hiroimono

びーちこブログ・海辺で出会った拾いもの、アレコレ。。。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
 
時計はチクタク?
           

いやいや、時計は「チウチウ」なのだ(笑) 7年ぶりに出会うことができたトケイチウチウニッキ。2010年に拾ったものは、首の部分が割れたものだった。でも今回のは、口の部分に小さな欠けがあるものの、ほぼ完品。擦れも少なく、状態はとても良い。前回のものは台風の後に拾ったものだったけれど、今回のものも拾ったのは関東南部の海岸に小さくない被害をもたらした台風21号の後。今回の台風21号は海岸を歩けば歩くほど、あちこちで被害が目につくのだけど、その一方で台風でも来て海岸が洗われないと、硝子壜などを拾うのが難しくなっているのも正直なところ。被害は少なく成果は大きく…が望むところなんだけどね。ところで、このトケイチウチウニッキ、ネットで検索しても未だに、自分の前記事とかの有名なディギング団さんのほかには、1件ヒットするだけというレアもの。マイナーな小さな会社のもので、販売量も少ないとか、販売期間も短かったとか、そんなものだったんだろうね。2枚目は同じ日に拾ったウイスキー型ニッキと一緒にパチリ。


             
Mは丸善のM
        

ヤバいヤバい…月半ばを過ぎて一度も更新してなかった。本当ならちょうど今頃、銚子方面にでも遠征するつもりだったのだけど、天気は悪くて梅雨より雨降るし、選挙とか言ってるしで、無期延期。当然ネタの仕入れもできず…。これは痛い。なので、とりあえずストックネタから、久しぶりの硝子壜。硝子ものの中でも、特に気にして拾っているのがインキ壜。あまり多彩なブランドは拾えていないのだけど、やっぱりインキ壜と言えば元祖であり老舗でもある丸善インキ。中でも、自分はこの古いタイプがお気に入りだ。磨りガラスっぽい半透明のタイプと、透明なタイプがある。


          

硝子壜の中でも、インキ壜は特に壜底にも注目してほしい。通常、ビンの胴体部分には紙製のラベルがまかれていて、エンボス文字がないものが多い。骨董店や骨董市で見つける場合はそのラベルが楽しめるけれど、海岸やハケで拾うならそれは無理。ただ、インキ壜は壜底にしっかりブランドの印が刻まれているものが多いので、そこを楽しむという訳だ。写真上の丸善インキ壜の場合は、頭文字の「M」と、登録商標を意味すると思われる「登録」のエンボスがある。


              
              

でも、同じ丸善インキでも、時代や種類によって壜底エンボスが少しずつ違っている。「M」と「登録」の組み合わせのもの以外に、「M」を円で囲むものやそこに凸凹のエンボスをつけたものもある。「M」の字も、少しずつ違っているのがおもしろい。昔、特に戦前は万年筆インキを作るメーカーがとても多かった。その中でも大手の丸善インキは流通量も多く、海岸やハケで出てくる確率も高い。だからこそ、こんな些細な違いを見つけて楽しむこともできるんだよね。
(ストックネタなので、写真サイズが最近のより小さくてごめんなさい)



三度目の正直 ≒ 二度あることは三度ある
       

せっかく出かけたのに予定が急になくなり、ポッカリ時間が空いてしまったので、とある海岸へ。潮位を調べていないし、月齢から考えれば満ち満ちのはず。でも、とりあえず行ってみた。確かに潮は全然引いていなかったけど、結果はこの通り。


         
         

さて、これはやっと拾えたカニ化石…だよね? 潮位が高くてほとんど何も拾えそうもなかったので、過去2回では歩いていない場所へ行ってみたら、あった。上の写真は、カニの体半分かな。はっきり見えている歩脚は、中身が抜けた“溝”状態。体の方は摩耗してよくわからないけど、何となくイメージはできる。下の写真(最初の写真の左、細長い石のアップ)は歩脚かハサミ脚か…。いや〜過去2回来て、まったく見つからなかったカニ化石だけど、三度目の正直でやっと拾うことができたよ。でも、ちょっとショボイし、2つだけというのはやっぱり寂しいなぁ。



         

と言う訳で、また海岸をしつこくウロウロ。そうしたら波打ち際の漣の中に円いものが…。波が引いた一瞬、手を伸ばして確保! やったね、期待していたものが当たった。この海岸に3回来て、5個目のウニ化石だ。びーちこ友達に、ウニ化石なんて滅多に出ないよと言われていたけど、また拾っちゃった。二度あることは三度あるだね! 最近は海にもなかなか行けないし、拾いもの運もイマイチな感じだったけど、これで少し上向いてくれないかな〜、ウニ限定でも良いので(笑) それにしても、「三度目の正直」と「二度あることは三度ある」のことわざは、ほとんど反対の意味に思えるけど、それが同時に起きちゃうと、この2つはもうニアリーイコールだね!



久しぶり
       

このブログの更新もだけど、この前の火曜日、久しぶりに青い貝が漂着してくれた。とは言ってもほんの少しだけどね。今年は黒潮が大きく南へ蛇行しているし、正直なところ期待薄だったから、ほんの少しでも嬉しいのだ。と言う訳で1個目はヒメルリガイ。しかし極小!なので、これは拾わず。


              

2個目は小さめのルリガイ。海岸に出かけたのは夕方だったけど、その時の波打ち際ではなく日中の満潮線のところに1個だけ見つかった。殻高は16ミリと小さいけど、まったくの無傷だし今年では貴重品だ。写真を撮っていたら、いい感じで背景にサーファーさんが入り込んでくれた(笑)


              

3個目、最後は折り返し後の波打ち際に、ポツンとヒメルリガイ。殻高は8ミリくらいで、ヒメルリとしては中くらいかな。写真を撮っている最中にちょうど日没前の太陽が顔を出したけれど、それまではかなり薄暗くて、歩きながらだったから、我ながらよくこれに気がついたと思う。今回はわずか3個だけだったけど、またこの後に台風の影響がありそうだし、またいくつか寄ってくれるかな?



2017上半期のタカラガイ
       
       

こちらも更新が滞っていてスミマセン。こんなタイトルをつけてみたものの、内容はそれほど大したものでもなかったり…(苦笑) 最初は3月に拾ったハツユキダカラ。この貝はわりとツルピカを拾える機会が多い。でも、これはツルツルピカピカで、おそらく今まで拾った中で一番状態が良いはず。だって中身の残ったFDだったからね。色みも今まで拾った中では濃いめで、殻の両端に少し赤みが差している。ただし、殻全体の色は多少薄れてくるはずだ。


              
         

2番目は4月に拾ったウキダカラ。実は自身、地元・神奈川で拾った初めてのウキダカラだ。場所は鎌倉の材木座海岸。色みが濃くて、ちょっと焦げたような感じ。ウキダカラは葉山しおさい博物館の「三浦半島のタカラガイ2」にもしっかり載っているし、三浦半島で実際に拾っている人がいるのも知っていたが、けっこうレアだと思う。これはちょっと嬉しかったな。


              

最後は6月のこの日に拾ったホシキヌタ。ウミウシなどを探すのに、磯の岩陰などを探っていたら、なんと4個も見つけてしまったのだ。ただし、最後に見つけた1個はガスガスだったので、持ち帰らず海に還した。写真手前ので殻長がちょうど5センチ、ほかは気持ち小さめだが、よくも同じくらいのサイズが揃ったと思う。そう言えば冬の磯で見たホシキヌタも、同じくらいのサイズだったな。時期が時期だけにFDではなく、擦れ傷があったり、少し艶が落ちていたりはしているけれど、目的外のラッキーなお土産になった。さて、最近はすっかりものを拾わなくなっているので、ネタ切れ気味が解消できず、このブログも更新がままならないのだけど、細々とでも続けていきますよ!(笑)



葉山の貝
       

と言っても貝化石。神奈川の海岸で化石が拾えるのは、ここくらいかな。揚がる数はかなり少なめで、ほとんどが貝類。でも、過去にクジラの骨やカシパン類を拾ったこともあり、メガロドンの歯やカニ化石を拾った人もいるようだ。時代的には新生代の新第三紀から第四紀にかけてのものが混じっているのかな。このあたりの地質をしっかり調べたことがないので、よくはわからないけれど。写真の化石を拾ったのは6月の終わり。この日は小さいけれど、合弁で形の残ったものが4つも拾えて嬉しかった。貝の種類は2〜3種類あるみたい。ちゃんと調べればわかるんだろうけど、何となくそのまま机の上に転がしてある(だから、いつも机の上が片付かない 笑)


        



いまさら鎌倉青磁(17/飛んで6月)
           

通常だと5月いっぱいで打ち止めの鎌倉青磁拾い。今年は4月は沖縄に出かけた関係でほとんど海に行かず、5月も爪の先のような屑片しか見つからなかったので飛ばし、いきなり6月編。6月はもう青いもの狙いの海岸歩きなんだけど、拾えちゃった(笑)まずは月半ばに拾ったもの。オリーブ系の青磁で、縁取り二重線と篦文様がくっきり。薄手で、かなり良い品だと思う。こういう文様の付け方は同安窯系かな。


         

そして2つめは月末30日に拾ったもの。一目見たときに「これこそ砧青磁!」と思ったくらいに青かった(正確には水色ね)。よく見ると、うっすらと連弁のような文様が見える。これは龍泉窯系だよね。大きさも、これくらいのものが拾えると満足感があるんだよね〜。


         

2つの集合、白バック写真。水色っぽい青磁の方は、全体に貫入がある。でも表面はツルツルだし上質。鎌倉で拾える青磁の中でも、元のものはどちらも高級品だと思う。海中、砂中での埋没、保存状態にもよると思うけど、上質のものは欠片になっても良さが伝わってくるんだよね〜。


         

最後はおまけ。江戸時代のくらわんか碗。たぶん瀬戸地域周辺で大量生産されたもので、鎌倉の海岸で出るものは文様もほぼ同じものばかり。でも、ここ数年はこんなサイズのものを見ることがめっきり少なくなった。これは拾わなかったものだけど、記念と記録のためにパチリ。さて海水浴シーズンに入ってしまったので、今季の青磁はこれでお終い。またの再開をお楽しみに!


純〜粋な水?
            

先月末の30日、こちらのブログで報告した通り、青いのを求めて海岸へ出かけた。そこで…予想、期待と違う青いの見つけた!! これには自分でもびっくり。最近は、既存ポイントの資源枯渇、開発、護岸改修によるポイント消滅、ライバル増加など諸々の理由から、硝子壜を拾うこと…と言うよりも硝子壜に出会うことがすっかり減ってしまった。これまでは春から夏にかけての大潮周りは、潮位をチェックし、どこのポイントへ行くか狙いを定めて行動していた。でも、ここ2〜3年はそんなこともほとんどしなくなっていたのだ。それが、思いもしない時、場所で巡り会おうとは。しかもコバルトブルーだぞ?


         
         

しかし本当にさり気なく、潮が満ち始めた波打ち際近くにポツンと落ちていた。拾い上げて見てみると、しっかりとエンボスがある。「外用ピューア水」…昔、割れて首のないのを拾ったことがあった、あのピューア水だ。その欠片を拾ったのが2007年だから、実になんと10年ぶりに完品に出会うことができた訳だ。コバルトブルーの硝子壜を拾えることだけでも嬉しいのに、これにはちょっと感動したよ。きっと何十年もの長い間、砂の中に眠っていたのだろう。表面には細かい擦れ傷があるものの、割れ欠けなく状態はとても良い。大きさは高さ8センチ、壜底の長径3センチだ。


          

「ピューア水」については、ディギングをしている人がいろいろなタイプの壜を掘り出していて、このコバルトブルーのサイズ違いや、違うガラスのタイプがあることがわかっている。またnanairoー9さんが箱付き壜を購入されてブログに公開されている。製造元の「棚橋薬行」は東京市中野区にあったらしく、元々の製造者は岐阜市の棚橋恒哉という人物らしい。ピューア水については、戦前には非常に多かった、いわゆる皮膚病薬だ。それにしても名前「ピューア」の由来って何なんだろう?



所変われば海胆変わる
        

先月の半ば前に銚子を訪れた。馴染みの少ない海岸を歩くのは新鮮な気持ちになれて、とても楽しいものだ。しかも、これまでは南方系の種子狙いで秋に訪れていたので、潮の引く初夏に訪れるのは今回が初めてだった。ただ、前夜に車中に侵入したヤブ蚊のせいであまり眠れなかったため、かなりボーッとした感じでの浜歩きになった(苦笑)


              

海岸を歩いてみると、多めの海藻と一緒にけっこうな量のウニが打ち上がっている。しかも、その多くがキタムラサキウニだ。ところ変われば品変わるというけれど、これほどとは。打ち上がってから時間が経過していて、カラスに突かれて破損したものがほとんどだったが、大小取りまとめて拾ってみた。意外と脆くて、漂白中に割れてしまったものあったが、これくらい残ったよ。元の状態が状態なので、生殖板まで残した標本は無理だったけど、なんかけっこう満足した(笑)


           

キタムラサキウニは北方系のウニで、太平洋側ではだいたい相模湾が南限。とは言え、地元では過去に2度くらいしか出会っていない、レアものだ。その内の1個が左側、漁労屑由来のもの。右側は北海道の知人に送ってもらった「生」ものを標本にした。キタムラサキウニは裸殻になると大抵オリーブ色になるのだけど、こういう青紫色になるのもあるんだね。それでも、こちらで普通に見るムラサキウニよりも明るく、灰色みのない青紫色だ。


              
         

キタムラサキウニ以外では、バフンウニも拾ってきた。実はこのサイズの裸殻って、こちらの打ち上げではなかなかお目にかかれないのだ。生体なら、磯の観察で見かけるんだけど……それでも少ないけどね。それに、左側のような少し黄色みというか、淡い桃色みの出た裸殻はけっこう珍しい。こういうのの色の差というのは、何が原因なんだろうね。



過去のキタムラサキウニの記事はこちら。
過去のバフンウニの記事はこちら。ついでにエゾバフンウニの記事はこちら。


貝は貝でも…沖縄のおまけ
       

小ネタです。4月の沖縄旅行で拾った貝殻。貝は貝でもカタツムリ(笑) 地元でもあまりカタツムリは拾うことはないんですけどね(過去に割りと大きなヒダリマキマイマイを拾ったことはあり。未公開)。でも何となく拾っちゃった。右側の3つは、オキナワヤマタニシ。けっこうしっかりした殻を持っている。左上は、いわゆる一般的なカタツムリ型の種類で、これはシュリマイマイ。左下の小さいのはオキナワウスカワマイマイだろう。ブログ海山日和の沖縄旅行レポでも紹介したアフリカマイマイの貝殻も、本当中部の東海岸では至る所で見かけた。でも、さすがにあれは拾わなかった。サンプルに1個くらいあっても良かったんだけど、なんか品がないんだよね〜。と言う訳で、引っ張ってきた4月の沖縄ネタはこれでお終い。


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.