<< これと同じ?(海軍食器) | main | ドキッと江戸の染付皿 >>
2010.05.02 Sunday

Fifth Colors (五色)

    

海岸の土の中からボロッと出てきた緑色の硝子壜。円筒形で、やや縦長。高さが約75ミリ、底径は約50ミリ。口はコルク栓式だ。見た感じ、雰囲気はインキ瓶。縦長でインキ瓶といえばそれ以前にはこんなモノも拾っている。底にこびり付いた汚れを落とすと「五色」のエンボスが出てきた。その下には小さく「02」の文字も。ガラスは歪みこそ少ないけど気泡は入っているし、状態がよくてなかなか素敵な壜だ。この壜を拾ってからしばらく過ぎた頃、ヤフオクをチェックしていると「五色インキ」という壜が出品されていた。形はまったく違うものだったけれど、初見の印象通りこの緑壜がインキのものだったことが判明した。けっこうヤフオクとかって参考になるんだよね(けっして買わないけど 笑)。縦長系のインキ壜というと、こんなモノもある。この五色壜もやはりスタンプ台用の補充インキ用なのかな?


        
コメント
連休中、海山日和ともに数日コメントレスが遅れます。
ご了承ください☆
  • 尚 nao.
  • 2010.05.02 Sunday 09:40
どんな壜かな〜ってクリックしたら?
私のところでした(笑)
ご紹介ありがとうございます♪

エンボスあると嬉しいですね〜しかも細字で字体も素晴らしいです!
普通の形で首と胴が長いのって初めて見ました!

色々なインク壜が見たいのでヤフオクチェックしてます♪
今こちらでアップしたのに似てる壜が出てますね〜。
インキラベルのスクラップブックも出品されてて・・・
とっても興味はあるんですが、お値段が(泣)
もしかしたら五色インキのラベルもあるかも?
  • nanairo
  • 2010.05.02 Sunday 12:02
いいなぁ〜!
薬壜や目薬壜の人気が高いですが、万年筆好きなオレとしては、インキ壜が一番うれしい。

丸善インキの復刻モノ、買おうかどうしよっかなぁ〜?だってセピア色なんて使わねぇし・・・
  • Shige
  • 2010.05.03 Monday 21:51
素敵な色ですね〜今あっても魅力的な壜ですぅ!
壜自体はなんだか英国風なのに、
底のエンボスが、「五色」とか「平五」とか
漢字っていうのがまたいいです!笑
しかも明朝っぽくないのがまたオツですね☆
一輪挿しにもなりそうな釉薬使用のインク壜も
なかなか趣がありますが、
やっぱり気泡の入った透明壜は出てきた後に、
洗ううちにワクワク発見があるって感じで嬉しいですよね。まさにトレジャーハントな世界♪
う〜〜ん、やっぱり掘り当てたものが嬉しい気持ち分かります。。。が、ポロッと出てきたんですよね??
さすが尚.naoさん!笑
  • トバザクラ
  • 2010.05.04 Tuesday 08:56
「五色インキ」
またまた聞きなれないインクの名前が出てきましたね。
日本にインク瓶の種類は、いったいどれぐらいあったのでしょうか?

何故か集まってきてしまうインク瓶… いちど整理してあげなくては!

黒と赤と紺と… あとの2色は何でしょう?
あれ、別に五色あった訳ではないのかな^^?
  • びっき
  • 2010.05.04 Tuesday 18:08
エンボスの書体が可愛いですね^^
五色と言えば砂糖菓子のお豆しか思い浮かびません
赤・黒・緑・ピンク・黄色・で五色♪

補充用のインク壜でしょうか
なかなかポロっと出てきてくれません、涙
遅ればせながら、おめでとうございます☆
  • あかずきん
  • 2010.05.04 Tuesday 21:13
nanairoさん。

ありがとうございます。
エンボスは正体や由来を知るのに重要な情報ですけど
それ以前に壜の装飾?としてもとっても魅力的です。
この五色、細くて角の丸いおもしろい字体を使ってますね。
形も確かにほぼ普通のインキ壜デザインで、胴と首を長くした感じ(笑)

ヤフオクでインキラベルのスクラップですか?
うわぁ、それは資料的に素晴らしいですね〜。
でも高いんだ…(笑)

確か朝日新聞が古い新聞記事などデジタルデータベースにして
個人でも使えるようになるはずだったと思うのですが
有料だと困りますが、ちょっと役に立つかも?
  • 尚 nao.
  • 2010.05.04 Tuesday 23:58
Shigeさん。

Shigeさんはインキ瓶ですか?(笑)
確かにインキ瓶は意外とバリエーションも豊富ですし
拾える機会も多いので、僕もけっこう好きですね。
万年筆は使わないものの、一応物書きの端くれですし…。

丸善の復刻品、けっこう人気があるみたいですね。
でも、仰るとおりセピア色では趣味以外では使えませんね。
Shigeさんはお仕事でも使われるでしょうから。
  • 尚 nao.
  • 2010.05.05 Wednesday 00:02
トバザクラさん。

英国風…うんうん、そんな感じがしますね。
なんでだろう? ちょっと背が高くて緑色のところかな?(←だからなんで?)
そうそう、古い硝子壜のエンボスって明朝体が多いんですけど
この壜のはちょっとおもしろい現代風のフォントですよね。
五色というのはホント思いっきり和風だけど(笑)

海岸で拾う古い壜は、完全に洗い出されて落ちている場合と
海岸の土や砂から少し顔を出している場合なんかがありますが
これは怪しいところを少し掘ったらポロリと…(笑)
でも、どんな場合でもやっぱり嬉しいですし、楽しいですよ☆
  • 尚 nao.
  • 2010.05.05 Wednesday 00:08
びっきさん。

インキのメーカー、ブランドってホントいろいろありますね。
五色は拾った時が初見でしたし、ネットでも記事に書いた例、1度だけです。
上記のnanairoさんのところ(ぬくもり小壜の博物館)でもいろいろ出てますし
丸善や篠崎はもちろん大メーカーだったのでしょうけど
現代のような流通の様とはまったく違っていたでしょうし
中小メーカーがひしめいていたのかもしれませんね。

五色、確かに他の色が気になりますね。
さすがに、色のバリエーションなしにこの名前はつけないでしょうし(笑)
  • 尚 nao.
  • 2010.05.05 Wednesday 00:13
あかずきんさん。

エンボスの書体はみなさん、注目されてますね!
昔のモノとしてはちょっと斬新な感じですよね。
形としては補充用インキ瓶で間違いないと思います。
背が高い壜では、ペン先にインクを浸すのは難しいでしょう。

ピンクや黄色のインクは当時もあったのでしょうかね?
青や紺のバリエーションはいろいろあったかも?
Shigeさんのコメントでもありますけど丸善の復刻インキがセピア色。
そんな少し茶系のインキもあったかもしれませんね(笑)

あかずきんさんも意外とポロッと見つけてらっしゃるので
きっとまた素敵な壜と出会えるでしょう☆
  • 尚 nao.
  • 2010.05.05 Wednesday 00:18
コメントする








 
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM