hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
細点六の色変
    

細点六の色変=ホソテンロクのカラバリ、つまりホソテンロクケボリのカラーバリエーションです(笑) カテゴリー【貝殻・うみうさ】のトップバッターとして紹介したホソテンロクケボリだけど、あのピンク色の色彩以外にもさまざまな色彩変異があるらしい。色彩変異の原因は宿主(刺胞動物のウミトサカ類)の違い、宿主の色の違いに関係があるのかもしれない。その中で僕も2個、カラバリを拾っているので紹介しよう。上は全体に黄褐色みのあるタイプ(殻径8ミリ)で、下は濃い目の紫色がかったタイプ(同9ミリ)。大きさの差は1ミリだけど、ボリューム感ははっきり違う。最初はこれはなんだ?と思ったけれど、どちらも背面側(体層と口唇部の境?)に縁取りがあるのでホソテンロクケボリで間違いないだろう。縁取りがはっきりしているからいいけれど、ここまで色の印象が違うと素人は苦労しちゃうよ。でも、こういったカラバリが集まるのも、この貝の魅力の1つなのかもね☆


    
コメント
from: YUKI   2009/11/11 2:33 PM
かわいいですね〜(^^)うみうさ系は♪

ホソテンロクにオレンジ色もあるなんてビックリ☆
食べ物の違いでしょうか?

それにしても驚いたのは1年経過のケボリ!
1年でここまで褪色する〜!?
まるで別物!

ははぁ〜ん、さては整形・・・(爆)

私が拾ってやつは、そもそも擦れちゃってたから
こんな激しい変化は無いです。
from: Shige   2009/11/11 3:49 PM
おお〜!!!
こんな黄色組もあるのですか!
こっちでは黄色いベニハマグリも出ていますが、面白いですね。
from: トバザクラ   2009/11/11 8:56 PM
カラバリ(笑)いいですね!
しかもこんな淡くそして南国系のような色味☆
やっぱり巻き貝系は可愛いです☆
それにしてもツルピカちゃん、
先日行った沖縄でも2個くらいしか見つけられませんでした(泣)
う〜〜んこんな小さくて可愛い色のツルピカちゃん☆
たくさん集めてニヤニヤしたいです☆
それにしても、1年でこんなに色が褪せるのは、
もともとの状態にも何か影響があるのでしょうか?
すごいです@@
from: 尚 nao.   2009/11/12 12:15 AM
YUKIさん。

最初に見つけたのがピンク色のだし
こんな黄色のとかは全然イメージなくて別種かと思いました〜。
宿主を食べて色素を取り込んでいるんだと思います。

それと記事の書き方が拙くて勘違いされたかもしれませんが
下の紫色のもカラーバリエーションなんですよ。
褪せたのではなく、元からこの色なんです。
ピンクに黄色に紫、これみんな一緒だなんてねぇ?

色褪せたピンクのは改めてネタにしようかと思いますけど
全体に白っぽく色が抜けてます。
もうあと1年もしたら打ち上げと変わらなくなるんじゃ…
from: 尚 nao.   2009/11/12 12:18 AM
Shigeさん。

黄色組に紫組です。
でも、紫は系統としてはピンクに近い気もしますが
黄色というか黄褐色はかなり違いますよね。

黄色いベニハマグリというのも、またおもしろいですね?
ウミウサギの場合、宿主から色素を取り込むのでしょうけど
カラーバリエーションが多いのは宿主選びに多様性があるのかな?
ベニハマグリの場合はなんでしょう?
元もと持っている色素が遺伝的に抜けている?
不思議がいっぱいですね(笑)
from: 尚 nao.   2009/11/12 12:23 AM
トバザクラさん。

可愛いでしょう?
ウミウサギの魅力はやはりこの色彩ですね☆
(トバザクラさんも勘違いされてますが、今回の2個ともカラバリです)
カラバリがあるということは、同じ種類で何度も楽しめる?
ホソテンロクケボリは、ちょっとお得な種類かもしれません(笑)

沖縄で貝拾い、いいですよね!
僕はもう何年もしてません(泣)
ツルピカは滅多に拾えませんけど、それでもどれも思い出いっぱい。
見ているだけでニヤニヤしちゃいます☆
from: トバザクラ   2009/11/12 8:14 AM
いろいろありがとうございました☆

「カラバリ」2種!
やっぱりすごいです!

それから、
こちらがちゃんと理解できておらず、
大変失礼いたしましたm(_ _)m

from: 尚 nao.   2009/11/12 9:44 AM
トバザクラさん。

こちらこそ、ご丁寧にありがとうございます☆

記事の書き方が悪かったので、お気になさらずに。
最後の文章は確かに誤解を招くので削除しました。
色の褪せたウミウサは、またネタとしてお見せしますね(笑)
from: かおちん   2009/11/12 5:59 PM
かわいいですねぇ♪

ウミウサ大好きです!

打ち上げで拾えるのは、白っぽくなってしまってるのが ほとんどなので、こんなにキレイに色が残っているのを見つけたら、ニヤニヤしてる怪しい人になってしまいます(笑)
from: hana-ikada   2009/11/12 8:42 PM
う〜ん、私も打ち上げ専門なので
こんなにきれいにしっかり色が出ていると
「何だろう?」と頭を抱えそうです。
でもとにかく見つかったら嬉しいでしょうねえ。
from: 尚 nao.   2009/11/13 12:02 AM
かおちんさん。

ウミウサは綺麗だし、可愛いし、とてもいいですね!
こちらでは打ち上げで拾うのはかなり難しいので
偶然、こうやって拾える場所を知ることができたのは幸運でした。
といっても、ここ最近はまったく拾っていませんけどね。
これも昨冬シーズンのものです。

眺めてはニヤニヤしたいのですが
最近はみな色が褪せてきているのでニヤニヤできません(泣)
from: 尚 nao.   2009/11/13 12:06 AM
hana-ikadaさん。

僕が参考にしているコレクターさんのHPでも
ホソテンロクケボリはいくつもバリエーションが載ってます。
それを見るともうわけわからないですね。
ただでさえ、テンロクケボリと似ているというのに。

漁労屑といっても、僕の場合
ウミウサと同じくらいの粒の砂利の中から探すことが多いのですが
それはもう宝石の原石を見つけだしたような気分ですね(笑)
まぁ、その気持ちは打ち上げでも同じだと思いますが。
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.