<< マーブルおはじき | main | 観明光 >>
2010.08.09 Monday

伊号潜水艦、浮上せず!

       

少し前に海岸でちょっと変わったモノを拾った。長さ20センチほどの金属製の潜水艦。表面は少し錆があるものの、銀色の光沢を放っていてなかなか綺麗。手に持つとズシリと重さを感じるので、鉄にメッキをほどこしているのだろう。おそらくは潜水艦を象った文鎮と思われる。それにしても、文鎮で潜水艦って!? そこで思い浮かぶのが、この文鎮が戦時関連品ではないか…ということ。しかし、ネットでサッと検索した限りでは、該当するようなモノはなかった。潜水艦型の文鎮はあったのだけれど、メッキなどのない鉄の雰囲気ありありのものだけだった。見た印象も少し新しいようにも思える。あるいは大戦時の潜水艦乗組員やその関係者に、戦後になって配られたようなものでなのかもしれない。第二次大戦時の日本海軍の主力潜水艦は伊号潜水艦といい、いくつかの型で数十隻が建造されたが、そのほとんどが大戦末期までに撃沈されている。この文鎮がどういったいわれを持つのかはわからないけれど、この文鎮のおかげで終戦の日を前にいろいろと考えさせられることもあるね。



        
        
コメント
あまり傷んでないようですね!
最近捨てられたかのよう。
  • YUKI
  • 2010.08.10 Tuesday 00:48
乗り物好き?な私にとってはとても魅力的な一品です☆
現代的なものなら文鎮というよりペーパーウエイト的に作られたものなのか、もしくは古いものなのか?
正体を知りたいところですね。

昔の文鎮ってきっと銅製やすず製なんかのものが
多かったとは思うのですが、
海上自衛隊何周年記念品とかそういう類で栄誉を称えるために贈られたものだとか、もしくは、ある場所でだけ特別に使われたとか、想像するとキリがないのですが、こういう発見は本当この時期だと感慨深いものがありますね。

週末には「真夏のオリオン」がTV放映されるなど、
薄れていく戦争の歴史を振り返る番組も続くとは思いますが、二度とあってはならないことでもあると思うので、今のこの平和があることに改めて感謝しないといけないと考えさせられますね。

  • トバザクラ
  • 2010.08.10 Tuesday 07:22
YUKIさん。

お久しぶりです。
いつのものだかわからないし、いつ捨てられたのかも不明。
よく歩く海岸なのに、ある日突然にこういった出会いがあるから不思議です。
昔に捨てられたなら、メッキされていてもさすがにもっと錆びていてもいいはず。
古いものだとしても捨てられたのは近年…ということもありますね。
  • 尚 nao.
  • 2010.08.10 Tuesday 09:56
トバザクラさん。

いったいどういった謂れのあるものなんでしょうね。
今時、文鎮やペーパーウェイトもあまり使われることも少ないし
なんと言っても潜水艦という、かなり特殊なデザインですから
あまり一般的に売られるものではないと思います。
現代のものなら海上自衛隊関連というのはあり得る線ですね!
拾った海岸は横須賀市にあるので、旧海軍、自衛隊ともに可能性ありそうです。

「真夏のオリオン」は見たことがないですが、確か潜水艦が出てきますよね?
潜水艦を扱った映画は和洋含め、意外と多くありますけど
やはり印象深いのは「U・ボート」でしょうか。
もう30年も前の作品になりますけど傑作の1つだと思います。
  • 尚 nao.
  • 2010.08.10 Tuesday 10:08
実は… こういうの嫌いじゃないです。(むしろ好き)
戦争モノは好きではありませんが、戦車や戦艦は好きだったりします。(矛盾していますね)

でもこれって戦艦でしょうか?潜水艦に見えなくもないですが(^_^;)
  • びっき
  • 2010.08.10 Tuesday 19:18
すいませんm(__)m ちょっと飲みすぎたようです。
ちゃんと潜水艦って書いてありました(反省しています)
  • びっき
  • 2010.08.10 Tuesday 19:19
潜水艦の文鎮って本当に不思議な拾い物ですね〜
あまりの暑さに、どうなってるの??と言いつつ
浮上したのでしょうか^^
  • あかずきん
  • 2010.08.10 Tuesday 19:26
びっきさん。

男の子はメカとしての戦車や戦闘機、戦艦って好きですよね。
僕も軍人だった祖父の影響で、子供の頃は軍艦のプラモデルとかよく作りました。
確かに戦争とか殺し合いなんて大嫌いで矛盾してるんですけどね…。

拾いモノでは戦争に関わるもの、戦時中のものがよく出てきます。
これも拾ってくるにはちょっと気分的に重かったのですけど
こういうものに巡り会うことで昔のことや戦争のことを考える機会になるので
悪いことではないようにも思ってます。

あんまり飲み過ぎないようにしてくださいね!(笑)
  • 尚 nao.
  • 2010.08.10 Tuesday 22:15
あかずきんさん。

ホント、これは今まで拾ったものの中でもかなりの変わり種ですね!
知る術もありませんが、背景に隠されたドラマがいろいろありそうです。

これはやはり海岸の砂の中に埋まっていた感じでした。
沈んだのはずっと昔で、長い年月埋もれてきたものなので
敢えて“浮上せず”というタイトルにしてみました。
  • 尚 nao.
  • 2010.08.10 Tuesday 22:18
そうですね,浮上せず!です。
こうした時空を超えた漂着物との出会い、とってもうれしいですね。
  • Shige
  • 2010.08.15 Sunday 09:16
Shigeさん。

なにやらいわくありげな一品ですけれど
こういったものが拾えるのもビーチコーミングの魅力ですね。
終戦記念日に改めて思います。
  • 尚 nao.
  • 2010.08.15 Sunday 13:22
戦前の文鎮類、子供向きの景品など載っているものを見てみましたが、やはりこれは見つかりませんでした。でも雰囲気があります。自衛隊モノなのでしょうか?それはそれでお宝ですね。
  • 陶片狂
  • 2010.08.18 Wednesday 09:11
陶片狂さん。

やはり戦前ものでは該当するものがありませんでしたか。
雰囲気が現代ものって感じがしますよね。
自衛隊ものの線もけっこう濃いですね。
そういった検索の仕方をすると何か見つかるかもしれません。
ホント変わり種でおもしろい一品です。
  • 尚 nao.
  • 2010.08.18 Wednesday 09:25
コメントする








 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM