<< 背高ブンブク | main | 子供ジュース壜その2 >>
2009.04.29 Wednesday

ギョロ目の…

   
先日、仕事が一段落ついた機会に、南房へ出かけてきた。成果は…というと、正直あまり芳しくなかったのだけど、その中で「おっ!」と思ったのがこれ。以前良いものが拾えた海岸で、少し掘ったら何か出てくるんじゃん?と思い、砂の表面を軽く掘っていたら出てきたものだ。これって泥面子だよね? 大きさ縦幅2センチのタマゴ形。ギョロ目で一文字に結んだ大きな口の顔になっている。達磨のようでもあり、仏像か妖怪の顔のようでもある。僕は泥面子の実物って初めて見るもの。僕の住んでいる地域では聞いたことがないし、存在を知ったのもわりと最近だ。千葉県では船橋市から千葉市付近でたくさん出土するらしく、お友達のmimi_daikonさんのサイトでもいろいろ紹介されている。でも拾ったのは南房なので、まさか?と思った。そのため、実はこれを見つける直前に、碁石形の泥面子らしきものを見つけていたのだけど、ポイしてしまったんだよね〜! 慌てて探したけど見つからず…(泣) 疑わしきはキープ!が鉄則だということを、改めて認識させられたのだ(笑)





海の生き物たちも活発!……海山日和
コメント
確かにそれっぽい!
裏はどうなってますか?
泥面子は、人や神様や鬼みたいなものが多数あるようですから
可能性は充分にありますよ!
実は以前私も泥メンコらしいものを海でも拾ったのですが、
その時海で拾ったものは、畑から出土しているものより少し大きめだったのです。
もしかしたら泥面子じゃないかも?…と思いつつ
参考資料!とか言って持ち帰りました。笑
南房総は畑と隣接している海岸もあるので ひょっとしたら
道路整備がなされる前に、雨などで流出してる事も?
でも畑を見ても泥面子らしいものは見当たらない…
江戸ゴミがさらにゴミとして海岸に捨てられたのかな(^^;)

ところで久々の南房総、いかがでしたか?(^-^)
最近は暖かくなってきたせいもあるのか?人の出も増え
どの浜も渋くなってきましたね(^^;)
千葉の浜の神奈川化もそう遠くないのかもしれませんね。笑
  • YUKI
  • 2009.04.29 Wednesday 23:00
きっと素焼きなので、表面のエージングも早いのでしょうね。

この手のもの、こっちでは見かけません。
  • Shige
  • 2009.04.29 Wednesday 23:22
YUKIさん。

でしょう、でしょう?
mimiさんのところや、ネットで他の写真を見る限りはそれっぽいです。

これ、裏は普通に平らですよ。
YUKIさんもそれらしいのを拾われてるんですね。
大きさもいろいろあっても不思議じゃないです。
畑に撒かれたものが流出したか、単純にゴミとして捨てられたか。
でも今まで出かけて今回初ですから少ないのだと思います。
泥面子には地域的な偏りもけっこうあるようですから
南房ではそれほど盛んじゃなかったのかもしれませんね。

南房総、天気もよくて海岸の花が綺麗で(海山日和に載せたのがそうです 笑)
成果は少なかったですけど楽しめましたよ。
千葉もビーチコーマーが増えたみたいですからね。
それでも神奈川よりはまだずっと可能性を感じますよ(笑)
  • 尚 nao.
  • 2009.04.30 Thursday 00:01
Shigeさん。

仰るとおり、ちょっと表面は摩耗している感じです。
畑の土ではなく、海岸の粗い砂の中だったので
その影響もあるかと思います。

名古屋方面では見かけませんか?
僕も神奈川ではまったく見たことも聞いたこともないのです。
mimi_daikonさんの記事を見て羨ましかったのですが
今回初めて拾えたので嬉しかったですね!
  • 尚 nao.
  • 2009.04.30 Thursday 00:06
これは気をつけないと見逃してしまうかも。摩滅した素焼きのカタマリと思い込まないよう私も注意して探さなくちゃと思いました。泥メンコって、さりげなく身近な場所に転がっているかも・・・そんな妄想あるいは願望をかきたててくれる拾いモノですね。
  • 陶片狂
  • 2009.04.30 Thursday 00:50
陶片狂さん。

いや、ホントです。
これ、たまたま顔に見えたから良かったですけど
もう少し摩耗していたら気がついていたかどうか。
小さいですし、まして出ることすら予想外でしたから。
事実、碁石形のはポイしちゃいましたからね〜(笑)
確かに碁石形も素焼きっぽいなとは思ったんですけど
海岸って素焼きの欠片も多いし、軽石ぽいのもあるし…。

でも、あると思って見ればまた違ってきますから
楽しみが1つ増えた感じがします(笑)
  • 尚 nao.
  • 2009.04.30 Thursday 01:28
おお、海から泥面子!よくぞ残ってくれていたものですね〜。見つけた尚さんもスゴイです、まさかあるとは思わないところで見つけるのは難しいですもの。肥料として撒かれたのか、ただ捨てられたのかは不明ですが、江戸ゴミは太平洋側の夷隅郡にも及んでいたと書かれた資料もあるので、南房もアリかも知れませんよね。あと「カラカラせんべい」というお菓子の中に泥面子が入っていたそうで、見つかる数が少なければそちらのルートも想像してもよいのかも・・・。あ〜、南房で泥面子。ほんと、これからのお楽しみが一つ増えましたわ!
  • mimi_daikon
  • 2009.04.30 Thursday 17:45
海から面子とは^^
夢が広がりますね〜
何が書いているのか判る物に出会うって凄いです♪
  • あかずきん
  • 2009.04.30 Thursday 21:02
mimi_daikonさん。

いやぁ、びっくりしました〜!
これ、きっと裏側が見えてたら気がつかないと思います。
見つけた状況はうろ覚えですが、
パッと見て「顔」と思ったから手に取ったんでしょう。
ホント偶然の発見ですね〜。

江戸ゴミはそんなに各地に運ばれていたんですね。
なんか今の都市のゴミが田舎に運ばれ処理されるのと似てる…。
時代が変わっても、やってることは変わってないのかな?(笑)
それに「カラカラせんべい」というのもあったのですか?
そういうおまけ付き商品なら広く流通しそうですね。

南房…奥が深いです(笑)
  • 尚 nao.
  • 2009.04.30 Thursday 21:24
あかずきんさん。

海岸には昔からいろんなものが捨てられていたんですね。
江戸陶片が出るんだから、泥面子が出ても不思議じゃないのかも。

現代では博多の泥面子が有名ですよね。
あれも江戸時代からのものですから、そちらでも出るのでは?
mimiさんのやネットの写真で見るだけでも
さまざまなデザインのものがあるので、なんか楽しいですね!
  • 尚 nao.
  • 2009.04.30 Thursday 21:28
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM