけど
その割にはかなり少ないですね。

mimiさん、川歩きも楽しそうじゃないですか(笑)
次のアップも楽しみにしてます♪
from: びっき   2010/11/12 10:01 PM
これらの瓶を指に被せて遊びたいと思ったのは僕だけでしょうか?
ちょうど5コあるし(^^)
from: 尚 nao.   2010/11/13 12:26 AM
びっきさん。

実際にはやっていませんが…
びっきさんのその感覚、なんかわかりますね〜(笑)
ちょうど、そのくらいの大きさなんですよね。
色も少しずつ違って,指人形みたいに見えるでしょうか?☆
from: 沙羅   2010/12/22 1:00 PM
はじめまして。
時々、ブログを拝見しています。

こちらの記事を見て、嬉しい驚きがありました。
この小さな瓶。私も持っています。
薄いアルミの蓋もあります。
蓋には「みづほ染料★株式會社松浦商店」の文字とマークが刻まれています。

「100%絶対間違いない!」とは言えませんが、
可能性のひとつとして、お知らせできたらと思い
コメントいたしました。
from: 尚 nao.   2010/12/22 10:52 PM
沙羅さん。

コメント、そして貴重な情報をありがとうございます。
「みづほ染料」ですか。
その染料の名前は聞いたことがあります。
確かこれとは違うタイプの壜がどこかで出ていたような…。

染料は実にさまざまなメーカーがあります。
それだけ一般家庭で普通に使われていたもののようですし
他の染料の壜もよく海岸から出てきますから
これも可能性高いですね〜!

これからも、よろしくお願いします。
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.