hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
紅絹包貝
    

うみうさは何故か秋〜春シーズンに拾えることが多いのだけど、09〜10シーズンは目新しいものが出なかった。しかし、唯一にして大当たりだったのが、このベニキヌヅツミガイ☆ この貝自体は今までにも何個か拾っていた。でも、そのどれもが完全に殻が巻き終わっていない幼貝ばかり。それがやっと、年明け早々の1月に完全な貝殻を持つ成貝を拾えることができたのだ。殻長は34ミリで、欠けも傷もない美品! こんなものが船揚場のコンクリートスロープにポロッと落ちていて、もう少しで踏んづけるところだったよ(笑) 貝殻中央に淡色帯があるモノは昔はシロオビキヌヅツミと呼ばれていたけど、今ではベニキヌヅツミと同種とされている。色彩にも変異が多く、他にもいくつかのタイプがあるようだ。


    

2枚目はもう何年も前、城ヶ島でダイビング中に拾った幼貝。幼貝はみんなこんな風に、殻口の縁が途切れたような感じなのだ。色が薄いのは、そういうタイプなのか時間が経過しているためか…。それでも初めてのベニキヌヅツミだから思い出深い一品だけどね。そして3枚目は水中の生態写真(一応、自分撮り)。刺胞動物のヤギ類に寄生していて、生時はタカラガイ類と同じように外套膜で貝殻を覆っている。これは擬態効果があると考えられているけど、うみうさ類の外套膜は華やかな色彩の宿主に合わせているから結構キレイ。なので写真の被写体としても人気があるよ。


    
コメント
from: 渚の探偵:助手   2010/06/01 9:15 PM
こんな素敵な上物の貝殻が、船揚場のコンクリートスロープで拾えるなんて〜! 羨ましい〜(^^)
from: 尚 nao.   2010/06/01 10:33 PM
渚の探偵:助手さん。

この手のものは大抵、刺し網漁の副産物で、どこでもやってる漁ですから
お近くの港などで探してみると、案外発見があるかもしれませんよ。

コイツはほんと上物です(笑)
3センチを超えると大きさも存在感ありますからね。
小さなものが多いウミウサギ類では別格な雰囲気です。
from: トバザクラ   2010/06/02 7:50 AM
わぁ〜☆うみうさちゃんシリーズですね☆
今回のもまた素敵です☆
笹舟みたいな形も可愛いですね^^
「紅絹包貝」この紅の光沢がシルクを思わせます☆
このネーミングはなかなかいいですね(笑)
でも幼貝のほうもオーロラみたいでなんだか色の薄さがまたいいです☆
でも生態写真になるとまた様子が変わりますね。
○○ザウルスとかに変身!って感じです(笑)
うみうさちゃんはやっぱり奥が深いですね〜☆
from: あかずきん   2010/06/02 9:44 AM
シャープなボディーですね〜
海の中ではタツノオトシゴ?みたいです、笑

兎(うみうさ)や牛(ウミウシ)海の中は牧場ですね
小さな貝も名前や種類が解るともっと楽しいでしょうね〜・・・かなり、難しいです^^
from: 尚 nao.   2010/06/02 10:47 AM
トバザクラさん。

お待たせ!うみうさちゃんシリーズです(笑)
今回のもおもしろいでしょう?
今までのうみうさが、タカラガイ似だったのに対して
これはなかなか個性的な形です。
笹舟という表現、素敵ですね〜☆
光沢があって滑らかな感じはまさにシルクの雰囲気です。

生態が○○ザウルス? なるほど!
確かに写真の角度からだとそう見えますね(笑)
実際には全体にイボイボ突起があって、色もこの通り鮮やかですから
不思議な南の島の果実…という感じかも?
from: 尚 nao.   2010/06/02 10:53 AM
あかずきんさん。

シャープですね〜!
細い枝状の宿主につくために、こういう形に進化したのでしょうね。
生態はタツノオトシゴみたい?
確かにタツノオトシゴもこういったヤギ類などの近くに隠れていて
その姿もやっぱり擬態効果の高い形態、色彩をしてますね。
こういう生き物は見つけるのが難しいです(笑)

小さな貝殻、どれもそれぞれに個性的で可愛いです。
1冊でも図鑑を持っておくと名前を調べる楽しさも出てきますよ。
from: かおちん   2010/06/02 10:28 PM
お久しぶりです(^^)

素敵、うっとりしちゃいますねぇ☆
うみうさシリーズ大好き♪
from: 尚 nao.   2010/06/02 11:10 PM
かおちんさん。

お久しぶりです。
かおちんさんもテンロクケボリなどよく拾われてますよね。

うみうさ類はどれも魅力的ですが、
このベニキヌヅツミのフォルムにはほんとうっとりさせられます☆
こういうのには滅多に出会えませんが、それだけに嬉しいですね。
from: Shige   2010/06/03 9:00 PM
あぁ、このシリーズはオレにとんと縁のないシリーズ。
港はあまり歩かないからねぇ〜!
from: 尚 nao.   2010/06/03 10:13 PM
Shigeさん。

まぁ、漁港歩きは純粋な意味でのビーチコーミングじゃないですからね。
でも、生き物好きにはけっこう楽しいものです。
普通の貝拾いでも場所によってはこの手が拾えるのですけど
逆にそちらは縁がないですね〜。
from: hana-ikada   2010/06/04 8:04 AM
優美な貝ですね〜
ポロっと落ちているなんて羨ましいです。
三枚目も素敵。
ソフトコーラルの飼育ファンも多いと思いますが
ウミウサ系も一緒だと楽しいでしょうね。
でも食べちゃうから難しいかな。
from: 尚 nao.   2010/06/04 10:12 AM
hana-ikadaさん。

優美ですよね〜。
どうして貝殻の端がそんなに長く伸びるのか
彼らなりにちゃんと理由はあるのでしょうけれど
不思議な感じがします。

ソフトコーラルとか飼育が難しそうですね。
そこにさらにうみうさ類が一緒だとさらに大変そう。
先日ホームセンターに行ったらペットコーナーが充実していて
海水魚やコーラル類もいろいろ売ってました。
飼育はまったくやる気はないですが、いいなとは思いますね(笑)
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.