<< 観明光 | main | 置き土産 >>
2010.08.23 Monday

竜の一銭

       
       
今回のものは以前より何枚か拾えている近代銭で、明治6年から21年まで作られていた竜一銭銅貨(ただし11、12年はなし)。他の古銭、近代銭に比べても数が拾えてはいたのだけど、どれも状態が悪いものばかりで、最も新しく拾ったもの(写真1〜2枚目)が一番まともだ。とは言ってもネットなどで見る保存状態のよいものに比べると天と地の差。ちょっと違うものに見えちゃうけどね(笑) 名前の通り裏面に、ぐるぐるととぐろを巻く竜が刻み込まれている。もっとも使い込まれたためか、腐食のためか、竜の姿は輪郭程度しかわからない。銘は明治16年。ほかに「大日本、10SEN」の文字が刻まれている。ちなみに竜は鱗が明治10年までは角鱗、13年以降は波鱗になっている。表側には一銭の文字と、上の周囲に「以百枚換一圓(100枚で一円に交換)」の文字が刻まれている。さすがに海岸では腐食が酷いのだけど、いつかより状態の良いものを拾いたいな。

       
        
コメント
小学生の頃、古銭や切手を集めました。
今思えば、この頃収集癖が芽生えたのかもしれません。
この1銭銅貨は何枚か家にあったはずです。
でも…どこに仕舞ったのだろう。。。
  • びっき
  • 2010.08.23 Monday 20:47
う〜〜ん!
やっぱり古銭は重み・深みがありますね☆

「竜」っていうのがなんだか縁起もいいような。。。

かと思えばうちの職場では、偽札事件があったりと、
なんだかなぁ〜ってことが最近あったので、
こういう浪漫というか、
昔のものが出てくる面白さに触れると、
嬉しいものです☆

是非また拾ってくださいね^^

  • トバザクラ
  • 2010.08.23 Monday 22:12
びっきさん。

小学生の頃って切手収集が流行りましたよね。
でも、結局はお金が掛かるし、僕は長続きしませんでしたね。
コレクションに対する欲求はあることはあるんですけども
やはりそれが主題、目標にはなり得ないのでしょう。
硝子壜などはビーチコーミング。
拾うことが目的なのでコレクションが成り立っているんでしょうね(笑)
  • 尚 nao.
  • 2010.08.24 Tuesday 10:06
トバザクラさん。

よく記事やコメントレスでも書いていますけど
拾いモノの原点というか、子供の頃に憧れたのが
古代の金貨などを海中から発掘するってヤツだったので
古銭が拾えるとかなり嬉しいんですよね(笑)

この一銭は近代日本(明治)になって初めて作られた硬貨ですし
竜は強さや繁栄の象徴的な意味があったのでしょうね。
今でも使われる稲穂の絵柄も五穀豊穣の象徴でしょうし。

偽札事件があったのですか?
あれ、自分でちゃんと本物と見分けられるものか
一度見て、触ってみたいのですが(笑)
  • 尚 nao.
  • 2010.08.24 Tuesday 10:12
わ〜なんかカッコイイデザインですね、これ。
一枚目の写真なんて、腐食が模様に見えてくるし!

明治十六年か…この頃はみんな、将来1円以下のお金がなくなっちゃうなんて考えもしなかったんだろうなぁ。
  • ハム子
  • 2010.08.25 Wednesday 23:18
いいな。私はどうも古銭に恵まれません。1〜100円までの現代のお金なら時々拾うのですけど、なぜか古銭に一度も当らないのです。そのうち出ないかしらね。
  • 陶片狂
  • 2010.08.25 Wednesday 23:58
ハム子さん。

確かにカッコイイですね!
富国強兵の時代ですし、通貨を整えるのは国家としても重要ですから
強いものの象徴でもある竜を採用したのかもしれませんね。
腐食はない方がいいですけど、それはそれで味わいにはなる?(笑)

通貨はけっこう移り変わるものですけど
単位そのものがなくなるとは思っていなかったでしょうね。
  • 尚 nao.
  • 2010.08.27 Friday 09:47
陶片狂さん。

古銭、最近はあまり拾えてませんね。
といっても、今まで拾った数もせいぜい10枚ちょっとくらいですが。
その半分は腐食でまったく何だか判別できないものです。
大きさから一銭だとか予測はつきますけどね。
やはり古銭では江戸時代以前の穴銭が憧れますね〜。
現代のお金は10円を見ることが多いです(笑)
  • 尚 nao.
  • 2010.08.27 Friday 09:50
尚さん、こんにちは!
今年の夏は二回葉山に行きました。
先日の八月最後の土曜日、大して混んでない長者ヶ崎に行きました。
海水浴が目的ですが、私はひたすら拾ってましたよ。

大したものは拾えなかったのですが、昭和34年の100円玉を拾うことができました。
今よりずっと小ぶりで、おもちゃかと思いました。
こちらと同じように緑青に覆われていました。

さすがにこれは古銭とは言わないのかな?
でも自分より古い物に出会えて、とてもうれしかったです。
  • toki-sapp
  • 2010.08.30 Monday 21:07
toki-sappさん。

夏に葉山2回ですか〜!
お疲れ様でした〜。
先週末はそれほど混んでいなかったのですね?
さすがに8月も20日を過ぎると少しずつ空いてきますね。
逗子や鎌倉はそうでもないのかもしれませんが。
9月になればもっとのんびりしたビーチに戻りますから
またこちらに遊びに来てくださいね。

昭和30年代の100円というのもすごいですね!
もちろん現行通貨ですけど、最近では40年代でもあまり見ません。
古い硬貨を古銭といいますが、一般的には江戸時代以前が古銭で
明治以降〜第二次大戦までは近代銭と呼ぶことが多いようです。
でも、マニアじゃないですから、古ければみんな古銭でいいかも(笑)
  • 尚 nao.
  • 2010.08.31 Tuesday 22:54
はじめまして。パソコン初心者のmika-rinnといいます。三人の子育てに追われ、自分の時間など持てずにいましたが、尚さんのブログに感動しどうしです。幼少から海が大好きで、貝殻拾いは特に好きです。それをビーチコーミングと呼ぶとは、、カルチャーショックでしたが、自分と同じ趣味をもつ人が、たくさんいるのは嬉しいことです。
独身のころにダイビングをしていました。 
今は子供たちと、レジャーで海に行き、(今年は四日間三浦に、三日間千葉にいました)私はひたすら拾いました。尚さんのおかげで、人生初のかしぱんうにを見つけることができました。

海に近い横浜にずっと住んでいたのに、まだまだ知らないことだらけなのです。

皆さんから影響を受け、貝しか見えていなっかった私が、古銭(まだ十円玉二枚)や,瓶などにも目が向いて楽しい世界がさらに広がりました。

夜な夜な時間を割いて、なれないパソコンを開いては

尚さんのコレクションにうっとりしてます。

  • mika-rinn
  • 2010.09.01 Wednesday 23:45
mika-rinnさん。

コメントありがとうございます。
僕も子供の頃は貝拾いが大好きでした。
ちょっと遠くの海へ出かけたときは、お土産の貝殻セットを買ってもらったり。
壜とか貝以外のものを拾うようになったのはホントここ数年なんですけど
海に通えば通うほど、いろいろなことを知れば知るほど
今まで見えなかったモノや事柄が見えてくるようになります。
なかなかお忙しいとは思いますが、ぜひ海へ出かけてみてください。
またこのブログが少しでも何かの役に立てば嬉しいです。
  • 尚 nao.
  • 2010.09.03 Friday 00:25
コメントする








 
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM