hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
山羊さん鶏さんの贈り物
    

昨年のクリスマス・イブに海から貰った贈り物の2つ目はうみうさ〜☆ 上の写真右はテンロクケボリかホソテンロクケボリのバリエーション(Var.)と思われる。背面の周囲に縁取りが無いように見えるけど、多分ホソテンじゃないかと思う。ただ、これについては資料がなさ過ぎてよくわからないのだ。参考にしているサイトの写真を見る限り、ホソテンの方が色彩のVar.が豊富みたい…というだけ(笑)詳しい方がいましたら、ぜひ教えてください。さて写真の左の方はアヤメケボリ。前に紹介したものより少し色彩の違うタイプだ。表面が擦れているけど、元の色彩もさほど違わないだろう。今まで得ているのはみな前の赤みの強いタイプで、この色は初めて。でも、これの方がアヤメの花の色だよね。下の写真はそれぞれの殻口側。大きさはホソテンが10ミリ、アヤメが11ミリ。ちなみにタイトルはアヤメケボリの宿主が刺胞動物のヤギ類(正しくは海楊)、ホソテンロクケボリの宿主がウミトサカ類(海鶏冠)だから(笑) この冬シーズンは実はこれが初うみうさだったので、喜びもひとしお!


    

まだ続くよ!(笑)
コメント
from: Shige   2010/01/28 10:09 AM
まだまだ続くのですか・・・・私のフィールドではまず出てこない・・・これまでに見たことのないモノばかりですね〜
from: YUKI   2010/01/28 12:14 PM
なるほど!ヤギさんとトリさんからね♪
いつ見てもウミウサはかわいいね(^^)
(最近真剣に探してないのだけど・・・汗)

アヤメケボリ、菖蒲より藤色っぽくて、いい具合にエージングしてますね☆

まだ続くんですって??
う〜、楽しみっ(^^)
from: かおちん   2010/01/28 7:39 PM
色濃っ!!
新しい個体なのですね、いいなぁ。
ムラクモ??いや、テンロクなのでしょうね。
この手の専門書、欲しいです(^^;)

ま、まだ続く?
笑うしかない(汗)
from: 尚 nao.   2010/01/28 8:31 PM
Shigeさん。

それを言ったら、Shigeさんのフィールドで出るものは
こっちで出ないものが多いですから〜!(特に日本海側 笑)

Shigeさんの太平洋側のフィールドは砂浜が多いですからね。
宿主となるヤギやトサカ類が岩礁生なので、
この手を拾うのは磯のポケットビーチでしょう。
from: 尚 nao.   2010/01/28 8:36 PM
YUKIさん。

ウミウサギは可愛いっすよね☆
でも、これを拾い砂地から見つけ出すのは大変でしょう?
なかなか真剣に集中するのが難しいかも。
僕の場合は探す範囲がごく狭いので楽なんですが…(笑)

アヤメケボリはほんと素敵な藤色でビックリです。
ネットとかで見ると、他にもカラーバリエーションがあるようです。
宿主などで微妙に変わるんでしょうね。
from: 尚 nao.   2010/01/28 8:42 PM
かおちんさん。

僕の場合は漁労屑からのこぼれものなので
かなり新鮮なもの(中身入りとか)が拾えます。
でも、いつもあるわけじゃないし、年に数個レベルですね。

これはテンロクかホソテンだと思います。
異様に色が濃いですが、よく見ると点が6個あります(笑)
ムラクモコダマウサギは2個ほど拾っていますが
貝殻の形も少し感じが違いますよ。
そちらも、追々アップしていきますね!
from: ミサリン   2010/01/29 12:50 AM
アヤメの色が綺麗♪
アヤメダカラと同じようなパープル♪
綺麗だわ〜〜〜!!!
こんなネタがたくさんあるですって????????????
すっごいわ〜〜〜〜!!
楽しみにしておりまする(^ー^)
from: 尚 nao.   2010/01/29 9:54 AM
ミサリンさん。

前の赤いアヤメケボリを見たときに、なんでこれがアヤメ?
と思ったのですが、こっち系の色のを見て名づけたんでしょうね。
アヤメは赤紫ではなく青紫色ですからね。
少し擦れてますが、色が綺麗に残っていてくれました☆

ミサリンさんも海に行かなくちゃ!
from: 渚の探偵:助手   2010/01/30 9:24 PM
ウミウサギ科は、なかなか見かけることがないですね〜
私が唯一持っているウミウサギ科の貝は、ツグチガイくらい。
暖かくなったら、頑張って探してみようかな・・・
from: 尚 nao.   2010/01/30 10:32 PM
渚の探偵:助手さん。

ウミウサギ類のほとんどは刺胞生物のヤギ類やウミトサカ類に寄生しています。
それらの宿主は少し水深が深い岩礁域に生えているので
なかなか打ち上がりにくいようです。

でも場所によってはテンロクケボリやツグチガイがいくつも拾えるようなので
そういう場所を見つけられるかがポイントなんでしょうね。
ちなみに、僕はツグチガイには縁がないのです…。
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.