<< うちのヂオクレア | main | 藻玉邂逅 >>
2008.12.12 Friday

サイドカーの子供茶碗

    

秋に千葉の海岸巡りに出掛けた時のこと。ハズレだった海岸から車を止めた場所まで戻る途中、ふと道の脇の畑を見ると畑の端っこにこの半欠けの茶碗が落ちていた。パッと目に飛び込んできた色彩で、子供茶碗!と認識。手に取ってみると、いかにも戦時色の漂う絵柄。日の丸が描かれ、機関銃の装備されたサイドカーに乗る兵士。そして横には赤トンボと思われる2機の複葉機もある。戦時色が漂う子供茶碗は以前にも拾っているけれど、今回のように絵柄がはっきりしているのは初めて。当時の世相を反映した“いかにも”な絵柄だけど、サイドカーの後ろには排気か砂埃が描かれていて、ちょっとマンガ的で微笑ましい感じもする。高台は3分の1ほど欠けているが、見る限り統制番号のようなものはないようだ。となると昭和16年以前に焼かれたものかもしれない。


    
コメント
うわ〜〜!
これまたはっきりとした絵柄!
以前紹介されていたものは、
大分柄も薄れていたけれど、
これは本当に完品に近い感じですね!!

でもここで見ると、
ちょっと昔は
人物が描かれている茶碗って
一般的だったのですかね?
なんだかストーリー仕立てで面白いですね。
何個か集めたら自分でお話を作れたりして。。

何気に顔にも表情もあっていいです☆

赤とオレンジのムラのような色合いは
故意的なのか、最初に塗ったものが出てきているのか、このビミョウな色合いも見逃せないです!

しかし、こんなのが出てくるなんて
本当に驚きです〜!


  • トバザクラ
  • 2008.12.13 Saturday 09:32
トバザクラさん。

これは子供向けの茶碗ですから、
人物というよりも、その当時に人気のあるものを描いた…
ということではないでしょうか。
今なら人気アニメの主人公とかキティちゃんとか
そんなのと同じなんでしょう。
もちろん、時代的に考えるとお上の目を意識したかもしれません。

色のムラは多分、経年によるものでしょうけれど
古びの味わいというんでしょうか
そういう雰囲気がありますね〜(笑)
  • 尚 nao.
  • 2008.12.13 Saturday 14:05
これまた陶片狂さんが大喜びしそうなネタですね。

尚さん、サイドカー乗られたことありますか?
わたしバイク乗りなので、ふだんは乗りませんが一度だけ・・・それも100キロ近くの距離を乗せてもらったことがあります。

サイドカーって、重心が低く、この絵のように乗ると頭がライダーと同じにはなりません。ライダーの腰あたりが頭でした。そのため地面が近く、恐ろしいほどの迫力・・・ううう怖っ!それにサスペンションが良くないのに乗ったので、腰が諤々二なりました。もう、のりたくありませ〜ん。
  • Shige
  • 2008.12.13 Saturday 18:22
美濃焼の子供茶碗ですね。最近はぱったり見なくなりました。
反対側は国旗と軍旗の組み合わせかも。オレンジは経年によりかすんでくるものが多いです。もともとの材質がよくないんでしょう。
  • りちょうけん
  • 2008.12.13 Saturday 19:30
畑とはいえ、よくまあ、こんなに保存状態の良いものが出たものですね。上絵付けの状態の良さに驚くばかりです。陽に透かして、跡がはっきり見えたらラッキー!ってくらいのものですのに。最近、鞆の陶片を整理していて、指の先ほどの破片が子供茶碗、それもどうやら桃太郎らしいことが判って大喜びしたところですが、ああ・・・
  • 陶片狂
  • 2008.12.13 Saturday 21:59
Shigeさん。

なかなかの一品でしょう?(笑)

いやぁ、僕はバイクにはまったく縁がないのです。
サイドカーは、近くに住んでいる人なのか、よく見かけますよ。
車の方に乗る人も曲がるときに重心を傾けたりするそうですよね?
バイクを運転するのも、車の方に乗るのも大変そう!
地面が近いというのも確かに恐いですね〜〜!
乗るような機会があっても遠慮しときます(笑)
  • 尚 nao.
  • 2008.12.13 Saturday 23:18
りちょうけんさん。

ネタ振りしておきながら、お待たせしました(笑)
美濃焼ですか〜。
確かに、この絵柄なら必ず国旗や軍旗は描かれそうですね。
完品を見てみたいものです。

オレンジ色…材質が悪くても、これだけ残っていてくれれば。
物置や倉庫ではなく、土の中にあったのでしょうからね。
鮮やかさを失っていないのが嬉しいです☆
  • 尚 nao.
  • 2008.12.13 Saturday 23:22
陶片狂さん。

すごいでしょう?
自分でも目を疑いましたよ〜。
この時代の子供茶碗は2個目(湯飲みを入れて3個目)ですが
前のものはほとんど上絵付けが剥がれていましたから
まさか、こんなものが出るとは思いませんでした。

でも、遠目にパッと見て子供茶碗とわかったのは、
りちょうけんさんのブログのおかげでしょうね(笑)

そのうち、もう半分も出てこないかしら…。
  • 尚 nao.
  • 2008.12.13 Saturday 23:26
今見ると、ほほえましい絵図が鮮やかに残っていますね。
印刷のラインに手描きで色を差したのでしょうか。
基本的に無知ですが、そんな印象を持ちました。
畑の隅からこんな絵柄が見えたら楽しくて仕方ないでしょうね♪
  • hana-ikada
  • 2008.12.14 Sunday 10:43
hana-ikadaさん。

当時はかなりリアルな題材だったのでしょうけどね。
この茶碗を使いながら、将来は立派な軍人さんになるんだ…
と思っていた少年も、今なら60歳代くらいでしょうか。

絵付けはどうしていたんでしょうね。
色の剥がれたものを見ても、うっすら絵柄がわかりますから
何かしらの方法で下絵をつけて、それに色をつけたのでしょうね。
  • 尚 nao.
  • 2008.12.14 Sunday 19:16
多分あと半分は同じ畑の土の中でしょうね。
  • りちょうけん
  • 2008.12.15 Monday 15:13
りちょうけんさん。

そうですね〜(笑)
ほかに特に陶片もなく、これだけポロッと落ちていたのですが
耕したら畑から出てきて放置された…という感じでしょうか。
  • 尚 nao.
  • 2008.12.15 Monday 19:42
こういうの、わりと好きなんです♪
でも…使い道があまりなくって^^; 少ししか持っていません。
ご飯を食べるのは1コあればいいし…
でも、見つけるとついつい買ってしまいます。
あっ、もちろん未発掘です。
割れちゃったから捨てるんだろうから…
なかなか完品はないんでしょうね〜
  • びっき
  • 2008.12.15 Monday 19:56
びっきさん。

古い子供茶碗って、なんかいいですよね〜。
陶器に関しては完品は難しいでしょう。
捨てる前には完品でも、捨てる際に放り投げればアウトだし…。
ここまではっきり絵柄がわかる状態、大きさで見つかるのは
けっこう貴重なことなのかもしれません。
  • 尚 nao.
  • 2008.12.15 Monday 22:33
コメントする








 
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comment
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
       
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM